フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 秋の加古川へ。40cmオーバーを狙う!フィッシングレポート:トップページルアーで攻める晩秋の小柿渓谷放流釣り »

和歌山紀ノ川バスフィッシング

Nov.10, 2001 超A級難度

秋が深まり、バス釣りも本番。こんな時期だからこそ行ってみたかった場所が和歌山を流れる紀ノ川です。バスの数では、近畿圏でも最も多い場所の一つに上げられる。しかし、釣れない・・・。アングラーの数も半端じゃなく多い。必然的に人的プレッシャーも高い。小生自身も過去10回以上は訪れた場所だが、あまりいい思いでがない。が、「あそこは、釣れる。」と言い放つ男がいる。我々の所属するバス釣りチームの会長である。彼は今年の春から秋にかけ、紀ノ川に通い詰めている。彼の話によれば、ボウズで終わった日はほとんどなく、多い日で1日に3本の40cmUPを手にしたことがあると言う。これは期待が持てる。早速、検証のする為。チームメンバー3人とともに紀ノ川釣行向った。

和歌山紀ノ川バスフィッシング:イメージ1

秋とはいえ朝は結構冷え込む。寒いうちは野池のほうが良い(?)という誰かの意見で手始めに山間にある某野池から攻めることに。和歌山は、野池が多いことでも有名で未開のポイントもあると聞く。メンバーに連れられて訪れたポイントは、野池というよりは2段になった中型のリザーバー。水深もありターンオーバーの影響か少し濁っている。ここでは、上段から下段へ流れ込みを形成しているインレットをバイブレーションで攻める。幸先よく小型のバスがヒット。がフッキング仕切れず手元でバレる。メンバーの一人もテキサスリグのカバー狙いでヒット。これもカバーに化けられブレイク。その後は、ダウンショットリグで、小生一匹、もう一人のメンバーが1匹、共に20cm強の小バスをゲットした。

野池はさておき、いざ本番、紀ノ川へ。まずは有名ポイントの田井ノ瀬に来た。以前はここも人気スポットであったが、頻繁に工事が行われおり水が堰きとめられたり、濁ったりでメッキリ状況が悪くなった。訪れるたびに地形が変わる。この日も地形が変わってしまっていると言う。会長の話では今年はここでかなりの実績を上げているとの事。前の週にも35cmクラスを2本釣り上げたとの事。大きなワンドの支流の流れこみをバイブレーションで攻める。スローな釣りも試してみるが反応がない。見えているのはニゴイだけ。地形が変わってしまったせいか、急激な気温の変化のせいか結局誰も釣れなかった。やはり厳しい。

和歌山紀ノ川バスフィッシング:イメージ2

本当に釣れるの?疑いの冷たい視線を運転する会長に送りながら、次に向かった先は川辺のワンド。我々の間では、ここは「水族館」と呼んでいる。(いつ行っても40cmUPのバスが悠々と泳ぐ姿を眺めることができる。)紀ノ川の中でもバスのストック量は一番だろう。しかし、彼らは近畿で一番のスレバスと呼んでも過言ではない。本物のヤンキーバスである。

和歌山紀ノ川バスフィッシング:イメージ3

川辺に到達するやいなや、テトラに並ぶ人の列を発見。なんと、すごい数のヘラー(我々の間では、へら釣り師の方々をこう呼んでいる。バス釣り師=バサーのようなもの。)トラブルを避ける為、テトラの一番奥への入る。ここはまた、結構な数のバサーがいる。約3mおきに並んでキャスト。いつもは、透明度が高いのだが、今日は少し濁り気味で水深50cmぐらいの魚影が薄っすらと見える程度。日も高いので、1/32ozのジグヘッドにスモールワームとフィネスな釣りを開始。底に落としてからゆっくりとトウィッチ。ツ、ツ、ツーとアタリがあり、巻き合わせで28cmのバスがヒット。憧れの川辺ヤンキーバスを手に感動。写真パチリッ。やや濁っていたのが良かったのかも。その後、1度アタリが出たものの続かず、他メンバーもノーヒット。

紀ノ川をあきらめ、大阪方面に向かい、途中山間部のリザーバーに立ち寄る。ここも濁りがきつい。水量が多い為、オカッパリからでは釣る場所が限られる。インレットで会長が痛恨のバラシ。今日はこの人はツキが無い。バラシた魚は、35cmはあろうかという我々にとっては結構いいサイズだった。結局その他メンバーは沈黙。日も傾いてきたので納竿とした。

検証の結果は、紀ノ川はやはり釣れない。いや、釣りにくい。ただし、釣れた時の感動は他で釣れるより、めちゃくちゃウレシイということがわかった。大阪からも阪神高速湾岸線や、阪和道を使えば比較的渋滞もなくいけるので、腕試ししたい方には特にお勧めします。川辺は、冬の越冬ポイントなのでこれから季節多くのバスを釣る、いや、眺めることができます。川辺ワンドのバスの釣り方、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。(願)

-DATA-

場所:
和歌山県北部
交通:
電車>JR和歌山線・田井ノ瀬駅、千田駅から各ポイントへ徒歩20分。
車>阪和自動車道・和歌山ICを降り国道24号線を橋本方面へ。一つ目の交差点を右折して約5分(田井ノ瀬)。(川辺)へは川沿いを東へ約5分。
駐車場:
南田井ノ瀬橋北岸に駐車スペースあり。
トイレ:
ポイントにはなし。国道24号にでれば、コンビニ等あり。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る