フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年08月フィッシングレポート:トップページ2002年10月 »

南伊豆 大瀬港堤防釣行記

Sep.25, 2002 サビキでメジナ?

今回より釣行レポートを寄稿させて頂くことになった鯛損といいます。気軽に読んで貰えると嬉しいです。初回は南伊豆の大瀬から発信します。磯釣りファンならきっと周知の場所でしょう。大小さまざまな岩礁が点在する光景は、まさに絶景です。雄大な景色は釣り人の意欲をかき立てます。ターゲットはメジナ。なら当然、磯の上?ではありません。安全な堤防でメジナと1日遊んできました。堤防とバカにすることなかれ!そんなレポートです。

南伊豆 大瀬港堤防釣行記:イメージ1

東名高速を沼津ICで降りて、三島を経由してR136号へ出ます。修善寺バイパスより天城越えのルートを選びました。もうすぐここも鮮やかな紅葉に染まります。紅葉を愛でるにはまだ早いですが、お気に入りのドライブコースです。浄連の滝ドライブインのわさびのソフトクリームも美味しい。おっと、これは余談でした。天城ループ橋で目を回したら、河津下佐ヶ野から山あいの道を下田までショートカット。右手に稲生沢川を見ながら進み、伊豆急下田駅の前に出ます。混雑時は実にありがたい道です。かなりのワインディングロードですが、ここまで来れば石廊崎方面へと快適なドライブです。途中、田牛(とうじ)のコンビニで食事を買い込み、トイレを済まします。青野川を渡ったら、銭洲への遠征拠点の手石港・弓ヶ浜を左に進んで弥陀山トンネルを抜ければ、沖に磯が点在する絶景ポイント。但し運転手はしっかりと運転して下さいね。沖に伸びる下流(したる)の堤防を過ぎたら、間もなく目的地の大瀬港へ到着です。沼津から約 2時間のドライブでした。

南伊豆 大瀬港堤防釣行記:イメージ2

台風の余波が少し残っていて、白波がたっていました。風は東寄り。重い釣具を担いで堤防の突端に陣取りました。自分と仲間の他に釣り人は居ませんでした。まずはコマセを作ります。オキアミをベースに配合餌と海水を加え、とろっとしたペースト状に仕上げました。早速足元に撒くと、小魚が寄って来ます。見た限りメジナの姿は発見できず、ちょっとイヤな予感。1.5号の磯竿を継いで、浮きのフカセ仕掛けをセットします。スタートのタナは1ヒロ。大体1.5mです。手前に少しコマセを打ち、その先へ投入しました。潮は南から堤防の内側の方に流れています。風は真向かいの東風で、ちょっと釣りにくい状況です。

20m程先に、潮目の様なものが出来ていました。その内側を流していると、いきなり浮きが消しこみました。最初のゲストは、手のひら大のメジナでした。でも引きは親譲りで、わりと強烈です。その後のヒットもほぼ同じポイントで食ってきました。どうやらピンポイントのようです。ハエ根の見えるテトラの先へも投入しましたが、エサがそのまま返ってきました。結局、最初のポイントに入れるとすぐにヒットです。サイズアップしないものの、メジナが5枚、海タナゴの塩焼きサイズを2枚釣り上げました。すると隣で釣っていた仲間の竿が満月です。「やられたぁ!!」と思いタモを用意すると、姿を見せたのはアイゴでした。メジャーで計ると36cmあります。そこそこの大物です。いつも決まってアイゴを釣る彼のことを、仲間内ではバリ迷人?と呼んでいます。

正午を過ぎると、干潮で潮が止まりました。風も南に変わって弱まってきました。日差しも強くなって、また潮が動き出せば釣れそうな気配です。それまでに腹ごしらえです。サラダ巻きの寿司弁当をパクついて備えます。仲間の1人はアジ狙いをすると言って、遠投のサビキ仕掛けをセットしました。情報では、良型のアジも釣れるとのこと。自分は釣れ出したら加わる事にして、フカセ釣りを続ける事にしました。1時を回ってもなかなか潮が動いてきません。午前中のポイントも、魚信は遠のくばかり。なぜ・・・。アジの仕掛けも浮きが動きません。そんな状態で3時を過ぎました。すると、サビキの周りで何かが泳いでいる様です。なぶら立って見えます。その正体を突き止めたくて、仲間にブリッヂ仕掛けにしてみることを提案しました。ガッテン承知と、下浮きもつけて再び投入。すると一発で2つの浮きが無くなりました。遠投竿のトップがガクガクと震えています。アジか?それとも青物か!?期待しつつリールを巻き上げると魚影が見えました。何だか平べったい青黒い影は、もしかして・・・。

