フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 横須賀・佐島 しなり旅フィッシングレポート:トップページ大原イサキ しなり旅 »

葛西橋 しなり旅

May.02, 2009 さすがの名演!海の女王~♪

穏やかだった春の陽射しも、日毎に季節を動かす躍動感が感じられだした…初夏の気配。この時期と言えば、釣りをするには正に”打って付け”の季節であり、あらゆる釣り物がいつも以上に甘く釣り人たちを誘う。先日、我が家の食卓では”氷上の妖精たちによる名演”世界フィギュアの白熱に、箸を投げ出し家族は釘付け!しかしながら私の方はと言うと、寝ても覚めても”釣り頭”今まさにピークを迎えている”海の女王の名演”がグルグル頭を巡る…。そんなわけで、そこは素直に即行動!シーズンインから更に魅力的に成長した美しき魚体を求め、東京・葛西橋へと向かった。

泉水

■4月18日(晴れ・小潮)今回お世話になった船宿は、東京・葛西橋に宿を構える『泉水』さん。大船長・女将さんの”ホっとする”ようなお人柄と確かな実績に、数十年来の常連客も多い筆者オススメの船宿だ。さて、今回のターゲットは”今年の沸きは異常っ!”とまで言われている東京湾:シロギス!自身、今年に入って2回目のシロギス釣行となった。この日、出船時間である午前7時30分よりも1時間ほど前に船宿へ到着したが、すでに軒先には常連客が集い、”シロギス談議”に花を咲かせていた。そのベテラン陣による貴重な話の中で、ひときわ耳に着いたキーワードがあった、それは…”誘い”。ベテラン陣の話には「今はやっぱり誘わなきゃ…」や「誘う誘わないで釣果は大違いだよ!」などなど、とにかく”誘い”という言葉がとにかく目立っていた。どうやら、この時期のシロギス釣り…その肝は、”誘い”らしい。私も、大船長オススメのベテランさんに、今時期最も効果的だと言う誘い方を一通り教わり、準備万端の出船を迎えた。

ここで船長直々に伺った、この時期の「シロギス釣り」アレコレについてご紹介しよう。

オモリ

■船長オススメのタックル(道具立て)は?
[竿]…「長さは1.8m-2.4mくらいで、先調子のキス竿を使うのが、一番ベストだね!」
[リール]…「小さいのでOKだよ!そうだね~サイズで言えば1000番~1500番クラスかな!」
[オモリ]…「今は20号だね、特に色付きのモノでなくても良いよ!」
[道糸]…「ナイロンだったら3号までで、PEだったら0.8号~1.5号までがオススメだね!」
[仕掛け]…「基本的に市販のモノで充分ですよ!ハリス長は80cm、やっぱり2本針が良いね!」
[天秤]…「キス用の天秤を用意してもらえればOK、まぁウチでも仕掛け一式販売してるから!」

■正しい餌の付け方は?
「イソメ一匹を3~4cmに切って、針の軸に対して真っ直ぐなるように刺せば良い(通し刺し)あと、針の先は必ず出すようにね!それで垂らしは、普通2cm~2.5cmくらいだけど、喰いが渋い時はなんかは、それよりも1cm~1.5cm長くするのが良いみたいだね!」

■この時期、有効な誘い方は…
「そうだねぇ、誘い方は…上下幅20cmくらいで、ゆっくりとした誘いが良いね!今の時期はそんなに動きが良くないから、早い動きの誘いはイマイチだね~、とにかくゆっくりとした動きで誘い続けることが大事だよ!置き竿なんかしてちゃダメだよ!」

■アタリがきたら…
「食い気がたっている時なんかは、向うアワセなんだけど、それでもノらない時なんかは、手首を返すような感じで、クイっとシャープにアワセを入れれば良い、竿自体を大きくアオるようなアワセはダメだからね!小さく素早くアワセを入れる事!」

■船長オススメの食べ方は?
「そうだねぇ~、オレが好きなのは天ぷらだね!三枚に下ろして、大葉を挟んで揚げるのが、コレ香りがたって美味いんだよね~!あと、天ぷら以外だと…デカイのは塩焼きだね!とにかく釣ったシロギスは新鮮だから、糸造りにして刺身にするのもオススメだよ!」

釣り

さて、この日の釣況は…
この日、出港からおよそ40分の航程を経て実釣開始となった。やはりこの時期”鉄板ポイント”である中の瀬だけあって、開始早々から20cmを超えてくる立派なシロギスがアベレージとなって顔を見せた。

シロギス

やはり、シーズンイン時に比べ格段にサイズUPしており、中には25cmに見事タッチするような大型も満足な交じりを見せた。実釣開始より”誘い”を意識し、手持ち竿にて徹底的に攻めの釣りを展開していた為、想像していた以上のテンポで釣果が積み上がって行った。そこで、実釣も半ばにさしかかった頃、あえて実験的に”誘わず置き竿”で試したところ、やはり誘った時と比べて反応には雲泥の差があり、「これほどまでに差があるのか?!」とビックリするほどであった。というわけで、この日の釣果は…前日の雨と水温低下で「渋め…」とされた中であったが、釣り座によってのムラも見られず、船中満遍なく好釣果(頭83匹)に恵まれ、”誘い”が見事に功を奏した結果となった。

釣況

ここ泉水さんでは、「最近釣れてる?」など”近況を聞いてからの予約”がオススメとのこと!「遠慮なく電話して来てよ!やっぱり船宿と仲良くなる事も釣果に繋がるからね(笑)」と大船長もおっしゃっていた。この日の晩に堪能した”新鮮シロギスの糸造り!”皆さんにも”あの美味さっ…”是非味わっていただきたい!


-DATA-

釣果:
68匹
仕掛け:
キス天秤・市販のキス仕掛け2本針
えさ:
青イソメ
常設設備:
タモ網・バケツ・電動リール用電源・キャビン・トイレ
場所:
東京都江東区東砂5-15-11
参考HP:
http://www.turibune-kyo.com/member/sensui/yado.html
交通:
■送迎
電話連絡で東西線・南砂町駅か都営新宿線・東大島駅まで迎えに出る。
最終7:00発 出船時間 7:30-8:00
■総武線・亀戸駅からバスで東砂五丁目下車
費用:
各釣り物ごとに料金は異なる
■シロギス船 ¥8,500-・エサ・氷付き(リレー割引有)
駐車場:
船宿隣接の専用駐車場アリ
トイレ:
船宿内・船内共にアリ
食事:
各自持込み
お得情報:
※女性20%割引/中学生以下50%割引
注意:
前日予約をオススメします!
問い合わせ先:
葛西橋 [泉水]
電話:03-3644-9274

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る