フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年07月フィッシングレポート:トップページ2002年09月 »

バスフィールド vol.9 川原大池

Aug.23, 2002 セカンド・バスポンド

バスフィールド vol.9 川原大池:イメージ1

川原大池の歴史は古い。ブルーギルの異常繁殖を抑えるため、バスの習性を利用して1977年に長崎は島原半島の諏訪池からバスを移殖したのが始まりである。長崎では2番目にバスが移殖された地と聞いているが・・・。そんな長崎では古い川原大池は地元アングラーはもとより、九州各地のアングラーにもその名は知れ渡っている。また、ここはへら釣り師の間では、50cmを超える巨べら伝説の地として、全国でも有名な場所でもある。この川原大池、他のバスフィールドとは、ちょっと違う所がある。それは汽水池という点だ。池の放水門が直接、海につながっている為に、満潮時には池に海水が入り込んでくる。その為、この池には汽水域に生息するボラなどが目撃される。私としてはシーバスが入ってきて欲しいのだが! 池の底には藻が網の目のように絡み、水辺にはアシなどの水生植物が生え、バスにとっては素晴らしい環境を育んでいる。また、カジカやカワムツ、ヨシノボリなどのベイトフィッシュも豊富なので、それに伴い大型のバスも生息する。数年前に早朝のトップスタイルで50クラスを何本かキャッチしたのが、この川原大池での最大の記憶である。ちなみにアベレージは大体 25~30cmと言ったところだろうか。

バスフィールド vol.9 川原大池:イメージ2

さて、ここでの攻めだが! 池の中心部以外でのノンウィードレスフックを使ったボトムねらいはおすすめ出来ない。ほとんどのポイントでは底一面に藻が繁殖しており、これに捕まると大事なルアーを回収出来なくなる可能性が大きいからだ。したがって、ウィードレスフックを使った釣りか、トップスタイルでの釣りに的を絞ったほうがよりスムーズな釣りが演出出来るだろう。ちなみに、ここでの私のスタイルはもっぱらトップである。トップで攻めるとなると、天候や時間帯などのさまざまなデータ―やアプローチに繊細にならなくてはならないが、それだけ、ターゲットを物にした時の感動が大きいのもトップスタイルの魅力である。

知人のアングラーは早朝にフローターを出し、オールドなグラスロッドにオールドルアーを使ったトップウォーターバッシングを楽しんでいるが、こんな道具にこだわったアンティークな釣りもマニアックで良い。

バスフィールド vol.9 川原大池:イメージ3

ポイントは、まず池の放水門付近から説明しよう。ここ一体は遠浅になっている。底には藻が絡み合うようにしてバスのストラクチャーを形成している。岸辺にはアシが生え、水生動物、昆虫などが豊富なので、この一体では水面炸裂をよくみかける。続いて、池畔の遊歩道沿いは、ウィードで固められている。その隙間をピンスポットで狙っていくと思わぬ収穫があるかもしれない。しかし、この遊歩道は人の出入りが激しいので、早朝以外はあまり期待がもてない。奥のバックウォーター付近はほとんどウィードで構成されている。ここも遠浅だが急に深くなっているところがあるのでその辺を丹念に探っていくとランカーサイズが着いているかもしれない。他にイカダやブッシュ、また、夏場はリリーパッドなどの好ストラクチャーの連続なので、このポイントは期待がもてる。さらに確実性を求めるならば、水上からの攻めとなる。ここはボート・フローター(トレーラー乗り入れは出来ない)ともにOKなので本格的に攻めてみてはどうだろうか。

バスフィールド vol.9 川原大池:イメージ4

いずれのポイントも釣果の差はあまりないようだ。ここでの攻略のカギは底に生えた藻にあるようなので、底の地形を読み、バスが着いている所にうまく送り込んでやることが出来れば、必ず、いい結果を生む事だろう。

アクセス方法は長崎方面から国道499号線を野母崎方面へ 途中、三和町役場付近の交差点を為石(ためし)、川原方面へ川原海水浴場まで。海水浴場裏に大きな池が見えてくる。

