フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2001年07月フィッシングレポート:トップページ2001年09月 »

裏磐梯、高原の渓の一

Aug.13, 2001 国立公園の谷を巡ったイワナ釣行

「旧盆や週末には家族釣れがバーベキューをやったり、それに水温も上がってますから、あまり期待はできないかも。でも小倉川は子どもの水遊びはないので日陰や白泡を狙えばサカナと遊ぶことができます」。釣り場の様子を尋ねた僕の質問に対して返信されてきた福島県在住の知人、Dさんからの電子メールの内容は、夏休みを利用して夏のイワナ釣りを遊ぼうとプランしていた川の近況を的確に伝えるものだった。福島県大倉川。そして小倉川。磐梯朝日国立公園、磐梯山(1818メートル)の北東側をおよそ南北に流れ、秋元湖に注ぐこの二河川はヤマメ、イワナ狙いの釣り人が多数訪れる。開豁な大倉に対し、カラマツ林を貫流、蛇行する小倉川。数年前の春にこの兄弟河川を訪れたことがあったが、イワナは未熟な僕の竿にもそこそこ飛び出してくれている。一年に二度の遠征がここ何年もの間の恒例パターン。Dさんのアドバイスを参考に、シーズンを締めくくるにふさわしい今年最後の遠征先を磐梯高原と決めた。

自宅の埼玉から片道約300キロの道のり。東北自動車をひたすら北上し、白河インターで下り、国道294号を一路、会津若松市方面へ。東北道郡山ジャンクションから磐越道へ入り、猪苗代磐梯高原インターから国道115号を向かうルートが一般的だが、高速をただひた走るだけでは味気ない。それよりもなによりも、一般道を選択する方が道すがらの出合いが楽しいし、新たな河川の発見だってあるのだ。そうした試みで見つけたのが、天栄村の国道沿いに開設された同村の農林水産物直売所(天栄村観光情報センター。電話0248-85-2222)。野菜や果実が安価で購入できるほか、手打ちソバも美味。時間に余裕があったら寄ってみたい。釈迦堂川に沿う294号を天栄村を抜け、長沼町から勢至堂峠を越えて郡山市へ入る。猪苗代湖の南岸に注ぐ水田地帯を流れる小河川常夏川を渡り、行政界の黒森峠を下ると会津若松市だ。294号別名茨城街道を快適に走る。運転席の右側を並行する原川の最下流は同湖西岸。水田と丘陵の境付近をこれといった悪場もなくのんびり流れる里の川だが、渓流魚も生息していると聞く。さて、会津若松市での用事を済ませた後、裏磐梯へ。会津若松~猪苗代間を結ぶ国道49号は観光シーズンになると激しい渋滞が発生する。そこで、裏道として磐越自動車道を挟んで磐梯町側を東に延びる県道を選択する。その後、野口英世生家が保存されている猪苗代湖北岸の49号に磐梯山麓の東側から直角に進入する国道115号にルートをとる。木地小屋の集落を目当てに左へ折れ、市沢トンネルを越えると秋元湖に注ぎ込む小倉川、そのわずか数十メートル先が大倉川だ。

裏磐梯、高原の渓の一:イメージ1

開けた河原でのびのびとキャストをしたいので、入渓を大倉川に。小倉川を通過し、そのまま大倉川に架かるコンクリート橋を渡り、突き当たりを右折する。左を選ぶと、秋元湖から小野川湖へ通じる「磐梯吾妻レークライン」。さらに、その先は檜原湖から磐梯山の西面を磐梯町へと続く「磐梯ゴールドライン」の有料道路だ。カラマツ林をしばらく走ると、視界が開け、大倉川に架橋された大倉橋へと出るが、今回の釣行では渡橋せず、袂の未舗装道を左に下り、大倉川と並行している林道へ車を進める。流れから一段高い位置を上下流に延びている道からは流れに立ち込む釣り人が一望できる。また、大倉橋下は橋桁が雨や炎天を遮ってくれるので、格好のテン場だ。この日も釣り人らしい複数のグループが大倉釣行の拠点用にドーム型のテントを設営していた。開豁な流れには一定間隔で堰堤が構築されていて、ポイントはその堰堤間の瀬と堰堤下のプールとなる。水深のある瀬は大小の沈み石が魚の隠れ家を形成しており、ポイントは無数に点在していると思われた。

