フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« フィッシングパーク清洲東釣行記フィッシングレポート:トップページ夏の青野ダムにパターンを見た。 »

中禅寺湖のビッグトラウト

Jun.25, 2001 中禅寺湖のモンスター

中禅寺湖のビッグトラウト:イメージ1

日本の、スポーツフィッシング発祥の地とまで言われている中禅寺湖。日光国立公園内に存在するこの湖には、ブラウントラウト。レークトラウト。レインボートラウトや、本マス。イワナ等のビッグトラウトが多く棲息している。これらは、湖畔沿いに戦後建てられたアメリカ大使館。イギリス大使館。フランス大使館等の、別荘として利用されていた際のリクリエーションとして放流されたものだ。

東北道宇都宮ICから、日光宇都宮道路を経由してR120いろは坂を登りつめると、観光地として有名な中禅寺湖に到着する。主な観光スポットは、温泉町を控えた日光東照宮や華厳の滝等があるが、今回は観光目的ではなく中禅寺湖のモンスターに逢いに来たのだ。中禅寺湖のベストシーズンは、水温が安定する5月から6月の二ヶ月間に集中される。夏場から秋口に掛けては朝夕のライズ狙いとなる。アタックスタイルは、ルアーフィッシングとフライフィッシングに大別されるが、ビッグヒットをモノにするには時期と場所が大きく左右する。今シーズンは、バックスペースが確保される国道側のポイントをフライフィッシングで狙い、八丁出島周辺のブッシュ際はルアーフィッシングでアタックした。

中禅寺湖のビッグトラウト:イメージ2

フライフィッシング。通称、丸山バス停からダルマ石周辺は、ブラウンやレインボートラウトが最も接岸する場所だ。フライタックルは、9フィート8番ロッドにタイプⅡシンキングラインをセット。リーダーは、12フィート3Xを使用。メインフライは、私のヒットフライの中からマイラーボディのアクアマリーン#2/0。他にも、サーモン系フライを50本程セレクトしている。AM6:00頃から、丸山付近でキャスティングを開始した。この時のバックスペースは、膝上までウエーディングして15m程確保できたので、シュート距離25mは容易にキャストする事ができた。タイプⅡシンキングラインは、キャストしてフライが沈み込むまでタイムロスがあるので、その日のトラウトの状況に合わせた泳層にカウントダウンさせてからリトリーブアクションを加えるといい。キャストから2時間程経過していたが、アタリも無しに少しずつ移動しながら黙々とシュートを試みた。通称12番別荘前で、行き成り強烈なアタリがロッドを駆け抜けた。素早く余分なラインをリールに巻き込み、獲物が落ち着くまでロッドテンションを保ちながら様子を見た。数分後、ようやくスローで巻き上げに入るが、何度もロッドが伸される事から良型のレインボートラウトだと予感した。後ずさりしながら、慎重にランディング。何と、ヒットフライが口では無くエラに掛かっていた。43cmのトラウトにしては、余りにも強烈な引きだったがこれで納得。曇り空のAM:9時頃、ポンプ揚水の石組み近くで再びヒット。ラインを緩ませないよう注意しながら、スローリトリーブ。意外と早く寄ってきたのは、朱点も鮮やかなブラウントラウト42cmだった。

中禅寺湖のビッグトラウト:イメージ3

ルアーフィッシング。立ち木やブッシュが覆うバックスペースの無いキャストポイントでも、ビッグトラウトが狙えるのがルアーキャスティングだ。私は、ブラウン&レイクトラウトを狙う時、八丁出島周辺の深場を探る。タックルは、6フィートベイトロッドにABU2500C両軸リールをセット。ラインは、8ポンド150ヤードをストックしている。梅雨雲が湖面に迫る早朝、車止めから徒歩で約30分程でキャストポイントに到着。既に、蝦夷セミが発生している時期でも或るから、湖面の状況を見極めなければならない。小寺ケ崎ワンドからキャストを開始して、八丁出島の突端までを探るコースを選定した。ワンド内は浅場なので、初夏からは藻が大量に発生するから、湖底の落ち込みまで湖岸に添って遡行する。途中、小さなワンドの急深帯からキャストを開始した。セットルアーは、オリジナル10gスプーンだ。このスプーンのカラーリングは、自分でエアーブラシを使用して仕上げたハンドメイドルアーで、数々のモンスタートラウトをゲットしている自慢の一品。30分程で、40cm級のレインボーがヒット。でも、中々大物のアタリ所か追いの姿も見られなかった。バックパックしたザックからストーブを取り出してコーヒータイム。時折、湖面で大きなライズが見られるようになってきた。今にも雨が降り出しそうな悪天候が幸いしたのか、トラウトが湖岸のカケアガリに寄ってきているような気配を感じた。出島の突端付近に差し掛かった辺りに、ベストポイントがあることを知っていたので、一発狙いのつもりでそのポイントに賭けた。このポイントには、湖底が陥没したような筋目が沖に向って走っている個所だ。レッドヘッドのブレードの後部に、イエローグリーンをブラッシングしてあるスペシャルルアーだ。ファーストキャストから既に一時間。しかし、何の応答も返って来ない。筋目の両サイド周辺にポイントを絞り、フルキャストしてから3m程カウントダウン。一度ロッドを煽って(底を切って)から、リーリングした。数m巻いたアタリで、ガツンと手応えを感じてロッドアップ。思ったとおり、ヤツは潜んでいたのだ。手応えから、間違いなくビッグヒットを感じていた。背負っていたランディングネットを外して、静かにそして慎重に引き寄せるが何故か重い。このテールウオークは、レイクトラウトかも知れない。浮き上がってきた魚体を見て再確認。それは、66cmの見事なレイクトラウトだった。

-DATA-

名前:
栃木県日光市中禅寺湖
交通:
東北道宇都宮IC→日光宇都宮道路→R120
駐車場:
立木観音前駐車場
トイレ:
立木観音前駐車場トイレ
中禅寺湖漁協:
0288:55:0271
日釣券:
岸釣:2,100円。
ワンポイントアドバイス:
・夏場の釣況は、水面水温が20度近くまで上昇してくるので、朝マズメのカケアガリ付近をディープリーリング。日暮れ時のライズも見逃せない。ルアー&フライとも、深場をメインに探りたいところだ。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る