フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 小貝川バスポイントガイド vol.5フィッシングレポート:トップページ小貝川バスポイントガイド vol.3 »

小貝川バスポイントガイド vol.4

Jul.24, 2002

小貝川バスポイントガイド vol.4:イメージ1

茨城県南部、利根川に注ぐ小貝川は、霞ヶ浦・牛久沼・利根川とメジャーバスエリアに隠れた存在のフィールド。今回はポイントガイド第四弾だ。

小貝川バスポイントガイド vol.4:イメージ2 小貝川バスポイントガイド vol.4:イメージ3

小貝橋
ここは岸際の変化に飛んでいるエリア。橋下流の南岸は小さめのテトラが整然と組まれている。水深は意外に浅く、時折見えるヤマベやモロコなどのベイトに会わせてトップウォーター、ミノーなどで小魚を演出できる物がGood!穏やかな夕マヅメ時には突如始まるボイルにも期待だ。橋上流部の北岸には、テトラがランダムに組まれていて水深がある上に流れもぶつかり攻略にはひと工夫が必要。それはテトラの隙間への落とし込みだ。えっ?どこがひと工夫かって?気が早い人はもう疑いの目?まー落ち着いて。ここからがミソなのだ。ワームなどの一般的な落とし込みではなく、スプーンを使った落とし込みなのだ。水流のぶつかるテトラでは、テトラの隙間と言えど、渦をまいていたりして流れの影響が避けられない場合が多い。そんなときには、その複雑な流れを利用してしまう。そんな場合が、スプーン登場のシチュエーション。流れや渦に自然と揺られて、水中でキラキラと変化に飛ぶ様はまさに小魚。バスにとってもアピール度満点なのだ。是非お試しあれ。

小貝川バスポイントガイド vol.4:イメージ4

町立公園前
小貝橋から1キロほど上流の南岸にある、藤代町の運動公園。ここの前は階段状のスロープなどが整備されていたり、木立の合間の岸際ありとアプローチの良さとムードはいい。ゆるやかにベントしているスポットなので流れの影響はあるが、水中にはゴロタ石が点在していることもあってバスのフィーディングスポットでもある。バイブレーションなどでスピーディーに攻めると良いだろう。

小貝川バスポイントガイド vol.4:イメージ5

伊丹水門
ここには、主水門と排水機上の二つの堰がある。増水期でも比較的水深が浅いのであまり期待出来ないが、台風後の大幅な増水の時がチャンスだ。排水機上側の放水口には小さなワンドがあり、ベイトがたまりやすい。低質は砂地でさほど水深はないが、少しでも水位があがっていたらキャストする価値有り。さらに増水した時にはワンド一段上の石敷きの護岸が水没する。ここにはウィードも生えておりグラビングバズでピロピロっと攻めてみよう。サイズこそものたりないが連続ヒットも十分楽しめるだろう。主水門付近はさほど実績がないので厳しいが、水位次第ではバスが入り込んでいるのでタイミングの見極めが大事だ。

今回紹介した3つのポイントを検証したのは前回と同じ7月24日。同じく小学校3年生の甥っ子と二人での釣行だ。この日はやや東風が吹いており川辺はうだるような暑さの中でもやや涼しい状況。まずは夕方5時ごろに小貝橋移動。橋下流側の護岸にはヘラ師が数人陣取っていて手を出せないので橋上流側のテトラ地帯にポイントを絞った。この時期はどこのポイントもそうなのだが、水際にはアシなどの草がかなりの勢いで茂っていてなかなか思うようにアプローチが出来ないことが多い。この時も結局テトラ帯の上護岸からのアプローチ。ここ最近の台風の影響からかやや増水気味なので、テトラも殆どが水没している状況。ミノー、グラブ、スピナーベイトと一通りの攻め方を試すもアタリなし。スパッと見切って移動!移動!次のポイントに期待だ。そしてたどり着いたのが町立公園前のスロープ一帯。ここは南岸なので風がダイレクトに当たってしまうが気にしない!スロープ脇はゴロタ石が敷き詰められている上に小さなワンド状になっているスポットがあるので波をブロックしてくれる。そのようなスポットを重点的に私はセンコーノーシンカー、甥っ子はグラブのズル引きとキャスト&キャスト!背後に鬱そうと茂る木々には先日の台風の増水で流されたゴミや草が引っかかっていて、所々の木はボキッと折れているものも見られる。「水の力はすごいな~」などと感心しつつも一心不乱にキャストの鬼と化する私と甥っ子。でも毎度のごとくノーバイト。実釣報告で釣れないのを紹介しているのは全く忍びないのだが、こればっかりは致し方ない。釣れる時もあれば釣れない時もあると言うのはみんなも理解してくれるだろう。その気持ちに甘えて!?話しを先に進めよう。結局ものの15分のキャストの末に「移動するぞ」と私の言葉に「もう行くの?」とは甥っ子。彼はここ最近急に釣りに目覚めたのか、かなり釣りに対する情熱を持ち始めているようだ。そんな甥っ子に一匹でもという私の優しい親心ならぬ叔父さん心は微笑ましいでしょ?!そんな能書きはいいけど、次に向かった伊丹水門は増水時に期待が出来るポイントだけに移動中もはやる気持ちを押さえられずにいたのだが・・・。結局到着してみると、水門大開放の上に増水で底荒れ&極端な低水位。先行者の人に様子を聞くと全くダメとの話し。ならばと潔くあきらめ次なるポイントへ車を走らせた。

-DATA-

場所:
茨城県北相馬郡藤代町・筑波郡伊奈町付近
交通:
JR藤代駅より車で15分
駐車場:
町立公園、伊丹水門にあり
トイレ:
町立公園にあり

※小貝川でのマナーの悪さが目立ちます※

最近小貝川ではマナーの悪さから、釣り禁止やスロープの閉鎖が各地で行われるようになりました。
アングラーだけでなく、ジェットや、ウェイクをされる方も含め、最低限のマナーは守るようにしてください。
・ゴミに対する責任を持つ
・生き物、植物、環境を大切にする
・一般常識的、道徳的なモラルのある行動を心掛ける
釣りをする前にもう一度本当にマナーが守れているかチェックして出掛けましょう!

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る