裏磐梯、高原の渓の一:イメージ2

天気は好転し、日差しが時折照りつける。雨天や曇天が渓流釣りの条件として適していると分かっていても、僕の場合は断然、太陽の下で谷川を遡行したい。きらめく木々の葉、山脈を流れる白雲と青天井、紺碧の渕、飛沫ほとばしる落ち込みへ続く荒瀬を走る渓流の魚、緑のトンネルと光のシャワー・・・。どうしても雨天の釣りは気分が滅入ってしまう。大倉川はヤマメとイワナが混棲する。タックルは、5ft6inのウルトラライトに4ポンドのラインを巻いたシマノの 2000番。ラインの先には3グラムの赤金のスプーンをダブルクリンチでつなぎ止め、軽く素振りをして流れに降り立った。フライフィッシングのそれと比べ、ルアーのキャスティングはたやすい。ロッドとリールと渓流用のルアーを揃えたその日のうちにヤマメを釣り上げてしまうことだって可能だし、だいいち面倒なタイイングも不要だ。ルアーケースだけをシャツや上着のポケットに収納して、ベストを着用しないで済む気軽さもいい。

裏磐梯、高原の渓の一:イメージ3

流れへ下りるには堰堤に併設されている階段を利用する。大倉橋前後の区間は堰堤が階段状に連なるが、それぞれに階段が設けられているので遡行は楽。堰堤間は瀬釣りが中心になる。夏場の同橋付近は足場が良いので水遊びをする家族釣れで賑わうが、前日までの降雨で数組だけで、釣り人もそれほどでもない。瀬に定位している魚を狙うため、ルアーを対岸に向けてキャストし流れの表層を引く。そして、流速が弱まる石の裏を通過するようロッドを操作し、誘惑する。何度目かのキャスト後、ルアーを追尾してくる魚の姿がようやく確認できたが、反応はこれだけ。漁協の放流で魚影は濃いと聞いているが、相当数の釣り人に攻められているようでルアーへのアタックはない。そこで、白泡の切れ目、瀬尻、石や岩の下流側の緩流帯といった一級ポイントから、ルアーの投入を瀬脇の小さなポイントへと切り替えて、一匹目のイワナを釣り上げることができた。流れに下りたってから1時間半が経過していた。その後、小倉川に移動し、夕暮れまでに数匹のイワナとヤマメが姿を見せてくれた。裏磐梯のイワナ釣りが今シーズン最後の遠征となったが、残念なこともあった。冷水の流水域でも棲息できるスモールマウスバスが小倉川で釣れたことである。小さなプール状のポイントにスプーンを投入、リーリングを開始したとたん、強烈なアタックがあり、フッキングするとジャンプを繰り返した。バスはゲームフィッシングの相手として最適だろうし、バス釣りのおもしろさを僕は否定しない。しかし、絶滅寸前に置かれている地域固有の淡水魚がいる一方で、強い生命力で分布を拡げる外来種がいるというこの現実をどう是正し、解決を図っていくか。問題を突きつけられた釣行でもあった。

-DATA-

名前:
福島県耶麻郡猪苗代町
交通:
東北自動車道郡山JCT~磐越自動車道猪苗代磐梯高原IC~国道115号~木地小屋~市沢トンネル~市沢~大倉川。郡山市から猪苗代町まで約40キロ。
駐車場:
河川沿いの道にスペースあり。
温泉:
沼尻温泉、中ノ沢温泉
猪苗代町役場:
電話02426-2-2111

