フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 「会津・闇川」は義父の川フィッシングレポート:トップページマタギ渓流釣行旅 »

長良川支流「吉田川」釣行記

May.19, 2001 アマゴの渓 探釣!

長良川支流「吉田川」釣行記:イメージ1

管理釣り場釣行ばかりしていた今シーズン。久々に渓流のアマゴに会いたくなり、長良川支流吉田川に行ってみることにした。ここは昔からフライマン銀座と呼ばれるポイントも多く、今頃行っても人だらけで魚影も少ないのではないか?と思われがち。しかしエサ釣りでは確かにそうかも知れないが、そろそろ魚もテレストリアルを中心とした水面を強く意識する頃。水中のエサよりも水面の陸生昆虫の方が気になる頃ではないか?と勝手に想像して釣行を決めた。実は釣行が楽な場所を選んだだけとも言われるが…。

午前3時に自宅を出発。東海北陸道を経て吉田川へ。自宅から現地までは車で約2時間のドライブである。天候は曇りで無風。絶好の釣り日和。ポイントには先行者も無くとりあえず一番乗りだった。早速、準備にとりかかる。当日のタックルは、8.4フィートの4ピース#2ロッド使用。比較的開けた場所なので、リーダーは6X+7Xの16フィートに8Xのティペットを1フィート足して全長17フィートにしてみた。先行者はいないが周りには足跡だらけ。かなりスレていると判断して慎重にアプローチする。フライは18番のピーコックパラシュートをセットした。

長良川支流「吉田川」釣行記:イメージ2

まず最初は、橋の下から入渓。大きな落ち込みの脇にフライを落とすといきなりアマゴがライズ。これはすっぽ抜けしてフッキングできず。ここぞというポイントでいきなり反応があったのでちょっとビックリ。そんなにスレていないのか?と思わずニンマリ。時間をおいて同じ所にキャストすると今度はフッキング。元気よく上がったのは18cmの小型アマゴ。もう少し大きくなってとやさしくリリース。今度は少し上流の流れが緩くなった護岸にキャストすると再びアマゴが口を開けてフライにライズ。またしても同サイズの小型がヒット。アマゴの魚影は濃いようだが小型ばかりが気になる。

更に上流を目指して釣り上がる。今度はさっきまでと違って全く反応がなくなった。ここぞというポイントでは魚影すら見えない。なんとか、竿抜けポイントを探すがそれでも反応なし。しばらく苦悩の時間が過ぎる。途中、ニンフに変更しようかとも考えたが水温を計ると12℃。ドライで出ないはずはない。やはり、ここは先行者がいたと考えるべきであろう。場所移動を考えたが、このあたりから道路には出られない。このまま、上流へ釣りあがるしか道はなかった。結局、最後にヒットしてから1時間半くらい何の反応もなく、もう少しで道路に上がれる場所だというポイントの差し掛かったとき、対岸側に気になるポイントをみつけた。

上に木が生い茂った深瀬のポイントだ。結構、流れの強そうなところだったが、このまま帰る訳にもいかず、少し戻って狙ってみることにした。フライは白のパラダン#14。流芯にキャストし、ナチュラルドリフトさせると、水底からスーッと魚が浮上し、フライをパクリと咥えた。久々のヒットだ。流芯に乗ってグングンと下る。なんとか浅瀬に寄せてランディング。背中が盛り上がった24cmのアマゴだ。これでロッドオフにしようかと考えたが、途中、気良川が気になり行ってみることにした。ところが、途中工事中で回り道をしなければならなくなったので、手前の橋に車を止め、淵を覗いてみた。すると、大きな飛沫があがるのが見えた。

長良川支流「吉田川」釣行記:イメージ3

何だろうとサングラスをかけてみると、そこには尺オーバーのアマゴが数匹群れで泳いでいるのが見えた。しかも、その内の3匹ほどがライズを繰り返している。これは狙わなければならないと急いでタックルを準備した。ロッドは#2しかなかったのでそのまま使用。リーダーティペットを繋ぎ、全長20フィートくらいの超ロングリーダーシステム。8Xのティペットの先には最近滅多に使用しない#20のコカゲロウパラシュート。橋のずっと下流から釣りあがり、目的のポイントに近寄ってみて愕然とした。足元が深瀬になっている上、ライズポイントは遥か沖。10mくらい先に周りの木を避けながらキャストしなければならない。とても#2じゃ無理だと思いながらも一応、挑戦してみた。すると、丁度キャストしたタイミングで下流側から風が吹いた。上手い具合に風に乗り、フライは10m先に飛んだ。しかも、ふわりと虫が水面に落ちるような感じで。すると、絵に書いたように水底からアマゴがゆっくり浮上。何のためらいもなくフライを吸い込んだ。ヒットだ。久々に会心のヒット。慎重に寄せて足元まで寄せるとエメラルド色に輝くこれまた23cmのアマゴ。この1匹に満足し、さあ、帰ろうとロッドを仕舞い車に戻ろうとした時、またしても大きなライズ。よく見ると先ほど狙ったポイントからさらに沖にあの群れがいた。

