フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 岡山、吉井川のパターンフィッシングフィッシングレポート:トップページ秋の加古川へ。40cmオーバーを狙う! »

晩秋の十和田湖

Oct.13, 2001 ヒメマス&サクラマスを狙う。

晩秋の十和田湖 :イメージ1

十和田湖は、周囲53km。最深部は、327mのカルデラ湖で、秋田県と青森県との県境に位置している湖である。その水色は神秘的な程クリアブルーで、四季折々の美しい風景が観光の中核となっている。秋田県側からは、東北自動車道小坂ICから十和田大館樹海ラインを抜けて発荷峠を下ると、約1時間足らずで湖畔の和井内地区に着く。青森県側の十和田湖町からは、日本で一番美しい渓流といわれている奥入瀬渓流がR102に沿って流れている。

晩秋の十和田湖 :イメージ2

私が十和田湖に通い始めてから、もう20年ぐらいになる。目的は、巨大なサクラマスと美味しいヒメマスを狙う事に合った。以前は、ヒメマスを増やす為にサクラマスを少なくしていたが、近年は両種とも魚影が濃くなってきた。この湖のサクラマス&ヒメマス解禁は、例年10月1日から翌年の6月20日までと7月11日から7月20日間と、他のトラウトフィッシング期間とは大きく異なっている。今年も、解禁当初からビッグフィッシュの便りが届いて、早速釣り支度を整えてロッド片手に美味しさを求めて旅をしてきました。

晩秋の十和田湖 :イメージ3

一般的にヒメマス釣りは、疑似鈎で群れを狙う事になる。その泳層を的確に知るために、最近では魚群探知機を使う釣り人が多くなっているが、私はあくまでも遊魚者だから気ままにラインを流している。その釣り方だが、9フィートのローモディラス(軟調)ロッドに、ABU7000Cベイトリールをセット。ストックラインは、レッドコア(鉛線入り組糸)100ヤードにナイロン5号を30m。釣り仕掛けは、中禅寺湖などで使用しているペラをセッティングする。この回転を利用してヒメマスを惹きつけるのだが、地元では化け針(疑似毛鉤)を7本前後付けたドブ釣り法で狙うようだ。休屋地区のボート屋からAM5時頃に出船。未だ10月だというのに、朝の気温が10度以下だから寒さが堪える。先ずは、輪井内付近(禁漁区有り)を目指してトローリングを開始した。このヒメトロ仕掛けは、回転ブレートとなる銀色のペラが光を反射させて、ヒメマスが捕食するプランクトンやワカサギの群れと錯覚させるのだ。ヒメマスは集団で回遊しているから、群れにさえ遭遇すれば入れ掛りなる。一時間ほどで、最初のアタリが入ってきた。ロッドの先に鈴を取り付けているので、ヒットは明白である。ゆっくりとリールを巻上げるが、此処でラインを緩めてはいけない。ヒメマスの口元は、非常に柔らかくバラしてしまう事が多いからだ。最初の獲物は、丸々と太った30cm以上のヒメマスだった。次々にヒットし始めた。この間約30分ぐらいで、7匹の収穫に大満足。

晩秋の十和田湖 :イメージ4

早朝のヒメマス釣りを終えてから、次なる獲物は巨大なサクラマスだ。ロッドスタイルは同じだが、ペラ仕掛けは使用しない。レッドコアラインに5号のリーダーラインを約5メートル。其処に集魚版となる自作のドジャー(長さ10cm幅5cm)をセット。ドジャーの後部から3号のハリスを1m付けてスプーンルアーを取り付ける。トロールするスピードは約5k程、ヒメマスの時より倍ぐらいのスピードで湖岸体のポイントを流して行く。和井内から滝ノ沢キャンプ場方面に向っていくが、トロールのスピードだと半日も掛かってしまうので、小沢の流れ込みをメインに探っていくのがヒッティングのコツだ。詰まり、ヒメマスもサクラマスも、この時期は産卵遡上する体制になっているからワンド付近に寄っている。十和田湖ホテル付近で、大きなアタリ。ボートのハンドルを湖内に向けながら、慎重に巻上げたがバレてしまった。湖岸ぎりぎりでトロールしていた時、湖岸よりのロッドにヒットしたため無理に方向を変えようとしたからだ。二本のロッドを流していたので、走ったままキャッチしようとした私のミス。こんな時は、例え一本のロッドが根掛かりしても、ボートを停止して確実にキャッチしなければならないのである。分かっているんだけど、ダブルでヒットするときがあるんで、遂手抜きしてしまうんですよね。鉛山付近の流れ込みで、再びアタリが来た!エンジンを最低速にしてからリーリング。ラインは30M位しか出ていないのですんなりキャッチ。50cmには満たないサクラマスだったが見事な幅広だった。ヒットカラーは、オレンジ系やワンポイントレッド。ヒメマスのルアーは、5g前後のミニスプーンを使用。

晩秋の十和田湖 :イメージ5

十和田湖から流れ出す随一の河川、奥入瀬川の子ノ口から焼山までを奥入瀬渓流と呼んでいる。変化に沿った散歩道が魅力です。。東北自動車道黒石ICからR394。R103を経て十和田湖温泉郷に到着。奥入瀬湧水館で渓流について学習できます。此処からR103に沿って十和田湖方面に向かえば、沿道沿いに素晴らしい渓流と滝が見ることができます。この渓流沿いには、散歩道が整備されていますので、ブナの森の紅葉を想い出に焼き付ける事ができるでしょう。

-DATA-

場所:
秋田県小坂町/青森県十和田湖町
交通:
東北自動車道小坂ICから樹海ライン
駐車場:
観光スポットに並列
トイレ:
観光スポットに並列
連絡先:
十和田湖の釣り情報は、漁業規則又は天候に大きく左右されますので、釣行時には必ず確認してください。
十和田湖マリーナ:0176-75-2156
十和田湖総合案内所:0176-75-2506

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る