-DATA-

場所:
長崎県西彼杵郡三和町川原
交通:
国道499号線を為石、川原方面へ
駐車場:
あり
トイレ:
海水浴場周辺にあり
食事:
なし
ボート:
OK(但し、トレーラー乗り入れは不可)※
Field Deta:
野池 ウィード・桟橋・イカダ・放水門・流れ込み・ブッシュ・カケアガリ・ゴロタ石などのストラクチャー 周囲約4km
Others Fish:
ブルーギル・ボラ・カープ
コンディション:
年中安定している。さほどスレているわけでもなく、爆釣しているわけでもない。平均的にコンスタントにあがっている。日中は人が多いので、朝夕をおすすめする。
Warning:
この池では泳がないこと、それとボートでの釣りは必ずライフジャケットをつけるように!底の藻に体が絡むと水面上に這い上がれなくなる!過去にも数人藻に絡んで亡くなっているのでご注意を!
マナー:
ルアーの空き箱、弁当がら、タバコの空き箱などが、かなり散乱しています。確実に持って帰りましょう。
補足:
なし

※2003年より水鳥保護の為、川原大池へのボート乗り入れは禁止になりました。

バスフィールド Vol.10 神浦ダム

Aug.09, 2002 ミディアム・アベレージ

バスフィールド Vol.10 神浦ダム:イメージ1

西彼杵半島、三方山を水源に持つ神浦ダム。長崎でもきれいなフィールドとして地元では有名である。しかも水質が良いせいか、ここのバスは型が良く、非常にきれいだ!また、数多くのランカーサイズがキャッチされているということで、ここに足を運ぶアングラーも後を絶たない。

さて、ここでのアプローチだが! この人造湖は急深で、この地域特有の薄くてもろい板のような石がいく層にも重なった複雑な岩盤が、ここのカケアガリを形成している。よって、ぞれぞれのレンジすべてに好ストラクチャーが存在すると思ってよい。また、湖底には段々畑など人工的なストラクチャーも沈んでおり、オールラウンドでの攻めが有効である。ちょっとここでワンポイントアドバイス! どんな釣りでも、どのフィールドでもそうだが、ランカーサイズは意外と自分の足元に居る場合が多い!ここでもそうだ!特に神浦ダムは自分の足元に好ポイントが多くランカーもそういう所に居着いている場合が多い!ポイントに近づく時は繊細なアプローチを心がけていただければ、かなりの高確率でヒットしてくれるだろう。

攻めるエリアだが、やはり奥のバックウォーター付近が足場もよく攻めやすい。ここのバックウォーターは水量が豊富な為、ベイトフィッシュが常に溜まっている。そして、これを追ってミディアムクラスのバスが集まってくる。ここでのミノーイングはかなりおもしろい!底にはゴロタ石や岩盤などの複雑なスポットが連続しているので、バスの着きも比較的よいようだ。しかし、残念なことに、ここは人の出入りが激しい。そこで、曜日や時間帯をずらすといいかもしれない。

バスフィールド Vol.10 神浦ダム:イメージ2

中間エリアに連続するカケアガリも見逃せない!ここには人工的な要素のストラクチャーも多く、とにかく足元に注意していただきたい。ルアーを操る時は最後の数メーターも気を許さないように!突然アタックしてくるかもしれない!それだけ複雑な地形の連続なのだ!この神浦は!

手前ダムサイト付近はかなりの水深があるので、ボトム層を狙ったスタイルでの釣りに実績があるようだ。この辺は人工的なコンクリートや石積みで足場は比較的よいので、入りやすいとは思うが、水深があるので、転落には十分注意していただきたい。この周辺にはベンチやトイレなどの設置がしてある小さな公園みたいなのがある。以前、ここに人工の小さな池があり、カープや金魚と共に、バス数匹が元気に泳いでいたが、今は公園も荒れ果てて、雑草に覆われている・・・。その池も水が枯れており無残な姿になっている・・・。あの魚達は何処へ行ったのだろう・・・。