丹沢 中津川

Apr.12, 2001 折り畳み自転車で行く渓流フィッシング

丹沢 中津川:イメージ1

私はミノーというルアーを製作しています。ご存知の方も多いと思いますが、ミノーとは小魚を模した擬似餌のことです。ルアーでブラックバスが釣れることは有名ですが、それ以外にも湖沼や海に生息するたくさんの魚種を釣り上げることができるのです。私は自分で作ったミノーで、渓流のヤマメやイワナを釣り歩いています。釣り場までのアプローチには自家用車も使いますが、皆さんにお勧めしたいのが折り畳み自転車でのアクセスです。ゆっくりした速度でポイントを見てまわれるし、コンパクトに折り畳んで、電車やバスで移動することもできます。釣行後にはビールだって飲めます。この機会に皆さんも、自転車を使ったシンプルフィッシングを楽しんで見てください。

皆さんは神奈川県の宮が瀬湖を知っていますか?総貯水量体積が2億あるそうです。これは箱根の芦ノ湖と同じで、非常に大きな人造湖なんです。宮が瀬湖周辺には渓谷と呼ぶにふさわしい、美しい渓流がたくさんあります。今回、ロッドを片手にペダルを踏んできたのは中津川上流です。

丹沢 中津川:イメージ2

小田急線本厚木駅東口前5番の停留所から宮が瀬行きのバスに乗ります。発車時刻は後述しますが、ほぼ1時間ごとに出ています。終点の宮が瀬停留所までの乗車時間は約45分。景色を楽しんでいるうちに到着してしまいます。当日は幼稚園の新学期と重なったため、かわいい園児たちと一緒になることができました。彼らのしぐさがおかしくて車内はとても和やかムード、乗客どうしも自然と打ち解けてしまいます。皆さんは仏果山に登るために来たハイカーだそうです。仏果山は800メートルほどの山ですが、展望台から見る景色はすばらしく、遠く横浜のランドマークタワーや新宿副都心の高層ビル街も見ることができます。宮が瀬のホテルに一泊して次の日に登ってみるのも面白いでしょう。

湖の橋を渡ってから最初の停留所、「宮が瀬小学校中学校前」で下車します。本厚木からの料金は670円です。バスの中には両外機もありますが、あらかじめ小銭を用意しておくと良いでしょう。ここはジュースの自動販売機や公衆トイレもあるので小休止にはちょうどよい場所だと思います。早速、自転車を組み立てて出発です。正面に県道70号線との分岐があるので、ヤビツ峠方面に左折します。宮が瀬湖を左に見ながらゆっくりペダルをこぐのは気持ちいいです。ある程度の高度までバスで登ってきているので、この先に急坂はありません。しばらく行くと左下は渓流の景色へと変わり、それが中津川です。

丹沢 中津川:イメージ3

中津川が見えてきてから二つ目のキャンプ場が唐沢キャンプ場です。そのまま施設の中に入っていき、赤い橋を渡ると川原に出ることができます。今回のポイントはこの付近。ここは中津川と唐沢川が合流する場所です。このように川が出会う地点は水深もあり、餌も豊富なので魚が集まる好ポイントとなります。さっそく自作の「takiミノー」をロッドにセットしてキャストしてみました。見るからに大物が潜んでいそうな雰囲気ですが、残念ながらなんの反応もありませんでした。1個所に3回くらいキャストしても反応がなかったり、釣れかかった魚が逃げてしまった場合は、そのポイントはしばらくの間釣れません。渓流魚はとても警戒心が強いんです。川には他にもポイントがたくさんありますので、この場所は休めておいて次を探りましょう。

私はこの日、3匹のヤマメとイワナを釣りました。大物が釣れると、その喜びは何事にも変え難いものです。思わず「やったぁ」と声を上げてしまいました。その後は川原でお弁当を食べてのんびりしたり、好きなことをして過ごします。山菜も見つけることができますし、今の季節は小桜や山つつじがきれいです。一日中釣りだけに熱中するよりも、他の遊びを併用する方が楽しさが増すと思います。

丹沢 中津川:イメージ4

しばらく遊んだら、帰りの時間は余裕を持って設定しましょう。帰路は来た道をそのまま帰るだけですが、バスは使いません。なぜならば本厚木駅までの長い道程がほとんど下り坂なんです。さほどの苦労をせずに駅まで到着することができるでしょう。また、途中の宮が瀬湖畔には展望台や吊り橋、イタリアンレストランなどがあります。ゆっくり駅まで下るとして、3時間以上の余裕を見てください。遅くなってしまうようなら途中の停留所からバスに乗る方が懸命です。整備されたサイクリングロードとは違って、日が暮れてからのライディングは非常に危険です。注意して下さい。

