フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 利根川バスポイントガイドフィッシングレポート:トップページ利根川バスポイントガイド »

小貝川バスポイントガイド vol.2

Jul.22, 2002

茨城県南部、利根川に注ぐ小貝川は、霞ヶ浦・牛久沼・利根川と、メジャーバスエリアに隠れた存在のフィールド。今回はポイントガイド第二弾だ。

八間広場合流付近
この場所は、牛久沼からの流れ出しの水路の八間堀が小貝川に合流するポイント。ここは他のポイントに比べて魚影が濃いが、アベレージサイズは30センチ前後。さらに本流が台風の後に増水して濁った時でも、ここの広場までは濁りが入ってこないので比較的魚が集まりやすい。しかし、かなり知られたポイントなのでプレッシャーも高く釣りづらい面がある。さて肝心の攻略エリアだが、ここでは小貝川本流付近よりも、合流部から200 メートルほど牛久沼方面へさかのぼった八間堀水門広場がベスト。ここは足場もいい上に駐車場もあるから安心だ。ここの広場は外側と内側二つのポイントに分けられる。

小貝川バスポイントガイド vol.2:イメージ1

まずは外側の広場だが、冬場の減水期には広場一帯が完全に干上がってしまっているが、今現在の増水期には、ワンド内の中央部にアシ原が広がっている。いかにも・・・と言う、よだれが出そうなアシ撃ちポイントだ。アシ際の水深は約80センチ程度。ここのアシの中にバスが入り込んでいるのだが、アシ中央部には陸っぱりでは手が届かないので、攻めるスポットはアシ際に限られてしまう。当然みんなが攻めるスポットなので一筋縄では行かない。そこで少しでも違った攻め方が有効。その中でベースとなる攻略ヒントが、「ポーズ」だ。ノーシンカーのグラブやワームで静かにキャスト。その後はひたすら待つ。長いときは5分くらいそのまんま・・・なんてのもいいぞ。そして忘れてならないスポットが、ワンド奥の水門へと続く水路。増水時は沈んでしまってわからないが、ワンド内の岸沿いとなぞるように護岸で固められた水路なのだ。ここをヘビキャロやクランクで丹念に探ってみると良いだろう。朝夕のマヅメ時にはバスのボイルに遭遇するチャンスも高い。その時は、ミノーのジャーク、バイブレーションのただ巻き、と手変えし良くするのがミソだ。

そして内側の広場は通称「排水機場ワンド」。ここはすぐそばに駐車場もあり、国道6号線からもすぐの為、アクセスも抜群。常磐線からも見えるということもあってかなり知られたポイントだ。当然ハイプレッシャーは覚悟していただこう。広場を見渡すと何のストラクチャーもないワンドだが、隠れ杭・沈船・コンクリートブロック・馬の背、と水面下に豊富にストラクチャーはある。根掛かりの少ないスピナーベイトなどで大胆に攻めると良いだろう。

小貝川バスポイントガイド vol.2:イメージ2

この日は連続で続いた台風の影響からようやく水位が落ち着いてきた。しっかし太陽ギラギラ、セミがジージー。やって来ました夏本番!暑さですっかり私はバテバテ・・・。なんて状態の私・・・。当然バスもバテバテのサマーパターンどっぷりの状態だろうと推測。こういう暑い日などは、効率よく朝・夕マヅメに絞って釣行した方がいい。もちろん、日中でも釣れるだろうけど、やっぱり暑くて魚よりもこちらがバテバテ。そんなこんなで夕方5時に八間機場に到着。まずは内側の機場ワンドを素早く攻略。風もなく穏やかな水面を小気味よくミノーで「チョンチョンチョン」とトゥィッチ。しかしくまなくポイントを探るもノーバイト。さらにグラブのテキサスで底をズル引きでアタックも効果なく沈黙したまま。一カ所で粘るのもいいけどポイントはまたまだあるさ!とばかりに、スパッと見切って外側の広場に移動とした。するとこれが大正解!適度に風がさらさらと吹き抜け水面は微かなさざ波状態。葦はさらりさらりと風にたなびきムード抜群。「ボイルが期待出来るぞ!」と意気込んで慎重にアプローチを開始。葦際へグラブのテキサスをショートピッチでマシンガンのごとく撃ちまくる。その後一心不乱にキャストを繰り返すこと30分、意気込みとは裏腹にまたまた沈黙のバス君たち。しばしの休憩とばかりにタバコを一服・・・とその時、「ピョンピョン」と水面を跳ねるベイト。そして「パシュッ」というバスのアタック!ボイルだ!トップウォーターにルアーチェンジですかさずキャスト。シュルシュル、ポチャ、ガポッ・・・バイトだ!着水と同時のバイトに慌てずスイープフッキング。ようやく手にしたファーストバスは30センチと不満足なサイズ。間髪入れずにセカンドキャスト、サードキャストと繰り返すと、バイトしてくるバスは同サイズ止まり。すっかり辺りも夕闇につつまれていたので撤収した。結局この場では合計4匹のゲットだったが、トップでのエキサイティングなバイトを堪能することが出来たから良しとしよう。

注意する点をひとつ。ここは他の釣り人(ヘラ・コイ)なども多いのでくれぐれもトラブルだけには注意しよう。お互いマナーを守るのが大切だ。

-八間外広場-

小貝川バスポイントガイド vol.2:八間外広場

-排水機上ワンド-

小貝川バスポイントガイド vol.2:八排水機上ワンド

-DATA-

場所:
茨城県竜ヶ崎市国道6号線付近
交通:
JR佐貫駅より車で5分
駐車場:
あり
トイレ:
なし

※小貝川でのマナーの悪さが目立ちます※

最近小貝川ではマナーの悪さから、釣り禁止やスロープの閉鎖が各地で行われるようになりました。
アングラーだけでなく、ジェットや、ウェイクをされる方も含め、最低限のマナーは守るようにしてください。
・ゴミに対する責任を持つ
・生き物、植物、環境を大切にする
・一般常識的、道徳的なモラルのある行動を心掛ける
釣りをする前にもう一度本当にマナーが守れているかチェックして出掛けましょう!

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る