フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 小さな湖の可愛い仲間たちフィッシングレポート:トップページ清水みなとに巨大「海釣り公園」誕生!! »

南畑堤ヘラブナ釣り

Oct.12, 2003 渓流禁漁中は・・

9月一杯で渓流が禁漁となった。岩手県に住んでいる事が一番の理由だが今年もいい釣りをさせてもらった。なおさら、10月に入ると淋しい気持ちで一杯だ。「ようし、池に氷が張るまではヘラブナ釣りだ。」そう思い、ヘラブナ釣り用の仕掛けをチェックし始めた。玄人好みのタックルではないが、一応総て揃っている。安物だがヘラ浮きも4本ある。今度の日曜日は晴れるだろうか?気が早いが、週末の天気をインターネットのサイトでチェックする。最近の天気予報は当てにならない。特に2003年、今年は大外ればっかしだ。別のサイトの天気図をモニターしながら、自ら予報士になってみる。「よし、崩れてくるのは来週の月曜日からだ。」そう結論付けると、あと不足している餌の悩みだけだ。芋グルテンとバラケマッハの組み合わせが最高なのでは・・・。これも簡単に結論を出し、いよいよ週末に備える。

日曜日、予定通りやることは何も無い。予定通り良い天気。いざ出陣。午前10:00に昼食を準備して家を出る。あそこまでは高速道路の盛岡インターで降り、46号線を秋田方面に走る。15分ほど走ると繋温泉入口の看板が見えて来る。ここを左折して繋温泉街へと進み、御所湖というダム沿いにハンドルを切って行く。途中、入口の矢櫃ダムという看板をまた、左折する。道路沿い右手に大きな池が目に付く。それが外枡沢地区にある通称、南畑堤である。盛岡インターから、およそ30分で行ける。

南畑堤ヘラブナ釣り:イメージ1

現地到着10:40。トランクからヘラ台、竿、仕掛け一式、餌、餌を練るボール、昼食、タバコ、携帯灰皿を取り出し、総てをコンパクトにまとめそれを両手に持ち、釣り場へ向かう。ヘラ台の設置、釣竿に仕掛けを付け、餌を練る。第一投、ここからはいつもの通りあまり記憶が無い。当たりは出るのだが、合わせられない。へら達も寄ってきているのだろうが、最初の一匹がなかなかお目にかかれない。本日初の一匹目は、なんと午後2:00過ぎ。おおよそ3時間ぶりにその綺麗なヘラブナの魚体を見て感動の一安心。無性に安堵し腹が減ってきた。午後2:00、昼食の支度にかかる。支度といってもデイバッグの中から、おにぎりとポットを取り出しポットの蓋にお茶を注ぐだけ。それでも楽しみ一杯である。30分間の楽しみを終え第2ラウンドへと突入する。それからは又、釣れない時間を夢中で過ごす。ノントラブルだが、「ハリスが少しふといのかな?」「餌が合わないのかな?」「棚が浅すぎるのか?」「合わせが遅いのか?」等と色々、考えてしまう。実は、これが楽しいのである。ヘラブナ釣りにも、研究に研究を重ねて得た理論がある。しかし、これを解読して実践した所で、釣果にはつながるだろうが私の釣りの楽しみにはつながらないだろう。引き際が判らないまま、辺りが薄暗くなってきたので帰り支度をする。本日の釣果、ヘラブナ1匹。

南畑堤ヘラブナ釣り:イメージ2

ヘラブナ釣りは、傍で見るより結構忙しい。一見、移動もせずのんびとしているようだが、タバコに一服つけるのも、コーヒーを用意するのも、ままならない。むしろ、フライフィッシングなどで渓流釣りをしているほうが余裕である。なぜなら1時間も2時間も連続して同じ場所に釣り針を振り込めないからである。渓流釣りは、移動を伴う。そこで集中力が途切れて、気持ちの切り替えや心に余裕が持てる。それでも、ヘラ浮きに集中した後のけだるい満足感が、明日への活力となる。

ここには、トイレ・休憩所・食堂などは有りませんので道中、コンビニ等で軽食を用意し現地ではヘラブナ釣りだけに専念する事を奨めます。また11月に入ると、見晴らしが良い分奥羽山系から吹き降ろす風が冷たくなり、防寒には十分過ぎるほど準備が必要になります。次回は10匹を目標に・・・。

-DATA-

場所:
岩手県岩手郡雫石町
交通:
東北自動車道 盛岡インターより秋田方面へ15kmおよそ20分
駐車場:
池の裏に駐車スペース有り(10台程度)。
トイレ:
ありません。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る