バスフィールド Vol.10 神浦ダム:イメージ3

この神浦ダム。以前、水質汚染問題で地元マスコミで取り上げられたことがあった。それは神浦ダム上流の産廃処理場(現在もあるかどうかはわからないが・・・)から、水銀が流れ出し、ダムの水が汚染されたというものだった。当時、私はフナやカープが水面に大量死している奇妙な光景を目撃しているが、それはまさしく水銀汚染による悲惨な結果であった。その当時、バスはもちろんのこと、あのブルーギルさえも釣れなかったのを記憶している・・・。この事実が発覚するまでは、魚が生きていけない環境の水を水道水として使っていたのだから、とんでもなく恐ろしい話である! 今は元気に泳いでいる魚の姿もみれる。また、ダム下流の清流には天然プールが出来ており、夏になると家族連れや地元の大人子供が元気に泳いでいる光景もみかける。と、いうことは、水質汚染も改善されたのだろう。

アクセスは国道202号線、外海町神浦港から県道57号線へ入る。清流沿いを5kmほど上っていくとダムサイトが見えてくる。

-DATA-

場所:
長崎県西彼杵郡外海町神浦
交通:
国道202号線、外海町神浦から県道57号線 県民の森方面へ
駐車場:
あり
トイレ:
あり
食事:
神浦港にレストランあり
ボート:
降ろせる場所がない
Field Deta:
人造湖 カケアガリ・岩盤・流れ込み・ゴロタ石・ブッシュなどのストラクチャー 周囲約7kmぐらい?
Others Fish:
ブルーギル・ハヤ・カープ
コンディション:
条件は良好! 但し、各レンジの攻め方で、左右されるフィールドなので、タックルチョイスは慎重に!
Warning:
非常に急な崖が多いので、無理のあるところには足を踏み入れないこと!
マナー:
ダムの水は人間が飲む水です。自分が飲む水はきれいでありたいですよね!自分の飲み水を自分自身で汚さないように!
補足:
なし

バスフィールド vol.6 中核工業団地貯水池 No.1

Aug.03, 2002 こわ~い~蛇泳ぐ池~

長崎県諫早市の中心地より南に下った所に諫早中核工業団地がある。ここにはソニーや三菱重工業などの大手の工場が立ち並ぶ、長崎では大きな工業地帯である。この工業団地内には2つのバスフィールドがあり、今回はそんな工業団地内にある。貯水池をNo.1とNo.2に分けて、2回に渡って紹介しよう。この貯水池の名前は解らなので、ここではNo.1、No.2と言う呼び方をする。(以下、No.1、No.2)今回はNo.1を紹介する。

No.1の場所はソニー工場近くのいさはやコンピューターカレッジの真裏にある。専門学校の看板が大きく建っているので工業団地内に入るとすぐに解るだろう。また、工業団地入り口には団地内の地図看板が立っているのでそれを見ればすぐに解るはずだ。

バスフィールド vol.6 中核工業団地貯水池 No.1:イメージ1

このNo.1貯水池、かなり汚い!ほとんどゴミだらけだ!ここは多分、ろ過された後の工場排水を排出する為のシステムだとは思うのだが、それにしても汚すぎる!しかし、この汚いフィールドにはビッグバスが居るのである。バスの生命力には本当に驚かされる。それにカープ、マブナや巨大金魚まで元気に泳いでいるので、水質的には普通なのかもしれないが、見た目はとにかく汚いの一言である。

数年前、このNo.1貯水池では50オーバーのポットベリーが何本も仕留められて、話題になったことがある。あいにく、ここでの私の成績は38cmが最高だが・・・。確かに、ここに来るたび、50cmはあろうかと言うブラックテールのデカイ魚影を何度も目撃している。しかし、私には縁がないようだ・・・。今回も0枚だったので・・・。まぁ、仕留めるのも時間の問題だろう。