南伊豆 大瀬港堤防釣行記:イメージ3

サビキでメジナ。なぶらの正体は、なんとメジナだったのです。その後も入れ掛かり、あっと言う間に10枚を超えました。意固地にフカセを続けていた自分ですが、ブリッヂに交換です。竿も3号の遠投用にチェンジ。更にコマセが効いて、釣れる釣れる!!サイズはやっぱり手のひらなものの、入れパクの誘惑には勝てません、20cmに満たないのは全てリリースしました。木っ葉がたまにサビキに掛かったことは何度かありました。でも、メジナのライズなんて初めての体験。水面直下でサビキなんて、自分の釣りの辞書にはありません。はっきり言って邪道かも?横恋慕はしたくないと手前にコマセを打ってみたものの、寄って来るのはハコフグとキタマクラばっかり。もうこうなれば、とことんやろうと決めました。午後5時半で遠投の浮きが見づらくなって納竿。薄暮の中で仕掛けを片付けて、コマセで汚れた堤防を洗い流しました。食べる分だけをキープしてクーラーに入れました。リリースの数の方が断然に多かったけれど、それでも楽しい釣りが出来ました。

釣りって、色んなハプニングがあるものです。こんなイレギュラーがあるとまた違う楽しさが発見できます。一途に一つの釣りを貫くのも素晴らしいですが、ハプニングを楽しむのも釣りの魅力じゃないでしょうか?南伊豆の海は綺麗な景色がいつも広がっています。便利なものはほとんどありません。素朴な、ひなびた場所です。だけど贅沢すぎる位の美しい自然がそこにあります。堤防の上もとても綺麗でした。サビキでメジナ。驚いたけど、これも自然のなせるワザ。場荒れも少ないので、いつまでも釣り人を楽しませてくれるでしょう。釣りをしながら癒しを求めるのなら、南伊豆はいかがですか?そんなことを強く感じずにはいられない、南伊豆大瀬への釣行でした。

-DATA-

場所:
静岡県賀茂郡南伊豆町大瀬 大瀬港堤防
交通:
車 下田よりR136号を石廊崎方面へ。途中青野川を渡り、手石・下流を経由して現地へ
その他 伊豆急下田駅より石廊崎方面行きバスで大瀬下車。いずれも下田より約40分
駐車場:
堤防前に広場あり。一部駐禁だが、十分に駐車スペースあり。
トイレ:
堤防へのアクセス通路の奥に公衆トイレあり。シャワー施設も別途設置。
食事:
近辺には食堂・コンビニ等なし。下田から田牛の間のコンビニ等で購入することをお薦めする(途中、青野川を渡る手前にコメディアンの名前にもなったカレー屋さんがある)。
宿泊:
近くに民宿・キャンプ場などあるが、事前の予約をした方が良い。
釣果:
メジナ20cm級30枚位、アイゴ36cm1枚、海タナゴ20cm級3枚、他ゲスト多数
仕掛け:
A フカセ1.5号 5.4m磯竿 道糸3号 ハリス1.5号 円錐浮き0.5号の浮きフカセ釣り
B カゴ3号 5.4m遠投用磯竿 道糸5号 投げサビキのブリッヂ仕掛け
えさ:
フカセ釣りにはオキアミの生を使用。フカセのコマセはオキアミ+配合餌をペースト状に。投げサビキのコマセはアミエビ。

シーバスフィールド Vol.2 長与川河口

Sep.23, 2002 トップウォーター・シーバシング!

