フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 大原イサキ しなり旅フィッシングレポート:トップページ私にも釣れる!アラスカのキングサーモン »

こだわり館山 しなり旅

May.16, 2009 幻の超高級魚にコダワリまくり!

釣りたての超新鮮なお魚を食せるのは”釣り人の特権!”というフレーズは良く耳にするが、今回ご紹介するのは、その”特権!”の中でも最上級の権利だ。ズバリ!”釣らなければ食べられない魚”。皆さんは”カイワリ”という魚をご存じだろうか?似た魚としては”シマアジ”が挙げられる。一般的な認知度としては”シマアジ”の方が勝るが、その食味たるや”シマアジに勝るとも劣らない”と言われ、「青物の中で一番美味い!」と評する人も多い!今回は、そんな”釣らなければ食べられない”超高級魚”カイワリ”をターゲットに、千葉南房・館山港へと向かった!

真澄丸

■5月16日(曇り・小潮)今回お世話になった船宿は、千葉南房・館山港に宿を構える「真澄丸」さん。オニカサゴ狙いの船としても有名で、この真澄丸:船長は、自他共に認める”超こだわり派!”それ故に、熱い釣り人たちからも愛され、高橋船長ファンは非常に多い。通年の代表的な釣り物としては、やはり看板でもある”オニカサゴ”なのだが、この時期だけに展開される”期間限定!とっておき!”の釣り物が「大型カイワリ」なのである。先述したこのカイワリだが、ここ真澄丸で狙うカイワリは、ナント”大型カイワリ”なのである。(カイワリは「大きければ大きいほど美味い」と言われている)本日は午後からの出船ということで、午前中のオニカサゴを終え一時帰港した真澄丸に乗り込むと、午後1時…船は再び沖へと向かった。

ここで船長直々に伺った、この時期の「カイワリ釣り」アレコレについてご紹介しよう。
■船長オススメのタックル(道具立て)は?
[竿]…「オススメの竿は、1.85mから2mくらいのアジ竿か、オモリ負荷としては60号から100号くらいの胴調子が良いですね!あまり柔らか過ぎ・先調子過ぎる竿は、オススメできません」
[リール]…「水深が100mほどで展開するので、電動が良いですね!但し、良いモノ・本命がヒットした時は、手巻きで大事にやり取りしすることをオススメしてますけどね!」
[オモリ]…「今は、80号を使用してますです」
[道糸]…「道糸は4号で200mくらい巻いてあればOKですよ」
[仕掛け]…「船宿オリジナルの専用仕掛けがありますので、皆さんそれを使って頂いてますよ
自作の場合は、ハリス3号・針はマダイ8号の2本針を参考にしてください」
[天秤]…「中型の片テンビン(2mm×55cm)を使用します」
■正しい餌の付け方は?
「コマセの中から、わりあい形の整った物を選び、尾羽を切り、尾から腹へ刺し抜いての一匹付けします。詳しい付け方は、針の軸に対して真っ直ぐになるように付ける時もあるし、針なりに曲げて付ける時もありますね」
■この時期、有効な誘い方は?
「基本的には、置き竿でも手持ちでもOK、但し、状況と自分の工夫を意識する!例えば波の状態を見る…風があって波が高い時などは、どうしても餌が煽りやすい、そこで自分は餌を動かしたいのか?抑えたいのか?また凪の時はのその逆!自分がイメージしている「誘い」を表現できるように対応してくださいね!魚が食って来ないのには、必ず原因がありますから!」
■アタリがきたら?
「アワせたり、勢い良く竿を持ち上げたりしてしまうと、もぅ殆どバレちゃいますから!
この魚とは「格闘」するのではなく、「大事に騙し騙し…」タモまで運ぶ事ですね!」
■船長オススメの食べ方は?
「カイワリってナカナカ食する機会が持てないんですけど、これはねぇ~もぅ「にぎり」が絶品なんですよ!でもどこのお店でも食べさせてくれない!もし、銀座の一流の店行って「カイワリにぎって!」って出てくるお店があったら、僕はねぇ…もぅ土下座しますよ!モチロン刺身は美味しいですよ!」

釣り

さて、この日の釣況は…
この日は、およそ50分の航程を経て館山沖のポイントへ到着…水深95mで実釣開始となった。さすがに”魚影の濃いポイント”ということもあって、開始早々から賑やかな展開となった。第一投目…オモリが着底し、船長の指示ダナへ仕掛けを送り込んだ途端に「コンっ…ゴゴゴ…」と明確な魚信!明らかに針掛りを感じたので、必要以上のアワセは入れずに巻き上げてみると、ナント40cmほどの美味そうな”赤イサキ”が一荷で上がってきた。

赤イサキ

その後も、投入する度に”良型の沖メバル”や”レンコダイ””メダイ”など嬉しいゲストがボコボコと釣れ続いた。が…、筆者に対しては肝心の本命が一向に姿を見せてくれない…。そんな中、確実に本命を上げていたのは、やはりこの”カイワリ釣り”の面白さに何度も通い、そのコツを熟知したベテラン陣であった。筆者が苦戦する中、平均サイズ40cm-50cmの良型本命を軽快に釣り上げていった。

釣果

その後、なかなか本命を手にできなかった筆者へ、船長から丁寧なアドバイス!簡単に説明すると「カイワリは、上下広い幅を泳がず、その日によっての、決まった泳層、つまり不動なタナが鍵を握っている!」「本命が釣れないタナで頑張らない!とにかく積極的に、泳層を探っていく!」であった。そして、船長のアドバイス以降は、筆者にもポツリポツリと本命が顔を見せてくた。筆者、この釣りのコツを掴んだのが遅かった為、数は伸ばせなかったが、そのスリリングで大変面白い釣り味を存分に堪能!本命以外にも嬉しいゲストが大変賑やかで、非常に満足な釣行となった。是非、再チャレンジしたい釣りものである!

釣果

ここ真澄丸さんでは、大変魅力的で厳選された釣り物意外にも特筆すべき点がある。それは、先ほど軽く触れたが”高橋船長のお人柄”だ。釣行の際には是非、高橋船長の温かく熱い語らいに触れて欲しい!この日も、なんだか良い映画を一本見終えたような…そんな感覚が残り、正に「とっておき」の釣行となりました。


-DATA-

釣果:
本命2匹(外道多数)
仕掛け:
船宿オリジナルの専用仕掛け(推奨)
えさ:
オキアミ
常設設備:
タモ網・バケツ・電動リール用電源・キャビン・トイレ
場所:
千葉県館山市八幡822-7
参考HP:
http://www.masumimaru.com/
交通:
館山道木更津南IC~約60分。R127号館山方面→金谷、保田、勝山と抜け、館山ヘ。真澄丸事務所。
費用:
・午後船 ¥9,000(餌・氷付)
・午前・午後通し(割引料金) ¥18,000(餌・氷付)
駐車場:
館山港内に駐車場アリ
トイレ:
船宿内・船内共にアリ
食事:
各自持込み
お得情報:
午前午後の通し割引あり
注意:
予約をオススメします!
※受付時間 AM5:00~PM8:00
問い合わせ先:
館山 [真澄丸]
電話:090-3433-0773

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る