バスフィールド vol.6 中核工業団地貯水池 No.1:イメージ2

ここでポイントについて触れておこう。手前の堰堤には、ゴミが溜まっている。その下に着いているが、このポイントを狙うには堰堤の上からでないと狙えないので、かなり釣り難い!ここを攻めるには、ロングロッドを用意したほうがいいようだ。次は奥の流れ込。ここは、遠浅になっていて肉眼で底の地形が解るので、底を読み攻略して欲しい。最後に左奥のウィードだが、ここは岸から離れているので非常に狙いにくいが、ロングキャストで丹念に探ればトロフィーサイズが顔を出すかもしれないグッド・ポイントだ。いずれのポイントも思うようには攻めきれず、攻め難いと思うが、その辺はそれぞれのテクニックでカバーしていただきたい。

最後に!ここは非常に蛇が多い!過去何度となく蛇に遭遇しているので、ここを訪れるアングラーは注意して欲しい。また、知合いのアングラーは、釣りに夢中になって気付いたら、足に蛇が絡んでいたと言うことなので、くれぐれも足元には気を付けて!我々の間では通称、蛇池と呼んで~い~る~

バスフィールド vol.6 中核工業団地貯水池 No.1:イメージ3

アクセス方法は国道34号線、諫早の貝津町交差点を諫早中核工業団地方面へ。工業団地内のソニーを通過後、いさはやコンピュータカレッジが見えてくる。この真裏にNo.1貯水池がある。

-DATA-

場所:
長崎県諌早市貝津町
交通:
国道34号線 諫早貝津交差点から諫早中核工業団地内へ
駐車場:
道路沿いに駐車スペースあり
トイレ:
なし
食事:
国道34号線沿いや団地入り口付近にたくさんあり
ボート:
降ろす所場がない
Field Deta:
人工溜池 ウィード・流れ込み・ブッシュ・堰堤・ゴミなどのストラクチャー 周囲約500mぐらい 水質は濁りあり 水深7~8m程ではないかと思うが?
Others Fish:
カープ・錦・ブルーギル・ハヤ
コンディション:
15~20cmのベビーバスは入れ食い状態の時が多い 大型になるにつれて、コンディションは悪くなるが、あまり人が入らないので期待は持てるフィールドである
Warning:
サブタイトルにも、あるように蛇が多いので気を付けるように!
マナー:
ここのNo.1貯水池はもとからゴミだらけで汚いが、汚いからといって、それ以上、汚さないようにしてもらいたい。バスにとっては、このゴミがいい隠れ家にもなっていることは確かだ!かといってアングラー自身が、隠れ家を増やさないように!
補足:
なし

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2

Aug.03, 2002 開けたグッド・フィールド

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2:イメージ1

前回に引き続き、今回も諫早中核工業団地内の貯水池を紹介したい。今回はNo.2貯水池だ。場所的には、ソニー工場の手前の裏側にある。私が初めて訪れた 6~7年前、ここは木の根が張りめぐらしたブッシュで囲まれ、最初に訪れた時には、神秘的な感覚を受けた記憶がある。しかし、今ではその面影もなく、かなり荒れ果てているが・・・。この貯水池はNo.1と違って釣り易い! 周りのブッシュも、ケモノ道がしっかり出来上がっており、周り易い。すぐ側には、工場などが立ち並んでいるので、No.1のように不気味なイメージはほとんどない。

サイズ的には、アベレージでだいたい25~30cmと言ったところだろうか。私はまだ確認はしていないが、毎回通っていると言う地元の少年に聞いたところ、40オーバーも上がっているとのことだったので、コンディションはそう悪くはないだろうと思う。私的にも、No.1にくらべると活性がいいように思える。それに過去、ここを訪れた時にこんなことがあった! 魚影の先にキャストしようとした時、ラインを立木の枝に引っ掛け、水面上に着くか着かないかのところで、ルアーがぶら下がっていたところをいきなり水面を割って二匹のバスが、同時にアタックしてきたことがあった。こんな光景はめったに観れるものではないので、衝撃的な記憶として今も頭の中に残っている。