シーバスフィールド Vol.2 長与川河口:イメージ1

シーバスで有名な大村湾に注ぎ込む長与川。秋になると河口では、シーバスがベイトフィッシュを追って水面が炸裂する光景がよくみられる。私的にはトップでの実績があり、一昨年に70オーバーを2本、去年は60オーバー3本と、いずれもホッパーを使ったトップウォーターで仕留めている。その時の画像がないのは残念だが・・・。今年はまだなので、今回釣行してみた。それではトップで出るシーバスフィールド、長与川河口を紹介しよう。

ターゲットフィッシュ獲得には、もちろんオールシーズン可能なのだが、この河口一帯では、春から夏にかけて海中一面に藻が増殖し、とてもルアーを引ける状態ではなくなる!よって、シーズン的にも、藻が発生しない秋から冬にかけてが、ここのベストシーズンになってくる。とくに、今の時期はトップでも頻繁に出てくるので、ゲーム性は抜群である。1日のサイクルで言うと、朝夕のベイトフィッシュの移動と共に沖合いから、大型が河口に入ってくるので、この時間帯を逃さないこと!すべての条件等が重なれば、シーズン中に数回はきっといい思いをすることだろう。

地形的なものにも少し触れておこう。河口付近には、足場のよい堤防が続いている。また外灯も結構明るいので、夜もアプローチし易くなっている。しかし、満潮時でも堤防と海面の落差がかなりあるので、大型のキャッチには2~3mのロングネットやギャフを用意しておいたほうが無難だろう。私も過去、ハンドキャッチを試みたが、すべて失敗している・・・。河口の入り口にはちょっとした港があり、ヨットや漁船が停泊している。わずかなポイントで、アプローチこそ難しいが、こんなところも丹念に探って行くとゲット率も上がるので、ぜひトライして欲しい。

シーバスフィールド Vol.2 長与川河口:イメージ2

私がもっともおすすめするポイントは橋下にある廃水口付近である。外灯の灯りがもっとも射すところで、夜でもトップに出てくるシーバスの動きがわかるので、フッキングのタイミングも計りやすい。ここには常にシーバスが着いているはず??なので、まずはここから攻めていくといいだろう。今回もこの橋下から攻めていった。午後8時過ぎに到着し、アイルのフローティング(レッドヘッド)をセットし、廃水口先にキャスティング後、スローリトリーブでアクションを加えると、外灯の灯りが射す海面に黒い60cmほどの魚体の陰がちらちらするのだが、バイトまでには発展しない・・・。その後もルアーチェンジをし、何度となくトライするが反応がない。その後潮が止まって、魚体の陰もどこかに消えてしまった。こうなってはいくら粘ってもヒットしないのが、シーバスである。やはり、シーバスはそう簡単には釣れない魚である。が、また、逆に釣れる時は嫌と言うほど釣れる魚である。

その他にも河口入り口付近には、海水が常に動いている好ポイントもあるのでこんなところも視野に入れた、広範囲な戦略を立てて望んで欲しい。あと、ルアーチョイスだが、ここは水深もそんなにないのでシャローレンジ設計のフローティングで十分だろうと思うが・・・。ちなみに私は9~14cmまでのファースト、スローを基準にした、ミノーやホッパーを状況に応じて使い分けているが、やはり全体的に言えるのは、リアルアクション重視のキビキビ系に実績あるようだ!その他、ソフト系も用意したほうがいいだろう。特にソフト系でもカーリーテールなどの小刻みなアクションを起こすタイプの物が、バイト率も高いので、動きのいいソフトルアーを一通り揃えておいた方がいいかもしれない。あまりシーバスルアーにこだわる必要はないので、あとは淡水バス用のルアーでもOKなので、いろんなルアーを試して、ご自身のヒットルアーを作ってみてはどうだろうか!

アクセス方法は、国道207号線長与川沿いを長与港方面へ。エリアは河口付近一帯。

-DATA-

場所:
長崎県西彼杵郡長与町
交通:
国道207号線、長与川沿いを長与港方面へ
駐車場:
港に駐車可能
トイレ:
長与港内にあり
食事:
国道線沿いに弁当屋、食堂あり
Field Deta:
河口帯 河口・桟橋・船・防波堤・工場廃水口などの好ポイントあり
Others Fish:
チヌ(クロダイ)・メバル・コチ・ボラetc
コンディション:
8月下旬から、釣果報告があがっている。9月の上旬~中旬にかけて30~75cmが立て続けにあがっている。この一帯に藻がでる4月ごろまで好シーズン!
Warning:
堤防と海面の落差があるので、くれぐれも落ちないように!
マナー:
弁当の空が港に氾濫しているので、ごみはすてないように!
補足:
なし

シーバスフィールド Vol.1 時津港

Sep.19, 2002 メーターオーバーの期待!

