フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 春浅き谷の初ヤマメフィッシングレポート:トップページ遠野山女魚物語。 »

山上湖のサクラマス

May.10, 2002 山上湖のトラウト達。

山上湖のサクラマス:イメージ1

解禁から猛ダッシュ。四月の解禁から、一ヶ月間の釣行記を纏めてみました。穏やかに解禁を向かえて、早一ヶ月の山上湖。田子倉湖は、福島県南西部に位置するトラウトフィールドである。今シーズンのベストコンディションは、例年より二週間も早く訪れた。豪雪地帯の只見町なのに、今シーズンは窮めて残雪が少なかった。此処二十年来田子倉湖の解禁と共に釣行しているが、ダムサイトまで車で途坂できたのは数えるぐらいしかない。解禁から一週間後の釣行では、水位と水色が気掛かりだったが、国道から湖面を見下ろすと例年通りに一安心。除雪済みの国道を、只見沢方面に三㌔程歩いてから、約50mのガレ場を降り湖面に出た。初釣行のキャストコースは、展望台に駐車して、田子倉沢まで歩いてから神社下まで戻る半日コースを選定。

山上湖のサクラマス:イメージ1

「早春期のサクラマス攻略法。」田子倉沢ワンドは、奥行き約2㌔程の袋状の入り江になっており、小さな流れ込み周辺には倒木や立ち木が今尚残っている。このフィールド環境から、当然イワナの着き場になっている。6.6フィートのベイトロッドに、オリジナル10gスプーンをセット。大型のイワナに備えて、ルアーカラーはダークグリーンとパープルシャドーをセレクト。キャスト開始から約一時間程して、小さなイワナ(32cm)が足元でヒット。湖産イワナにしては、未だ幼魚なので素早くリリース。ところが、それ以後、全くアタリも無いではないか。水温4度。気温8度。時計は、午前9時を示していた。私が足場を確保していたのは、山陰に位置していたため日が当たらず、ワカサギの群れが浮上していない事に気が付いた。ワンドの入り口付近まで移動して、ガレ場から再度キャストを試みる。ファーストキャストは、湖の湖岸線に25m程キャスト。水深が浅いので、着水して直ぐにリーリング。セカンドキャストは、湖岸線からセンター寄りにシュート。カウントダウンは、約3m。次はセンター方向にフルキャスト。カウントダウンして、ハンドルを数回廻した時大きなあたりがグリップを直撃。来ましたキマシタ。この感触。遠目でヒットしたトラウトは、一瞬こちらに向って走る時があります。この時ラインが緩むと反転時にバレてしまう事がある。ヒットアクションと同時に、一気にハンドルを巻上げます。反転された時、ライン切れを防ぐ為には、ドラグ調整は必ずしておかなければなりません。ようやく魚体を確認。デカイ!思わず緊張したがランディング成功。51cmの見事なサクラマスだった。因みに、日のあたるガレバ地帯に備えて、パールオレンジをセッテングしていた。(桜カラー)サクラマスの回遊パターンは、尾根が湖面に落ち込む突端や風通しいいワンド等に寄って来る事が多い。

山上湖のサクラマス:イメージ3

「湖産イワナのヒットアックセス」船着場周辺は、絶好のイワナのポイントだ。この周辺は、ガレバ地帯なのだが大木の切り株が多く、イワナの隠れ家に向いている。昨年も此処で、極太の大物を射止めている。岬を廻ったところに先客がいた。何と、既に先行者にキャッチされているではないか。魚袋の感じから、50cm以上かな。してやられたと思いつつ、キャストを開始した。30分程して、湖面に浮上していたワカサギの群れが、私のルアーを見て一目散に逃げ惑った。是は、近くに何かが潜んでいると感じた。ワカサギが逃げたと言う事は、数時間以内に追われている証拠だからである。しかし、其の場所で粘って見たものの、追う姿も無い。先程の釣り人に、キャッチされただけだったのかと諦めが過ぎった時、いきなり衝撃が飛び込んできた。其の感触は、湖底に向ってルアーを引き込もうとしている。イワナだ。それもデカイ。6ポンドラインだったので安心はしていたが、切り株に絡まれたらランディングは不可能になる。ドラグをコントロールしながら、慎重にリーリング。ようやく黒い魚体が、ふわりと浮上してきた。一発でキャッチ。思った通り、53センチの極太イワナだった。

山上湖のサクラマス:イメージ4

好調だった田子倉フィールドも、GW中余りの人の多さにビックリしたのか、一時の連続ヒットは見られなくなっていた。連休後直ぐに様子を伺いに釣行。田子倉駅前から、線路沿いに湖面に出た。水位も大分上昇していたが、湖岸帯のガレ場を通り越して流れ込みワンドにキャストポイントを確保。透明度は約二mと、極めてクリアだった。ダムサイト10g。ゴールドブレードに、ダークグリーン&ワンポイントレッドを施したルアーをセット。30m程キャストしてカウントダウン。ラインをフリーして、ロッドティップを水面から二度90度振り上げて、3m程ラインをリリースした。ひと煽りアクションを加えてから、スローリーリング。湖面の雰囲気から、ヒットの予感。3投目に、ファーストヒットしたのだ。一旦浮上した水面で、激しくティールウオークを繰り返すのを確認してサクラマスだと分かった。遊ばせる事もせず、一気に巻上げた。岬の突端まで、半日掛けてゆっくり探りを入れたお陰で、この日サクラマス3匹をキャッチ。これから入梅期となるが、田子倉のトラウトは未だ々狙えます。

-DATA-

場所:
福島県南会津郡只見町
交通:
東北自動車道郡山JCから磐越道坂下IC~R252経由1時間
駐車場:
展望台50台・田子倉駅前50台
トイレ:
展望台・田子倉駅
連絡先:
伊北漁協:0241-82-2074
日券:700円 年券:3,500円

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る