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2:イメージ2

それでは実践に移るが、奥のポイントは数人の少年で満席だったので、今回は手前の倒木付近を狙ってみた。ブッシュの影になるエリア周辺をピンスポットで打ち込んでいくが、反応がない。スタンスを変え、右岸のエグレを探るがここでも反応がない。今度は少し視点を変え、底のストラクチャーをグリッド表示で等間隔に引いてくる。キャスト20回目ぐらいだったと思うが、シャロー帯で25cm前後が出てきた。身の締まったプリプリの魚体だ。それから、数キャスト後に、これも25cmの先ほどとあまり変わらない魚体だった。その後、周辺を丹念に探るが、まったくのノーバイト、ノーリアクション。

バスフィールド vol.7 中核工業団地貯水池 No.2:イメージ3

場所移動中に所々ブッシュの間からポイントが現れるので、その度、疑似餌を打ち込んでいくが、やはり人が行き交う所なので、バスは着いていないようだ。そうしているうちに奥のエリアまで来てしまった。ここではすでに数人の少年が疑似餌をキャスティングしていたので、私はロッドをたたみ、その少年らと数十分ほど、話し、No.2貯水池をあとにした。

奥のエリアにいた少年らは、30cm前後のバスをストリンガーに3枚ほどつないでいた。話によると、1時間のキャスティングで3枚と言うから、コンディション的には悪くはない。むしろいいほうだ!少年らのタックルを見せてもらったが、シングルブレイドのスピナーやグラブなどのソフト系で、ボトムを狙っていた。それにしても、今回はかなり水が濁っていた。奥のウィード周辺は比較的きれいだったが、手前の流れ出し付近は底の泥とゴミがまわっていて、どす黒い濁りだった。昔はもっときれいだったのに・・・年々、汚れていっている・・・悲しい現状です・・・

アクセス方法は前回紹介した、No.1貯水池のすぐ近く 国道34号線 諫早の貝津町交差点を諫早中核工業団地方面へ 工業団地内のソニーの手前を左折後、約200m進むと、No.2貯水池が見えてくる。

-DATA-

場所:
長崎県諌早市貝津町
交通:
国道34号線 諫早貝津交差点から諫早中核工業団地内へ
駐車場:
道路沿いに駐車スペースあり
トイレ:
なし
食事:
国道34号線沿いに沢山あり
ボート:
降ろせるスペースはあるが、私は降ろしたことがない
Field Deta:
人工溜池 倒木・立木・ウィード・流れ込み・流れ出し・ブッシュなどのストラクチャー 周囲約1kmぐらい 水質は濁り気味 水深6~7m程ではないかと思うが?
Others Fish:
カープ・錦・ブルーギル・ハヤ
コンディション:
出入りするのは、地元の少年アングラーぐらいなので、それほど悪くはないと思う。手前より奥のエリアが、コンディションはいいようだ。
Warning:
開けているのでとくに注意事項はないが、やはり自然なので何が起こるか解らない。自然相手に遊ぶ時は気をゆるめないように!
マナー:
自然と遊びたい人は自然と仲良くなろう マナーを守ることのできる人は、自然と仲良くなれる。私はそう思います。
補足:
なし

バスフィールド vol.8 土師野尾ダム

Aug.03, 2002 レインボー生息の噂?

バスフィールド vol.8 土師野尾ダム:イメージ1

土師野尾ダムは、前回、紹介した諫早中核工業団地の貯水池郡に程近い、山中にある静かなダムである。周りは山林に囲まれ、ダムに注ぎ込まれる水はとても透きとおっており、非常にきれいな人造湖だ。ここにもバスが生息している。

