フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2001年10月フィッシングレポート:トップページ2001年12月 »

ルアーで攻める晩秋の小柿渓谷放流釣り

Nov23, 2001 紅葉も食も満喫!

冬が近づくに連れ、朝、布団から抜け出すのが億劫になる季節。管理釣り場の釣りが楽しみな季節がやってきました。小生も昨年から始めたばかりですが、これが結構楽しい。早速、釣りチームメンバーと二人で小柿渓谷の管理釣り場へ行ってまいりました。この釣り場は以前にもアマゴ餌釣りが紹介されておりますが、我々はルアーでマスを狙ってみました。釣り場は、三田市を流れる羽束川を利用しているので自然の渓流釣りの雰囲気が楽しめます。釣り場は、餌、フライ、ルアーがそれぞれ分けてある為、釣り方の違いでのトラブルは少なくないようです(一部、フライ、ルアーと共用区域あり)。

ルアーで攻める晩秋の小柿渓谷放流釣り:イメージ1

水はとてもクリアで、この時期の紅葉が水面に映しだされてとても美しい。アングラーのテンションも盛り上がります。水がきれいということは、逆に言うと視覚的な魚へのプレッシャーがかかる為、釣り難くなるようです。水量もさほど多くなく、川幅も狭い。とは言え放流魚、と最初は舐めておりました。

朝マズメこそ何度かアタリがありましたが、バラシまくり。細いライン(3lbのナイロン)でのアワセ切れが気になり、きっちりアワセられない。ラインを太くするとアタリが減ってしまう。それでも、シルバーのスプーンで20cmクラスのニジマスとブラウンを1匹ずつ釣り上げた。スピナーやミノーを投げてみるも今ひとつ反応なし。

ここで小生のシークレットルアーを取り出した。トラウト釣りの本場、ニュージランドで購入した「タスマニアンデビル」の登場だ(本当の名前は知らない。購入したパッケージにそう書いてあった)。このルアー、結構釣れるんです。昨年、他の管理釣り場でしたが爆釣した実績あり。スローリトリーブすると、左右にゆらゆらと木の葉が舞い散るがごとく泳ぐ(ニュージーランドでは、ポピュラーなルアーのようです。なんで日本の釣具メーカーは作らないの?)。

ルアーで攻める晩秋の小柿渓谷放流釣り:イメージ2

深底になっている川の流芯にキャスト。一投目、リトリーブを開始した途端、いきなりヒット!水しぶきを上げながら暴れ捲くる。結構いいサイズ。魚の引きをユルユルのリールドラグと竿のしなりでかわしながら、少しづつ岸へ近づけていく。この魚とのヤリトリがこの釣りの最大の魅力だと思う。慎重に時間をかけながら、弱らせてからランディング。ジャスト40cmのニジマス。これは持ち帰っていただくことにした。

ルアーで攻める晩秋の小柿渓谷放流釣り:イメージ3

その後、反応がなくなり厳しい状況に。そこへ救世主が軽トラに乗ってやって来た。羽束川漁業組合のおじさんたちだ。ここの放流サービスはとっても行き届いていて、状況を見ながら目の前で放流してくれる。遅れてやって来てもちゃんと放流してくれるので魚影の薄いエリアでも安心だ。放流開始後、いきなりパタパタと釣れ始めた。居残りの魚たちもつられて食いが立つようで、大物を掛ける人もおられました。適当に反応がある為、それなりに楽しめましたが釣果は伸びず二人合わせて8匹と大苦戦。周りを見ていると釣れている方は集中しておられました。ヒットパターンがあるようなのでそれを見つけるのもまた楽しいと思います。

組合のおじさんの話によれば、普段は水がクリアな為、ルアーの場合は前日多少雨が降ってささ濁り程度がよく釣れるとの事です。また休日はどうしても人が多い為、のんびり楽しむなら平日がおすすめ。タックルは、トラウト専用ロットが良いですが、ライトアクションのバスロッドでも十分楽しめます。ラインは、細めのライン(4lb以下)の方が反応がよいと思います。ルアーは、今回は2~4グラムぐらいの軽量なスプーンやスピナ―への反応が良かった様です。水量が増える可能性も考えて、もう少し重めなものも準備しておいたほうが良いかもしれません。(ソフトルアーは禁止です。)リリースをされる方は、フックをバーブレスにしておいたほうがいいです。小生が紹介したルアー、「タスマニアデビル」は、日本でも置いている釣具屋さんもあるので興味のある方は、よく探してみてください。また、もう一つの楽しみは持って帰えって食べること。40cmのマスは、赤身で油がノッており大変美味しゅうございました。シーズンはこれから。年明けにもなれば、居残りの魚も増えて魚影が濃くなります。寒くて釣りなんか…なんで言わないで、ぜひ挑戦してみてください。

-DATA-

場所:
兵庫県三田市小柿
交通:
「バス」JR三田駅より神姫バス「小柿」行に乗り終点で下車。釣場まで徒歩5分。
「自動車」中国自動車道・西宮北ICまたは神戸三田ICから国道176号線を篠山方面に向い、三輪の交差点を右折し、後川方面へ約15km(約20分)
駐車場:
あり
トイレ:
あり
その他:
期間/11月1日~5月上旬 6:00~17:00
定休日/毎週火曜日(祭日は除く)
料金/大人日券(中学生以上男性)3500円
女性、子供日券 2500円
魚種/アマゴ、ニジマス、イワナ、ブラウン、イトウ、ブルック、オショロコマ