丹沢 中津川:イメージ5

次に参考として本厚木駅のバスの出発時間を書いておきます。6時1分、7時5分、7時45分、その後8時40分から16時40分まではすべて40分発となっています。もうひとつ注意していただきたいことがあります。ほとんどの河川は漁業組合が管理しており、魚釣りをするためには漁券を購入する必要があります。中津川も例外ではありません。金額は1,000円で、近くのコンビニエンスストアや釣具店で購入できます。なお、現地の監視員から購入した場合は 1,500円になります。なお、釣り方に関してもう少し詳しく知りたい方は、私のホームページのLUREのコーナーでも解説しています。よかったらご覧になって下さい。これから新緑の季節は水温も高く、渓流はとても気持ちのいいものです。ぜひお楽しみ下さい。

-DATA-

場所:
神奈川県愛甲郡清川村宮ケ瀬1700番地 唐沢キャンプ場周辺
URL:
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/camp/spots/camp3.html で紹介されています
交通:
小田急線本厚木駅から宮ケ瀬行バス1時間三叉路下車徒歩1時間20分
駐車場:
キャンプ場内に千円程度のお金を払えば止めさせてもらえますが、シーズン中はキャンプ客が優先になるため難しいでしょう
トイレ:
「宮が瀬小学校中学校前」交番横の路地を入って、すぐ突き当たりに公衆トイレがあります。
その他、宮が瀬湖畔にもありますし、キャンプ場の管理人さんにあいさつをすると快く使わせてくれます。

「美濃フィッシングエリア」釣行記

Aug.11, 2001 いつでも多くのトラウトがいる場所!

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ1

今回紹介する場所は、いつ行っても数多くのトラウトがいる渓流タイプの管理釣り場です。場所は、岐阜県美濃市片知渓谷上流。ここは、近郊都市からのアクセスも良く、標高もあり夏でも涼しい。特にこの時期、一般渓流でも釣果が思うように出ない時のステレス発散には丁度いい。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ2

板取川と長良川合流付近に片知川が流れ込み、この片知川上流域が管理釣り場となっている。もちろん、自然そのままの渓流を保ち、通常の渓流釣り場と何ら変わらない。違いは、大量のトラウト達がアングラー達を待ち構えていることである。ここのご主人は、ルアーフライに精通し、長良川近辺の釣り状況にも詳しい。自然渓流での楽しみを身近に体験させてくれるようここの管理も行き届いている。そのためのルールも設定されている。例えば、バーブレスフックの使用。最近の管理釣り場では、すでに常識となっているが、これは、魚へのダメージを減らすだけでなく、万が一我々アングラーにフックが刺さっても最小のケガで済むからである。折角、みんなで釣りに来て一人がケガをしてしまうと楽しみが無くなってしまう。やはり、管理釣り場は、みんなで楽しく釣らねば。ここで釣れる魚種は、イワナ、アマゴ、レインボウがメイン。たまにブラウンなどがヒットし驚かされる。レインボウは大型も多く、渓流で40cmオーバーがヒットすることも度々。#3ロッドがへし折られるかも・・・。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ3

さて、この日は、友人夫妻と一緒に釣りに行ってみた。前日の体調不良だった私は、気力で体力を回復し、この日に備えていた。午前5時に自宅を出発。東海北陸道を美濃インターで降り、一路板取方面へ。途中、片知渓谷の看板を右折し、そのまま上流を目指す。自宅から現地までは車で約2時間のドライブである。天候は曇りで無風。絶好の釣り日和。しかし、雨が少なかったため、魚のスレ具合が気にかかる。ここは、午前7時からオープンであるが、駐車場に到着してビックリ。すでに一杯であった。

