フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 遠野山女魚物語。フィッシングレポート:トップページ米代川に初挑戦 »

最上白川フライ旅

May.20, 2002 キャッチ&リリースフィールド

最上白川フライ旅:イメージ1

奥羽山系の新緑も日毎に色を濃くして、渓流トラウトの活力が益々高まってきた。東北道古川ICから、R47を経由して鳴子温泉方面に向う。今回のFF旅は、山形県最上地方の渓流を旅してきた。そのフィールドは、キャッチ&リリースリバーとして知られる最上白川だ。雪解けの低水温も終わりを告げて、葦の生長も50cm程に伸びてきた。まさに、これからがフライフィッシング本番を迎える。

最上白川フライ旅:イメージ2

この渓流の特徴は、堰堤が多いものの全般的にゆったりとした流れ(チョークストリーム)が続く。葦の群生がトラウトのポイントを形成し、水棲昆虫の生息も極めて良好である。今回のFFタックルは、ブッシュとハイバック(後方のボサ)を考慮して、オービス社のセブンイレブン#4番を使用。リーダーは 9F6X。フライは#16番、#14番。ドライフライをメインにして、白川橋の下流から入渓した。中州をウエーディングしながら、小さなカーブのオープンフィールド(瀬尻)にキャスト。水深は膝ぐらいまでだが、流芯サイドに窪みがあるトラウトの着き場だ。狙い通り、1発目にライズ。20cm級の小さなヤマメだが、しっかりとしたテールウォークで、来訪者を迎えてくれた。両岸は、コンクリートブロックで護岸されているものの、この川には中洲があるので流れが複雑に入り組んでいる。堰堤を二つほど超えた川柳の下で、ライズを発見。何を捕食しているのか、キャストを控えて暫く観察する事にした。

最上白川フライ旅:イメージ3

14番サイズの、ツツトビケラ(多分)らしきアダルトを岸辺で確認。この種類は、夕方近くになって羽化するのだが、15時過ぎにしては少し早いような気もした。#12サイズのカワゲラもいる事から、CDCダンをウイングにしたカディスタイプをセット。7m程のポイントにクロスキャスト。すかさず上流側にリーチを掛けて、ナチュラルドリフトを試みた。先程のポイントで再びライズ。予想していたので、スローアクションでもしっかりとフックアップ。引きの強さから、良型のヤマメと意気込んでランディング。何と、白い斑点も鮮やかなイワナだった。1時間ほど遡行すると、テトラの堰堤が数箇所崩れている落ち込みサイドを前にした。その深さとアンダーゾーンからは、何やら異様な雰囲気が漂う。狙いを定めてファーストキャスト。狭い枝をすり抜けてベストポイントに着水したのだが、柳の木にリーダーが掛かっている。そのまま流れてくれれば問題なかったのだが、こんな時にデカ魚がライズしてしまった。不安が的中。ヒットはしたもののビッグトラブル発生。腰までのウエダーでは、これ以上立ち込めないので、強引にロッドアップ。慌てた釣り人をあざ笑うように、音も無くティペットがプッツン。私はブッツンだった。

最上白川フライ旅:イメージ4

橋から数えて、4段目の堰堤下で小さいながらも25cmを頭にイワナが連続ヒット。その殆どが、14番ロイヤルウルフ。本当はヤマメ用にタイイングした筈なのにまるで逆だった。17時頃からポツリポツリとメイフライのハッチが多くなってきた。アカマダラカゲロウ。トビケラ類。コカゲロウ科。羽蟻からモンカゲロウ族も次々と姿を見せた。水面上のライズは殆ど無く、未だ変化は無かったのだがフライをイブニング用にセットした。イブニング用フライには、視認性がいいホワイトや蛍光色のウイングを取り付けている。早く言えば、インジケーター(目印)の役目をさせているのである。陽射しが水面に差し込む時間帯では、リーダーの影がトラウトに感ずかれてしまうので細くするのが定説。しかし、曇りや日没後ならそんな心配も薄らいでくる。

最上白川フライ旅:イメージ5

イブニングチャンスの狙い方は、じっくりと水面を観察してからフライをシュートする。自分の読みで闇雲にシュートすると、折角ライズするタイミングなのに場を荒らしてしまう事になり兼ねない。先ずは、トラウトにライズをさせることが肝心だ。もし、水面上にハッチしている昆虫がいたなら、その下にはトラウトが狙いをつけて追っている事が多い。ライズした場所をしっかりと覚えて置き、次のシュートは正確にする。これなら間違い無くヒットするだろう。上流部にあるキャンプサイト付近までは、半日ぐらいの遡行時間となる。

-DATA-

場所:
山形県最上郡最上町
交通:
東北自動車道古川ICからR47を経由して約1時間40分
駐車場:
河川敷
トイレ:
ダム下キャンプ場に有り
備考:
小国川漁協(0233-32-2892)日券1,000円 近くには瀬見温泉がある
参考HP:
ヨシ爺 野遊びWORLD

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る