和歌山紀ノ川バスフィッシング

Nov.10, 2001 超A級難度

秋が深まり、バス釣りも本番。こんな時期だからこそ行ってみたかった場所が和歌山を流れる紀ノ川です。バスの数では、近畿圏でも最も多い場所の一つに上げられる。しかし、釣れない・・・。アングラーの数も半端じゃなく多い。必然的に人的プレッシャーも高い。小生自身も過去10回以上は訪れた場所だが、あまりいい思いでがない。が、「あそこは、釣れる。」と言い放つ男がいる。我々の所属するバス釣りチームの会長である。彼は今年の春から秋にかけ、紀ノ川に通い詰めている。彼の話によれば、ボウズで終わった日はほとんどなく、多い日で1日に3本の40cmUPを手にしたことがあると言う。これは期待が持てる。早速、検証のする為。チームメンバー3人とともに紀ノ川釣行向った。

和歌山紀ノ川バスフィッシング:イメージ1

秋とはいえ朝は結構冷え込む。寒いうちは野池のほうが良い(?)という誰かの意見で手始めに山間にある某野池から攻めることに。和歌山は、野池が多いことでも有名で未開のポイントもあると聞く。メンバーに連れられて訪れたポイントは、野池というよりは2段になった中型のリザーバー。水深もありターンオーバーの影響か少し濁っている。ここでは、上段から下段へ流れ込みを形成しているインレットをバイブレーションで攻める。幸先よく小型のバスがヒット。がフッキング仕切れず手元でバレる。メンバーの一人もテキサスリグのカバー狙いでヒット。これもカバーに化けられブレイク。その後は、ダウンショットリグで、小生一匹、もう一人のメンバーが1匹、共に20cm強の小バスをゲットした。

野池はさておき、いざ本番、紀ノ川へ。まずは有名ポイントの田井ノ瀬に来た。以前はここも人気スポットであったが、頻繁に工事が行われおり水が堰きとめられたり、濁ったりでメッキリ状況が悪くなった。訪れるたびに地形が変わる。この日も地形が変わってしまっていると言う。会長の話では今年はここでかなりの実績を上げているとの事。前の週にも35cmクラスを2本釣り上げたとの事。大きなワンドの支流の流れこみをバイブレーションで攻める。スローな釣りも試してみるが反応がない。見えているのはニゴイだけ。地形が変わってしまったせいか、急激な気温の変化のせいか結局誰も釣れなかった。やはり厳しい。

和歌山紀ノ川バスフィッシング:イメージ2

本当に釣れるの?疑いの冷たい視線を運転する会長に送りながら、次に向かった先は川辺のワンド。我々の間では、ここは「水族館」と呼んでいる。(いつ行っても40cmUPのバスが悠々と泳ぐ姿を眺めることができる。)紀ノ川の中でもバスのストック量は一番だろう。しかし、彼らは近畿で一番のスレバスと呼んでも過言ではない。本物のヤンキーバスである。

和歌山紀ノ川バスフィッシング:イメージ3

川辺に到達するやいなや、テトラに並ぶ人の列を発見。なんと、すごい数のヘラー(我々の間では、へら釣り師の方々をこう呼んでいる。バス釣り師=バサーのようなもの。)トラブルを避ける為、テトラの一番奥への入る。ここはまた、結構な数のバサーがいる。約3mおきに並んでキャスト。いつもは、透明度が高いのだが、今日は少し濁り気味で水深50cmぐらいの魚影が薄っすらと見える程度。日も高いので、1/32ozのジグヘッドにスモールワームとフィネスな釣りを開始。底に落としてからゆっくりとトウィッチ。ツ、ツ、ツーとアタリがあり、巻き合わせで28cmのバスがヒット。憧れの川辺ヤンキーバスを手に感動。写真パチリッ。やや濁っていたのが良かったのかも。その後、1度アタリが出たものの続かず、他メンバーもノーヒット。

紀ノ川をあきらめ、大阪方面に向かい、途中山間部のリザーバーに立ち寄る。ここも濁りがきつい。水量が多い為、オカッパリからでは釣る場所が限られる。インレットで会長が痛恨のバラシ。今日はこの人はツキが無い。バラシた魚は、35cmはあろうかという我々にとっては結構いいサイズだった。結局その他メンバーは沈黙。日も傾いてきたので納竿とした。

検証の結果は、紀ノ川はやはり釣れない。いや、釣りにくい。ただし、釣れた時の感動は他で釣れるより、めちゃくちゃウレシイということがわかった。大阪からも阪神高速湾岸線や、阪和道を使えば比較的渋滞もなくいけるので、腕試ししたい方には特にお勧めします。川辺は、冬の越冬ポイントなのでこれから季節多くのバスを釣る、いや、眺めることができます。川辺ワンドのバスの釣り方、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。(願)

-DATA-

場所:
和歌山県北部
交通:
電車>JR和歌山線・田井ノ瀬駅、千田駅から各ポイントへ徒歩20分。
車>阪和自動車道・和歌山ICを降り国道24号線を橋本方面へ。一つ目の交差点を右折して約5分(田井ノ瀬)。(川辺)へは川沿いを東へ約5分。
駐車場:
南田井ノ瀬橋北岸に駐車スペースあり。
トイレ:
ポイントにはなし。国道24号にでれば、コンビニ等あり。

ページのトップに戻る