早速、準備にとりかかる。当日のタックルは、レビューWET#4ロッドを使用。川幅は狭いので、全長1.5mのリーダーシステム。フライはピンク色のシュリンプ#10をセット。皆、一斉に下流へ行ったので、恐らく入れるポイントは無さそう。そこで、管理棟から少し上流に入渓した。ここなら、先行者はいない。しかし、前日まで相当攻められ、かなりスレていると判断して慎重にアプローチする。まず最初は、大きな石と落ち込みがある区間に入る。大きな落ち込みの流芯にフライを落とすといきなりリーダーが走る。ヒットと同時に1つ下の淵まで走られた。素晴らしいファイト。無事ネットに収まったのは、丁度30cmのレインボウ。渓流でこのサイズなら文句なし。これをリリースして再びキャストすると、またしてもリーダーが走る。連続ヒットだ。最初の心配をよそにいきなりの入れ食い。この調子なら今日は爆釣かなと安心してしまった。実はこれが後で大変なことに。

ふっと、友人の叫び声が耳に入った。近づいてみると奥さんのロッドが満月のように曲がっていた。これは、結構大きそうだ。友人の指示の元、巧みなロッドワークでトラウトを近寄せる奥さん。さすが、夫婦はいいな~と実感してしまう今日この頃。我が家は趣味が合わないから絶対無理だな~と一人寂しく状況を見つめていた。すると、ついに、トラウトが奥さんの足元へ横たわった。ネットを貸してあげようと近づいたが、私の持っているネットには入らない40cm弱のレインボウだった。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ4

こうなったら、自分もあれ以上のトラウトを釣って自慢してやるとばかり、釣りに集中することに。しかし、日が高くなるにつれ、トラウト達の警戒心も非常に強くなり、しばらく続いていた入れ食いモードはどこかに消えてしまい、厳しい釣りになってしまった。途中、25cmくらいのアマゴがヒットしたが、残念ながらバレてしまった。終了前にフライを#20のビーズヘッドピューパに代えて、サイトフィッシングにて大型を狙ったが結局小型ばかりに終始し、数だけは20匹を超えたが友人の奥さんが釣ったレインボウには届かなかった。この日も暑く、大勢の釣り人が入っていたのでかなりトラウト達もスレてしまったのだろう。特に大型は神経質でこちらの姿を見るとすぐに深場へ潜ってしまう。本当の自然渓流のつもりで慎重に釣らないと大型はヒットしない。

「美濃フィッシングエリア」釣行記:イメージ5

このように、管理釣り場ながら本格渓流釣りが楽しめるこの美濃フィッシングエリアに皆さん一度チャレンジしてみてください。仲間同士でいくのならバーベキューセットなどを持って行ってもいい。子供にも安心のエサ釣り場も有り、家族でも十分楽しめるところである。

-DATA-

場所:
岐阜県美濃市片知2533
交通:
東海北陸自動車道美濃I.C下車後、板取方面へ。その後片知渓谷看板を右折。片知川沿いに上流へ。
駐車場:
あり。
トイレ:
あり。
その他:
管理棟にカップラーメンやアイスクリーム、自動販売機などあり。
料金:
大人1日2500円、女性・中学生は2000円。半日は2000円。
匹数制限は3匹まで。ルアー・フライOK。(家族用エサ釣り場あり)
営業時間:
7:00~日没まで。

桃ヶ池

Aug.08, 2001 ノイズの中のシャングリラ

ウィークエンドフィッシャーマンの大敵は、何といってもプレッシャーでしょう。どの釣り場も人、人、人。どんな山奥の秘境も雑誌に掲載され、TVで取り上げられ、週末「いざ、出陣!」と気合いを入れて車を走らせても、既に釣り人銀座でございやす(涙)ガソリン代と高速代もバカにならず、翌日の仕事にも響く披露感だけが残るだなんて、釣果(どうか)勘弁して欲しい!・・・・・・とくだらないダジャレはさておき、今日は趣向を変えて仕事をさぼり、平日の大阪市内でバスと戯れることにしました。そうです、市内です!場所は桃ヶ池。バリバリの街中にある、都会の子供のシャングリラです。アメリカザリガニ、シマヘビ、テナガエビ、モエビ、マブナ、ヘラブナ、モツゴ、コイ、ブルーギル、ライギョ、ドンコ、ナマズ、アメンボ、などなど・・・・・・。夏休みの子供達のターゲットは多種多用、十人十色であり、当然手には網、釣り竿、タコ糸にスルメ等、思い思いの武器があります。

