フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« バスフィールド vol.5 白川堰堤フィッシングレポート:トップページバスフィールド vol.8 土師野尾ダム »

小貝川バスポイントガイド vol.7

Jul.31, 2002

茨城県南部、利根川に注ぐ小貝川は、霞ヶ浦・牛久沼・利根川とメジャーバスエリアに隠れた存在のフィールド。今回はポイントガイド第七弾だ。

小貝川バスポイントガイド vol.7:イメージ1

広場上ジャングル
岡堰より1kmほど上流の伊奈町側に広がるこのスポットは、小貝川の中でも非常に有名なポイントである。岸寄りの沖目に鬱蒼と長さ約200mにも渡って茂った木々のシェードは、バスにとってもアングラーにとっても絶好のポイントを形成している。いかにもよだれが出そうなおいしいロケーションに加え、足場もいいことから毎日のように叩かれているのでプレッシャーはかなり高い。しかしながらビッグサイズのヒットが、ここのところ立て続けに出ている。私自身は46cmが今シーズンの最高だが、昨年には50アップもキャッチされているので見逃せないポイントだ。

小貝川バスポイントガイド vol.7:イメージ2

ここは比較的水深が浅いので、ルアーのチョイスはトップウォーター。木の根元ぎりぎりや、アシ際にキャストしてロングポーズでバイトを待つのがコツだ。トップに出ない時は、グラブやスティックベイトのノーシンカーでじっくりと粘ってみよう。平日など比較的プレッシャーが掛かってない時はバズベイトが効果的。休日などのプレッシャーが高い場合や、日中はシェードをひたすらスキッピングで狙い撃ちしていく。しかし、ここではシェードよりも水通しを優先したポイント選びがキモ。ジャングルの水路奥はほとんど水が動いていないので、少しでも水が動いているスポットを狙ったほうが効果的だ。さらにアシ撃ちのミソとしては、純粋なアシ(葦)よりも緑が青々とした水生植物を狙うのがコツ。ちなみに水路のマウス部分はフィーディングスポットになっているのでビッグバスの実績は抜群だ。遠投出来るトップウォーターでせめてみよう。ドッカン!と水しぶきをあげてバスがアタックしてくるぞ!

小貝川バスポイントガイド vol.7:イメージ3

そしてここから肝心の実釣報告。このジャングルポイントは小貝川を代表する有名スポットで、雑誌にも幾度か取り上げられたポイントだ。かく言う私も自宅から最も近いスポットだけに相当通い詰めている。もちろん小貝川中流・下流域は釣り続けて十数年のフィールドだけに隅々まで熟知しているつもりだ。

小貝川バスポイントガイド vol.7:イメージ4

今回の釣行日の7月31日は、まだまだうだるような暑さ。例のごとく暑さも落ち着く夕方4時ごろからの釣行だ。ポイントに到着すると水路のマウススポットはさざ波が立っているものの雰囲気抜群。しかしベイトはもちろん、バスのいる気配がないので、ファーストキャストは水路奥のアシ際を選択。センコーノーシンカーで水色のいいスポットを重点的に狙う。時折見えるリトリーブ中のルアーを15cmほどのチビバスが数匹興味津々の感じで追いかけている姿に状況は良いと直感。ルアーサイズをダウンしてコバッチ狙いにチェンジ・・・。などと言う姑息な手段はあえて使わずナイスサイズ狙いのガチンコ勝負。すると水門広場脇のアシ際のポケットへストライクのキャスト後にラインが微妙に変化。「バイトだ」と、すかさずコンパクトなロッドアクションで電撃フッキング。周囲のアシに巻かれないよう強引に引き上げたのは30cmオーバーのプリプリバス。その後は同じようなアシ際のポケットをキャスト&ピッチングで攻略し、結局同サイズを5匹追加。どのバスも黒々とした堂々たるプロポーションに惚れ惚れするばかりだ。

小貝川バスポイントガイド vol.7:イメージ5

そんなこんなでふと気づくと、西の空はすっかり夕焼けに赤く染まり、風も止んで川面はベタ凪状態。肝心のボイルはないものの、トップに出そうなムード抜群。やっぱり"ピュッ""シュルルルル""ポチャン""シーン""カポン""バホッ""ガバッ""ビシッ""バチャッバチャッ"「よっしゃ!」なんて言うトップのエキサイティングな釣りは何とも言えない醍醐味があるよね。でも私はトップウォーター至上主義者ではないけど・・・。そんなこんなでアシ撃ちをスパッと見切って水路のマウス部分をトップで集中攻撃!立て続けのマシンガンキャストで広範囲を「カポカポ」と小気味よくポッパーで攻め続ける。しかし辺りを包む静寂の中で響きわたるのはスプラッシュ音だけ。こうなったらルアーチェンジで気分一新と、派手なスプラッシュ音のポッパーとは対称的なペンシルベイトで水面をスーイスイの戦法だ。するとこれが大正解!ロングポーズでバイトを待っていると「パシュッ」というバスのアタックが連発!いまいち乗り切らないのでコバッチのアタックかなと思い、ルアーサイズを落としたペンシルにチェンジするとこれまた大正解!35cm前後のバスが面白いようにキャッチ出来た。結局この戦法で最高37cmを筆頭に5匹をゲット。久々に短時間の釣行ながら2ケタの好釣果に恵まれ、何とも言えず右手の親指の荒れたザラザラが心地良く感じたのであった。

さて次回は「稲豊橋」「常総橋」を紹介しよう。もちろん実釣報告もお楽しみに。

-広場上ジャングル-

小貝川バスポイントガイド vol.7:イメージ6

-DATA-

場所:
茨城県伊奈町付近
交通:
関東鉄道常総線新取手駅より車で15分
駐車場:
土手沿いに駐車可能
トイレ:
なし

※小貝川でのマナーの悪さが目立ちます※

最近小貝川ではマナーの悪さから、釣り禁止やスロープの閉鎖が各地で行われるようになりました。
アングラーだけでなく、ジェットや、ウェイクをされる方も含め、最低限のマナーは守るようにしてください。
・ゴミに対する責任を持つ
・生き物、植物、環境を大切にする
・一般常識的、道徳的なモラルのある行動を心掛ける
釣りをする前にもう一度本当にマナーが守れているかチェックして出掛けましょう!

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る