フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« バスフィールド vol.8 土師野尾ダムフィッシングレポート:トップページバスフィールド vol.6 中核工業団地貯水池 No.1 »

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2

Aug.03, 2002 開けたグッド・フィールド

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2:イメージ1

前回に引き続き、今回も諫早中核工業団地内の貯水池を紹介したい。今回はNo.2貯水池だ。場所的には、ソニー工場の手前の裏側にある。私が初めて訪れた 6~7年前、ここは木の根が張りめぐらしたブッシュで囲まれ、最初に訪れた時には、神秘的な感覚を受けた記憶がある。しかし、今ではその面影もなく、かなり荒れ果てているが・・・。この貯水池はNo.1と違って釣り易い! 周りのブッシュも、ケモノ道がしっかり出来上がっており、周り易い。すぐ側には、工場などが立ち並んでいるので、No.1のように不気味なイメージはほとんどない。

サイズ的には、アベレージでだいたい25~30cmと言ったところだろうか。私はまだ確認はしていないが、毎回通っていると言う地元の少年に聞いたところ、40オーバーも上がっているとのことだったので、コンディションはそう悪くはないだろうと思う。私的にも、No.1にくらべると活性がいいように思える。それに過去、ここを訪れた時にこんなことがあった! 魚影の先にキャストしようとした時、ラインを立木の枝に引っ掛け、水面上に着くか着かないかのところで、ルアーがぶら下がっていたところをいきなり水面を割って二匹のバスが、同時にアタックしてきたことがあった。こんな光景はめったに観れるものではないので、衝撃的な記憶として今も頭の中に残っている。

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2:イメージ2

それでは実践に移るが、奥のポイントは数人の少年で満席だったので、今回は手前の倒木付近を狙ってみた。ブッシュの影になるエリア周辺をピンスポットで打ち込んでいくが、反応がない。スタンスを変え、右岸のエグレを探るがここでも反応がない。今度は少し視点を変え、底のストラクチャーをグリッド表示で等間隔に引いてくる。キャスト20回目ぐらいだったと思うが、シャロー帯で25cm前後が出てきた。身の締まったプリプリの魚体だ。それから、数キャスト後に、これも25cmの先ほどとあまり変わらない魚体だった。その後、周辺を丹念に探るが、まったくのノーバイト、ノーリアクション。

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2:イメージ3

場所移動中に所々ブッシュの間からポイントが現れるので、その度、疑似餌を打ち込んでいくが、やはり人が行き交う所なので、バスは着いていないようだ。そうしているうちに奥のエリアまで来てしまった。ここではすでに数人の少年が疑似餌をキャスティングしていたので、私はロッドをたたみ、その少年らと数十分ほど、話し、No.2貯水池をあとにした。

奥のエリアにいた少年らは、30cm前後のバスをストリンガーに3枚ほどつないでいた。話によると、1時間のキャスティングで3枚と言うから、コンディション的には悪くはない。むしろいいほうだ!少年らのタックルを見せてもらったが、シングルブレイドのスピナーやグラブなどのソフト系で、ボトムを狙っていた。それにしても、今回はかなり水が濁っていた。奥のウィード周辺は比較的きれいだったが、手前の流れ出し付近は底の泥とゴミがまわっていて、どす黒い濁りだった。昔はもっときれいだったのに・・・年々、汚れていっている・・・悲しい現状です・・・

アクセス方法は前回紹介した、No.1貯水池のすぐ近く 国道34号線 諫早の貝津町交差点を諫早中核工業団地方面へ 工業団地内のソニーの手前を左折後、約200m進むと、No.2貯水池が見えてくる。

-DATA-

場所:
長崎県諌早市貝津町
交通:
国道34号線 諫早貝津交差点から諫早中核工業団地内へ
駐車場:
道路沿いに駐車スペースあり
トイレ:
なし
食事:
国道34号線沿いに沢山あり
ボート:
降ろせるスペースはあるが、私は降ろしたことがない
Field Deta:
人工溜池 倒木・立木・ウィード・流れ込み・流れ出し・ブッシュなどのストラクチャー 周囲約1kmぐらい 水質は濁り気味 水深6~7m程ではないかと思うが?
Others Fish:
カープ・錦・ブルーギル・ハヤ
コンディション:
出入りするのは、地元の少年アングラーぐらいなので、それほど悪くはないと思う。手前より奥のエリアが、コンディションはいいようだ。
Warning:
開けているのでとくに注意事項はないが、やはり自然なので何が起こるか解らない。自然相手に遊ぶ時は気をゆるめないように!
マナー:
自然と遊びたい人は自然と仲良くなろう マナーを守ることのできる人は、自然と仲良くなれる。私はそう思います。
補足:
なし

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る