しかし、このフィールドのバスの活性が異常に低いと感じるのは、私だけだろうか?(これはあくまでも私事なので聞き流してくれるだけでいい)周りのアングラーを見てもそうだが、あまり上がっている様子はなさそうだ。ブルーギルにしてもそうだが、あのハイエナ的存在のブルーギルでさえ、反応が鈍い。これは、単に主食のベイトフィッシュが豊富すぎて、ルアーどころではないのか?それとも、水質がクリアすぎて、本物と偽者の区別がつくのか?はたまた、時期的なものなのか? そんなことはない!馬鹿な話に付き合せて申し訳ない・・・。セオリー通りにいくと、数が少ないということがあげられる。実際、肉眼でわかる無数のストラクチャーが存在するのに、バス影を見たのは1回だけである。ブルーギルも数匹しか目撃していない。他のフィールドに比べるとかなり数が少ないように感じられる。今までの釣行でキャッチしたのは、5回の釣行で、30cm前後を1枚だけである。単なるテクニックの問題なのかもしれないが・・・。これは、事実なので弁解はしない。が、腕に自身のある仲間のアングラー数人も、ここでは不発に終わっている。この土師野尾ダムは水上からの広範囲な攻めでしか対応できないのか!

バスフィールド vol.8 土師野尾ダム:イメージ2

でも、この土師野尾ダムは釣れなくても、いい気分にさせてくれる。それはやはりきれいな景色と山林のおいしい空気、それとトラウトが居そうなクリアウォーターのシチュエーションだろうか。長崎にはトラウトが生息できそうな、または生息している、きれいなフィールド(渓流を除く)がないので、余計にトラウトに対する憧れが強いのである。そういえば、数年前の噂だが、このダムにレインボー生息説が広まったことがあった。まだ、検証はしてないが、シーズン中にでもチャレンジして、ほんとか、うそか、この場で報告できる機会があれば、発表したいと思う。

肝心なバスの話題に戻ろう。とにかく、ここでの攻略は広範囲に探ること、これに尽きる!反応が鈍い分、こちらから仕掛けなければ、ここのバスは攻略しきれない。しかし、ここでボートを降ろせるかは解らないのだが、そう言う警告の看板もたっていないので、降ろせるとは思うが、降ろしているアングラーは見たことがない。それに降ろせる場所もないようにみえる。ポイントまで人が降りられる場所が数箇所あるので、とりあえずは、岸から攻めてみてはいかがだろうか。それでもだめなら、やはり水上戦略を考えたほうがいいだろう。こう書いているからと言ってボートを降ろせと言う意味ではないので誤解のないように! ダム管理者に聞くのが一番早いと思うが、ボートを降ろす降ろさないの責任は各アングラーの判断でやってほしい。

バスフィールド vol.8 土師野尾ダム:イメージ3

地形についても少し触れておこう。ここはかなり複雑に入り組んでいる。その分、ストラクチャーも複雑である。ポイント的には申し分ない地形を形成している人造湖である。また、ダム湖周辺の道路はきれいに整備されて、車で一周できるので、ポイントも見つけやすくなっている。しかし、整備されているとはいえ、警告看板がたっている通り、マムシがでるので、足元には注意していただきたい。

アクセス方法 国道34号線 諫早貝津交差点から諫早中核工業団地内に入ると福山通運の看板が交差点にたっているので、そこを左折。100mほど上って右折すると、ANAの建物が見えるので、そこを通過後、500m ほど行くと右手に土師野尾ダムが見えてくる。ANAの建物が目印なので、諫早中核工業団地内に入ったらまず、ANAを探してほしい。

-DATA-

場所:
長崎県諫早市土師野尾町
交通:
国道34号線 諫早貝津交差点から諫早中核工業団地内をさらに山奥へ。
駐車場:
あり。
トイレ:
ダムサイトにあり。
食事:
国道34号線沿いや団地入り口付近にたくさんあり。
ボート:
降ろせるかわからない。
Field Deta:
人造湖 流れ込み・カケアガリ・遠浅・倒木・立木・ウィード・ブッシュなどのストラクチャー 周囲約3~4mぐらい? 水質は極上クリア。
Others Fish:
ブルーギル・ハヤ・レインボー生息との噂?
コンディション:
私から言わせてもらうと悪いの一言!だが、気分は良い!
Warning:
看板もたっている通り、マムシに注意!
マナー:
非常にきれいな人造湖なので、この美しさを維持してもらいたい。
補足:
なし。

ページのトップに戻る