フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« スーパーライズなヤマメ 多良水系フィッシングレポート:トップページ湖東、西の湖河口の陸っぱり »

小貝川バスポイントガイド vol.1

Jun.23, 2002

小貝川バスポイントガイド vol.1:イメージ1

茨城県南部を流れる利根川。その流入河川のひとつが小貝川だ。バスフィールドとしては、霞ヶ浦・牛久沼・利根川と、メジャーエリアに隠れた存在のフィールド。地元では古くからのバスフィールドとして知られた存在であった。しかしここ数年、他県ナンパーの車も現れ、もはや知る人ぞ知るというフィールドでなくなってしまった。しかし、まだまだ小貝バスは健在。今回は小貝川の利根川合流付近から、遡っていく形でポイントガイドを紹介しよう。

小貝川バスポイントガイド vol.1:イメージ2

さて、詳しいポイントガイドは・・・その前に小貝川の特徴をおさらい。小貝川は典型的な農業用河川だ。そして何より特徴的なのが、冬場の極端な減水・河川工事、さらに頻繁な水位の増減。一年を通して見ると、4月に田植えの時期を前に水門を閉めてから8月までは満水期。台風シーズンの9月から3月までは減水期と分けられる。そのような特徴の中でも、バスのコンディションすこぶるいい。これもリバーバス特有の筋肉質のマッチョ系ならではと言えよう。しかしそれだけではないのが、小貝バスのミソ。そのコンディションに関わる要因として一説によると、冬場の減水期の極端な水位低下によって自然とシャローが干され、川底にたまったヘドロなどが乾燥。その後、満水期を迎えた川底のシャローは、魚にとって居心地の良い環境に・・・。典型的なシャローフィッシュのバスにとっては、うれしい限りだ。遠くバスの本場、アメリカのフロリダにある「レイクキシミー」のドローダウンは、意図的に水位を下げてシャローを整備し、魚の生育環境を良くするというもの。小貝川では自然と、このドローダウンが毎年行われているのだ。

小貝川バスポイントガイド vol.1:イメージ3

さてさて肝心の、今年の全体的な小貝バスの傾向はと言うと、あまり調子がいいとは言えない。カスミなども低調と言われ、アングラーの中には「もはや絶滅危惧種だ」とまでささやく声もある。小貝川も同様だが、釣れないことはない。今年は例年になくベイトが豊富で、環境的にはいい感じがしているのだ。やや気候が冷え込む日が多いので一時期の低活性と思っている。夏場になれば今までの低調気味を吹き飛ばして爆発してくれるだろう。

小貝川バスポイントガイド vol.1:イメージ4

最下流・豊田積
利根川合流部に近く最も下流の水門。ここは周囲がコンクリート護岸で固められているので、足場はすこぶる良い。しかし目に見えるポイントは水門付近のみ。水門の中央は流れもあってやや攻めづらいので、比較的水流が穏やかな水門の両サイドが狙い目。このスポットには、流されてきたゴミ・流木が沈んでいてバスが着きやすい。しかし居着きというわけでなく比較的スクールで回遊している傾向なので、ワームでじっくりというよりは、クランクベイト・スピナーベイトで底をスローに引くと良いだろう。そしてここのキーは、ズバリ「水通し」。夏場は特におすすめだ。

小貝川バスポイントガイド vol.1:イメージ5

高須橋
この橋周辺は一見すると何の変化もない。さらに両岸ともコンクリート護岸に覆われ、いかにも「バスの着き場はありません!」と言う様相。しかし、橋の下流に、流れと平行に並んでいる杭がある。満水期には沈んでいるのでわかりづらいが、この杭にはゴミなどが流れついていて、そこにはベイトが寄りつくので格好のストラクチャーだ。ワームのテキサス・ヘビダンで、ダイレクトに狙うのがベスト。さらに周辺には、まばらに隠れた杭・深くえぐれたスポットも点在しているので、スピナーベイトなどで広範囲に探ると良いだろう。ビッグワンの実績も高い。

次回は牛久沼合流部より上流を紹介していこう。

※小貝川でのマナーの悪さが目立ちます※

最近小貝川ではマナーの悪さから、釣り禁止やスロープの閉鎖が各地で行われるようになりました。
アングラーだけでなく、ジェットや、ウェイクをされる方も含め、最低限のマナーは守るようにしてください。
・ゴミに対する責任を持つ
・生き物、植物、環境を大切にする
・一般常識的、道徳的なモラルのある行動を心掛ける
釣りをする前にもう一度本当にマナーが守れているかチェックして出掛けましょう!

-DATA-

場所:
茨城県北相馬郡利根町
交通:
JR取手駅より車で20分
駐車場:
土手沿いに駐車可能
トイレ:
なし

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る