フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 晩秋の十和田湖フィッシングレポート:トップページ和歌山紀ノ川バスフィッシング »

秋の加古川へ。40cmオーバーを狙う!

Oct.27, 2001 川バスシーズン真っ盛り。

川バスのいいシーズンになってまいりました。この時期、湖やリザーバーはターンオーバー発生で非常に釣りにくい状態です。その点、川はターンオーバーの影響はなく、この時期お勧めです。天気がころころと変わるこの時期、さすがに大雨の後は厳しいですが、多少の濁りならバスの警戒心も薄れるようで好材料になります。毎年この時期になるといい思いをさせてもらっている加古川へ、40cmオーバーを狙い行ってまいりました。

秋の加古川へ。40cmオーバーを狙う!:イメージ1

小野市に架かる粟田大橋から、社町の大門橋上流の堰にかけて北上しながら釣ることにしました。まずは、粟田大橋上流にある逆ワンド入り口を、蛇行した川のアウトサイド側、テトラポットの上からを攻める事にした。まだ夜も明けきらない時間にも関わらず、先行者が2名。うち一人のトップウォータープラグに反応があったようで大騒ぎをしていた。私も負け時とまずはバズベイトをチョイス。まだ薄暗い為、アクションの大きいスピナーベイトやクランクベイトのローテーションで誘ってみるが反応無し。そうこうしているうち、明るくなってだんだん周りが見えだした。水質はよく、水量はいつもより若干少な目。朝の冷え込みの割には、湯気があまり上がってない。水温もそんなに高くないか。

秋の加古川へ。40cmオーバーを狙う!:イメージ2

へビーダウンショットリグで、流れの速いところを攻める。いつもなら適度に流れながらナチュラルドリフトするのだが、全く流れない。いつもより流れがゆるい。今度は高比重ワームのノーシンカーリグでナチュラルドリフトさせるが反応がなし。攻め方を変え、逆ワンド入り口と本流との間にある、ウィードの生えた澱みの中にキャスト。すると25cmの豆バスがヒット。ウィードに付いているようだ。トゥイッチングアクションを加えながら、同じ場所から32cmを含む6本をゲット。

いかん。このままでは小バス爆釣で終わってしまう。今日の目的はあくまでも40cmオーバー。未練を残し秋の定番、流れの直接あたらないテトラポットを丹念に攻めることにする。しかし、さっぱり反応がない。水量が少ない分テトラポットの露出が多くなってしまっているのが原因だろうか。あきらめて、粟田大橋下へ少し南下することに。

粟田大橋下は、夏パターン向きの橋桁や早い流れがある。念のため攻めてみるが反応なし。少し下流へ向かうとオーバーハングに囲まれた消波ブロックを発見。その中に直接流れの当たらないブロックポケットがあり、その中にすごい数のベイトフィッシュが。偏光グラスでよく見るとその下に黒い大きな影が。いた。私の探し求めていた40cmオーバーのバスが。

フォーリングで食わせてやろうと思い、テキサスリグをキャスト。がっ。やってしまった。上から垂れ下がるオーバーハングに引っかけてしまった。お目当てのバスは音に驚き、沖へ姿を消してしまった。せっかくのチャンスを自ら潰してしまう未熟者。反省。

粟田大橋下をあきらめ、一気に北上し、大門橋上流の堰へ入った。堰から大量の水が放水され(いつもは閉まっており水量調節されている。)ここに限っては、水量は豊富だった。しかし、メジャースポットにも関わらず、アングラーの姿が見たらない。ウェーダー着た人が一人、沖に出て投網を投げていた。人がいないのはこれが原因のようだ。ここでは、反応無く納竿することに。残念ながら目標は達成できなかったですが、漁協の方の話でもこの時期40cmクラスはよく釣れているとの事でした。川バスはなんと言っても引きの強さが魅力です。一度体験すると止められません。11月末までは秋の釣りが楽しめます。ぜひ、挑戦してください。

-DATA-

場所:
加古川 粟田大橋周辺(粟生町)、大門橋上流(社町)
交通:
中国自動車道・滝野社IC 国道175号を南下。沢部交差点を右折。粟田大橋へは、堤防を南下、車で約10分
駐車場:
堤防沿いは駐車できない。各ポイントに駐車スペースはあるが、交通量が多いところがあるので注意が必要。
トイレ:
なし。
参考:
入漁料
日釣り券/店売り800円、現場売り1200円
年券/5000円(4月1日~3月31日)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る