フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 利根川バスポイントガイドフィッシングレポート:トップページ小貝川バスポイントガイド vol.5 »

バスフィールド vol.4 鳴見ダム

Jul.23, 2002 ミディアムの宝庫

バスフィールド vol.4 鳴見ダム:イメージ1

これは私の独り言だが、長崎のフィールドの中でも、魚影の濃さではトップクラスの鳴見ダム。このダムが完成した当時、ダム管理の役所がバスを放流したと言う話を聞いたことはあるが、あくまでも人から聞いた話なので、信憑性に欠ける。しかし、この魚影の濃さ、体型のバランスは、ゲリラ的放流で増えた数ではなさそうだ。やはり、そっせんして大放流しなければ、短期間でこんな均一にバランスの取れたバスの数にはならないと思うが・・・。まぁ、そんなことはどうでもいい話だが、やはりそれだけヒット率がいいということになる。事実、スポーニングの時期には、アベレージ35~40オーバーの100匹以上は居ろうかと言うバスの大群に遭遇し、1キャスト、1ヒットの20連チャン近い、連続ヒットを経験した思い出がある。それだけではない、ここのバスはプロポーションがとにかく良い。他のバスとの体型の差があまりなくバランスが取れている。と、言うことは、この鳴見ダムは主食になるベイト類が豊富で、水質も良く、バスストラクチャーの条件としては申し分ない地形を形成していると言うことである。

長崎市の北西に位置する鳴見ダムは、地元アングラーの中では有名なバススポットである。極端な大型の存在こそないが、40オーバーのミディアムサイズはコンスタントにヒットしてくれる。トップ、シャロー、ミッド、ボトム、すべてのレンジで反応はいいようだ。特にシャロー~ミッドレンジに複雑なストラクチャーが存在する為、ここを重点的に攻めると、いい結果をうみだせる(それも、時期と攻略次第だが・・・)。

バスフィールド vol.4 鳴見ダム:イメージ2

ここでの攻めは、アプローチさえしっかりしていれば、岸からで十分だ! 過去にボートも降ろした事はあるが、私的には結果として、あまり変わらないように感じる。なぜ岸からで十分なのか!それは、岸からほぼすべてのエリアに入れるからだ。ダムが減水している時には簡単に回ることができる。ターゲットエリアとしては、ダムサイト左側が足場が良くおすすめである。

バスフィールド vol.4 鳴見ダム:イメージ3

まず、手前のダムサイト左右の放水口。ここには年中着いている。ブルーギルの大型もいるので、フライでもおもしろい。また左岸にはウィード、カケアガリ、ゴロタ石、岩盤、人口石積み、小さなワンドなどが存在するので、これらを攻めながら釣り歩くといいだろう。

一番奥には流れ込みが2本ある。1本目は左側にある。ここは上記で話したように過去にバスの大群を目撃したところである。このエリアには必ず着いているので、あらゆる角度から攻めたい。続いて、2本目の右側の流れ込みであるが、ここは流れ込みよりも、その脇にある人工石積みのストラクチャーを狙って欲しい。この石積みは50mほど続いているので50m釣り歩いて行くうちに1枚はキャッチ出来るだろう。

バスフィールド vol.4 鳴見ダム:イメージ4

その先を行くと段々畑が湖底に沈んでいる。増水時にはわかり難いが、減水時には現れるので、ここを狙ってみるといいだろう。いい条件が重なった時には、ここに数十匹はたむろしていることが結構あるので注意してアプローチして欲しい。アプローチ次第では枚数を稼げるエリアである。以上、このようなコンディションの良いフィールドも年々減少しているので、大切にしたいものだ。

ここまでのアクセスは国道206号線 西友(道ノ尾店)を通過後、横道交差点で左折、県道28号線に乗り、滑石(なめし)トンネルを過ぎると、光風台と言う看板が見えてくる。そこを鳴見台の方へ右折する。鳴見台小学校の校門を過ぎて500mほど進むとダムサイトが見えてくる。

-DATA-

場所:
長崎県長崎市鳴見町
交通:
国道206号線 横道交差点から、県道28号線 滑石(なめし)を抜け鳴海台小学校先
駐車場:
ダムサイト付近に駐車スペースあり
トイレ:
ダムサイトにあり
食事:
近くの鳴見台団地の中にスーパーあり
ボート:
長崎のダム貯水池は監視が厳しいので基本的にNO 過去に降ろした事はあるが・・・・
Field Deta:
人造湖 岩盤、カケアガリ、ゴロタ石、ウィード、放水口、流れ込み、イカダ、遠浅、人工石積み、ダムサイト 周囲約3km
Others Fish:
ブルーギル、カープ、過去にレインボー放流の噂もあったが・・・
コンディション:
年中ほぼ安定している 手前のダムサイト付近は人の出入りが激しいのでスレ気味 奥はコンスタントに出てくる
Warning:
蜂、マムシに注意! ここでのトラブルは今までにはないが、巨大蜂とマムシは見かけるので注意したほうがよい
マナー:
ラインブレイク後のラインをよく見かけるが、自分のテクニックの無さがラインブレイクを招く それをフィールドに捨てる・・・そしてその恥を他のアングラーに見せているのと一緒である! 自然は人工物をろ過しない・・・。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る