フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 桃ヶ池フィッシングレポート:トップページ丹沢 中津川 »

「美濃フィッシングエリア」釣行記

Aug.11, 2001 いつでも多くのトラウトがいる場所!

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ1

今回紹介する場所は、いつ行っても数多くのトラウトがいる渓流タイプの管理釣り場です。場所は、岐阜県美濃市片知渓谷上流。ここは、近郊都市からのアクセスも良く、標高もあり夏でも涼しい。特にこの時期、一般渓流でも釣果が思うように出ない時のステレス発散には丁度いい。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ2

板取川と長良川合流付近に片知川が流れ込み、この片知川上流域が管理釣り場となっている。もちろん、自然そのままの渓流を保ち、通常の渓流釣り場と何ら変わらない。違いは、大量のトラウト達がアングラー達を待ち構えていることである。ここのご主人は、ルアーフライに精通し、長良川近辺の釣り状況にも詳しい。自然渓流での楽しみを身近に体験させてくれるようここの管理も行き届いている。そのためのルールも設定されている。例えば、バーブレスフックの使用。最近の管理釣り場では、すでに常識となっているが、これは、魚へのダメージを減らすだけでなく、万が一我々アングラーにフックが刺さっても最小のケガで済むからである。折角、みんなで釣りに来て一人がケガをしてしまうと楽しみが無くなってしまう。やはり、管理釣り場は、みんなで楽しく釣らねば。ここで釣れる魚種は、イワナ、アマゴ、レインボウがメイン。たまにブラウンなどがヒットし驚かされる。レインボウは大型も多く、渓流で40cmオーバーがヒットすることも度々。#3ロッドがへし折られるかも・・・。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ3

さて、この日は、友人夫妻と一緒に釣りに行ってみた。前日の体調不良だった私は、気力で体力を回復し、この日に備えていた。午前5時に自宅を出発。東海北陸道を美濃インターで降り、一路板取方面へ。途中、片知渓谷の看板を右折し、そのまま上流を目指す。自宅から現地までは車で約2時間のドライブである。天候は曇りで無風。絶好の釣り日和。しかし、雨が少なかったため、魚のスレ具合が気にかかる。ここは、午前7時からオープンであるが、駐車場に到着してビックリ。すでに一杯であった。

早速、準備にとりかかる。当日のタックルは、レビューWET#4ロッドを使用。川幅は狭いので、全長1.5mのリーダーシステム。フライはピンク色のシュリンプ#10をセット。皆、一斉に下流へ行ったので、恐らく入れるポイントは無さそう。そこで、管理棟から少し上流に入渓した。ここなら、先行者はいない。しかし、前日まで相当攻められ、かなりスレていると判断して慎重にアプローチする。まず最初は、大きな石と落ち込みがある区間に入る。大きな落ち込みの流芯にフライを落とすといきなりリーダーが走る。ヒットと同時に1つ下の淵まで走られた。素晴らしいファイト。無事ネットに収まったのは、丁度30cmのレインボウ。渓流でこのサイズなら文句なし。これをリリースして再びキャストすると、またしてもリーダーが走る。連続ヒットだ。最初の心配をよそにいきなりの入れ食い。この調子なら今日は爆釣かなと安心してしまった。実はこれが後で大変なことに。

ふっと、友人の叫び声が耳に入った。近づいてみると奥さんのロッドが満月のように曲がっていた。これは、結構大きそうだ。友人の指示の元、巧みなロッドワークでトラウトを近寄せる奥さん。さすが、夫婦はいいな~と実感してしまう今日この頃。我が家は趣味が合わないから絶対無理だな~と一人寂しく状況を見つめていた。すると、ついに、トラウトが奥さんの足元へ横たわった。ネットを貸してあげようと近づいたが、私の持っているネットには入らない40cm弱のレインボウだった。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ4

こうなったら、自分もあれ以上のトラウトを釣って自慢してやるとばかり、釣りに集中することに。しかし、日が高くなるにつれ、トラウト達の警戒心も非常に強くなり、しばらく続いていた入れ食いモードはどこかに消えてしまい、厳しい釣りになってしまった。途中、25cmくらいのアマゴがヒットしたが、残念ながらバレてしまった。終了前にフライを#20のビーズヘッドピューパに代えて、サイトフィッシングにて大型を狙ったが結局小型ばかりに終始し、数だけは20匹を超えたが友人の奥さんが釣ったレインボウには届かなかった。この日も暑く、大勢の釣り人が入っていたのでかなりトラウト達もスレてしまったのだろう。特に大型は神経質でこちらの姿を見るとすぐに深場へ潜ってしまう。本当の自然渓流のつもりで慎重に釣らないと大型はヒットしない。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ5

このように、管理釣り場ながら本格渓流釣りが楽しめるこの美濃フィッシングエリアに皆さん一度チャレンジしてみてください。仲間同士でいくのならバーベキューセットなどを持って行ってもいい。子供にも安心のエサ釣り場も有り、家族でも十分楽しめるところである。

-DATA-

場所:
岐阜県美濃市片知2533
交通:
東海北陸自動車道美濃I.C下車後、板取方面へ。その後片知渓谷看板を右折。片知川沿いに上流へ。
駐車場:
あり。
トイレ:
あり。
その他:
管理棟にカップラーメンやアイスクリーム、自動販売機などあり。
料金:
大人1日2500円、女性・中学生は2000円。半日は2000円。
匹数制限は3匹まで。ルアー・フライOK。(家族用エサ釣り場あり)
営業時間:
7:00~日没まで。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る