ただ少年バサーが手軽にプラグでバスを釣るにはちょいと厳しい状況のようで、子供連れで釣りに行くのならばやはりえさ釣りの方が楽しいでしょう。現にうき釣りをしていた子供達はひっきりなしにギルや小バス、フナなどを釣り上げていたので、魚影は相当に濃いはずです。特に吸い込み釣りでは確実にコイをゲットできそうなほど、巨大なコイは何匹も見受けられました。ただへら釣りの人が多いので、トラブルには気をつけた方がいいかもしれません。この桃ヶ池の周囲は約2~4km。リリィパッドで覆われた釣りには厳しい池と、本池、そしてその2つの池を繋ぐ水路からなる複雑な形のフィールドです。バスやライギョやナマズをルアーで狙うなら、この幅3mほどの水路がよだれもののポイントです。僕は探検気分で水路際を歩きながら(道は舗装されていて快適です)、まず水路に架かる橋の上から、岸際にびっしり並ぶ杭を丹念に攻めることにしました。タックルはライトアクションのスピニング、ラインは6ポンド、ルアーはチューブワームです。しかしさすがに昼下がりの大阪、あ、暑い!ネクタイに皮靴で汗だくになってルアーをキャストする様は、傍からみればさぞ奇妙でしょう。

コンビニで買ってきたお茶はあっという間にHOTになっており、犬が眉間に皺を寄せた僕を犬が荒い息で一瞥していきます。あ~、平和だなァ・・・・・・・・。それにしてもここは本当に素敵な池です。そりゃあ琵琶湖や池原ダムのようなワクワク感は湧かないまでも、でも子供に戻れるフィールドです。「おっちゃん、釣れる?」と聞いてきた少年バサーに、「兄ぃちゃんやで?分かった??」と世渡りを教育しながら、僕はひたすらキャストし続けます。しかしあまりの暑さに遂にリタイア・・・・・・。日陰を求めて場所を変えることにしました。ところが颯爽と現れた少年バサーが僕が離れた途端その橋の上に立ち、まさにワンキャスト目・・・・・・!げっ!竿がしなってる!?ごぼう抜きにされたバスはやせてはいるもののどうみても40オーバーです。ルアーはラバージグ・・・・・・。なな、なんと!12歳くらいのガキがラバージグをあんなに見事に操るか?しかし??しかもタックルが明らかに僕よりも高そうです。うーむ、最近の子供はおませさんやなぁ、と、僕はそそくさと日陰に退散です。木陰を歩きながらキャストをすること1時間、小バスが2匹アンダーショットで釣れ、納竿することにしました。

まだまだ居たいのですが、仕事上このあたりがK点であり、彼は後日の再戦を誓い、またしがらみの中へと戻っていったとさ・・・・・・。感想から言って、そりゃあ琵琶湖やらリザーバーに比較すればスケールは小さいまでも、時々息抜きに行くには最高の場所ですよ。特にルアーやバスにこだわらず、うき釣りや投げ釣りで五目釣りをすることをお薦めしたい。水質はそりゃあマッディだけど、水深もなく足場も良く、「あなたの子供さんも喜ぶことうけあい」なフィールドですよ!是非、散歩がてらに行ってみて下さいな!あ、それからヘラブナ釣りをしている人が多いので、キャストは慎重にした方がいいと思います。あと、ゴミが目だったので、皆さん気をつけましょうね。あとあと、隣の養魚池は釣り禁止ですので、立ち入らないようにしましょう。以上、野良リーマンの桃ヶ池リポートでした。ちなみに、帰社後上司の落雷が僕の頭上に直撃したのは、いうまでもありません・・・・・・。

-DATA-

タックル:
ライトアクションのスピニング、ラインは6ポンド
ルアー:
チューブワーム
場所:
大阪市阿倍野区
交通:
近鉄南大坂線北田辺駅徒歩10分
駐車場:
なし。
トイレ:
近辺にコンビニあり。

ページのトップに戻る