落ち鮎の季節、シーバスが動き出した。シーバスは年間を通してのターゲットフィッシュだが、今のこの季節がもっとも食欲ある時期である。長崎各地のシーバス・スポットでも、すでに60~80cmクラスが、何本も上がっており、地元釣り情報誌でもヒラ・マル共に、スズキと言う文字を頻繁に見かけるようになってきた。今回は大村湾の時津港を紹介しよう。

以前から、時津港は地元シーバスアングラーの間では、よく知られていたフィールドだが、近年のシーバスアングラーの増加と共にキャッチ報告も出るようになってきた!数年前にはメーターオーバーが何本も仕留められ、一躍注目を浴びた!それは今から2~3年ぐらい前に遡るが、この時津港一帯で大型のシーバスが相次いでキャッチされている。ラッキーな人では、朝の数時間の内に60~100cmオーバーを10本近く、キャッチしている人もみかけた!私もその時は早朝の数時間で、70~90cmオーバーを4~5本とおいしい思いをさせてもらっている。その年は当たり年であったのだろう。それ以降はメーターオーバーのキャッチ報告は聞かなくなったが、それでも、60~90cmはコンスタントに仕留められている。

シーバスフィールド Vol.1 時津港堤:イメージ1

今秋、時津港にシーバスが沸いているという情報を聞きつけ、早速、釣行してみた。その結果を報告しよう。ここには空港行きの海上タクシーの船着場があり、桟橋が浮かんでいる。その脇には河川が流れており、条件的には申し分ない。その他、ヨットや漁船の船着場、堤防や工場廃水口など、シーバスが好みそうな場所がいくつも存在する。そんな時津港だが、今回は日没後から、海上タクシーが行き来する桟橋付近を重点的に狙ってみた!

シーバスフィールド Vol.1 時津港堤:イメージ2

この桟橋は海上タクシー運行時間の22:30までは桟橋に明かりが灯っている。当然、シーバスのエサとなる小魚が溜まっており、桟橋の真下や船底では水面が騒がしい。サイズもセイゴ~スズキクラスまで確認できる。中には50オーバーの地元の呼び名でチヌ(クロダイ)がミノーを追ってきたりとなかなかスリリングな釣りが出来る。

今回のルアーチョイスだが、9cm前後のフローティングミノーを中心にジグやスプーンを使い分けてみた。ロッドを振り始めて数キャスト・・・。ミノーを追っては来るのだが、なかなかフッキングまでにはいたらない。魚影の大きさからすると、セイゴクラスだ。中にはスズキクラスのバイトも入るが、フッキングまでには発展しない・・・。ここで、シングルフックのスプーンに切り替える。1キャスト目で、セイゴクラスがヒット!その後も同じサイズを5本ヒットさせるが、何か物足りない・・・。やはりスズキクラスがこないと・・・。

シーバスフィールド Vol.1 時津港堤:イメージ3

時間も22:30。桟橋の明かりも消えて、辺りは闇につつまれた。それ以後、潮の動きは止まり、シーバスの食もピタッと止まってしまい、バイトすらない状況になったので、ロッドを仕舞う。今回の私の釣行ではいい結果が得られなかったが、後日、他のアングラーが、70オーバーを2本キャッチしたと言うことなので、運よければ、メーターオーバーも期待できるフィールドだ!

アクセスは国道206号線、時津交差点を直進、ヤスダオーシャンホテル前に広がる港が時津港。

-DATA-

場所:
長崎県西彼杵郡時津町
交通:
国道206号線、時津交差点を時津港方面へ
駐車場:
あり
トイレ:
近くにあり
食事:
国道沿いにあり
Field Deta:
港 河口・桟橋・船・防波堤・工場廃水口などの好ポイントあり
Others Fish:
チヌ(クロダイ)、アイナメ、メバルetc
コンディション:
8月下旬から10月下旬にかけて、好釣果報告があがっている。
Warning:
海上タクシー乗り場なので、人が頻繁に行き来している。人にルアーなど、引っ掛けないように注意!
マナー:
港にはゴミが散乱しています。ここを訪れるアングラーもゴミはくれぐれも投棄しないように!
補足:
なし

ページのトップに戻る