長良川支流「吉田川」釣行記:イメージ4

どうやら、ポイントを狙い間違えていたようだ。これは遺憾とまたロッドを準備し、今度は崖の中腹から狙ってみた。しかし、ここは、足場が高く、周りも木や草に覆われ非常に無理な体勢でしかキャストできない。無理を承知で狙ってしまうのが釣り人の性。必死に狙い続けて2時間が経過してしまった。この1投げで最後にしようとフライを白のカディスピューパ#12に変更してキャストすると今まで無視していたアマゴ達が一気にフライに飛びつきいきなりヒット。今年初の尺オーバーだ。嬉しさのあまりロッドを立てすぎてしまったのが運のつき。足場が高く8Xのティペットがプッツリ。アマゴは反転して消えてしまった。その後群れはどこかに消えてしまいここでロッドオフとした。近いうちになんとしてもリベンジしなければと気持ちを新たに家路についた。

-DATA-午前3時に自宅を出発。東海北陸道を経て吉田川へ。自宅から現地までは車で約2時間のドライブである。天候は曇りで無風。絶好の釣り日和。ポイントには先行者も無くとりあえず一番乗りだった。早速、準備にとりかかる。当日のタックルは、8.4フィートの4ピース#2ロッド使用。比較的開けた場所なので、リーダーは6X+7Xの16フィートに8Xのティペットを1フィート足して全長17フィートにしてみた。先行者はいないが周りには足跡だらけ。かなりスレていると判断して慎重にアプローチする。フライは18番のピーコックパラシュートをセットした。

まず最初は、橋の下から入渓。大きな落ち込みの脇にフライを落とすといきなりアマゴがライズ。これはすっぽ抜けしてフッキングできず。ここぞというポイントでいきなり反応があったのでちょっとビックリ。そんなにスレていないのか?と思わずニンマリ。時間をおいて同じ所にキャストすると今度はフッキング。元気よく上がったのは18cmの小型アマゴ。もう少し大きくなってとやさしくリリース。今度は少し上流の流れが緩くなった護岸にキャストすると再びアマゴが口を開けてフライにライズ。またしても同サイズの小型がヒット。アマゴの魚影は濃いようだが小型ばかりが気になる。

更に上流を目指して釣り上がる。今度はさっきまでと違って全く反応がなくなった。ここぞというポイントでは魚影すら見えない。なんとか、竿抜けポイントを探すがそれでも反応なし。しばらく苦悩の時間が過ぎる。途中、ニンフに変更しようかとも考えたが水温を計ると12℃。ドライで出ないはずはない。やはり、ここは先行者がいたと考えるべきであろう。場所移動を考えたが、このあたりから道路には出られない。このまま、上流へ釣りあがるしか道はなかった。結局、最後にヒットしてから1時間半くらい何の反応もなく、もう少しで道路に上がれる場所だというポイントの差し掛かったとき、対岸側に気になるポイントをみつけた。

上に木が生い茂った深瀬のポイントだ。結構、流れの強そうなところだったが、このまま帰る訳にもいかず、少し戻って狙ってみることにした。フライは白のパラダン#14。流芯にキャストし、ナチュラルドリフトさせると、水底からスーッと魚が浮上し、フライをパクリと咥えた。久々のヒットだ。流芯に乗ってグングンと下る。なんとか浅瀬に寄せてランディング。背中が盛り上がった24cmのアマゴだ。これでロッドオフにしようかと考えたが、途中、気良川が気になり行ってみることにした。ところが、途中工事中で回り道をしなければならなくなったので、手前の橋に車を止め、淵を覗いてみた。すると、大きな飛沫があがるのが見えた。

何だろうとサングラスをかけてみると、そこには尺オーバーのアマゴが数匹群れで泳いでいるのが見えた。しかも、その内の3匹ほどがライズを繰り返している。これは狙わなければならないと急いでタックルを準備した。ロッドは#2しかなかったのでそのまま使用。リーダーティペットを繋ぎ、全長20フィートくらいの超ロングリーダーシステム。8Xのティペットの先には最近滅多に使用しない#20のコカゲロウパラシュート。橋のずっと下流から釣りあがり、目的のポイントに近寄ってみて愕然とした。足元が深瀬になっている上、ライズポイントは遥か沖。10mくらい先に周りの木を避けながらキャストしなければならない。とても#2じゃ無理だと思いながらも一応、挑戦してみた。すると、丁度キャストしたタイミングで下流側から風が吹いた。上手い具合に風に乗り、フライは10m先に飛んだ。しかも、ふわりと虫が水面に落ちるような感じで。すると、絵に書いたように水底からアマゴがゆっくり浮上。何のためらいもなくフライを吸い込んだ。ヒットだ。久々に会心のヒット。慎重に寄せて足元まで寄せるとエメラルド色に輝くこれまた23cmのアマゴ。この1匹に満足し、さあ、帰ろうとロッドを仕舞い車に戻ろうとした時、またしても大きなライズ。よく見ると先ほど狙ったポイントからさらに沖にあの群れがいた。

どうやら、ポイントを狙い間違えていたようだ。これは遺憾とまたロッドを準備し、今度は崖の中腹から狙ってみた。しかし、ここは、足場が高く、周りも木や草に覆われ非常に無理な体勢でしかキャストできない。無理を承知で狙ってしまうのが釣り人の性。必死に狙い続けて2時間が経過してしまった。この1投げで最後にしようとフライを白のカディスピューパ#12に変更してキャストすると今まで無視していたアマゴ達が一気にフライに飛びつきいきなりヒット。今年初の尺オーバーだ。嬉しさのあまりロッドを立てすぎてしまったのが運のつき。足場が高く8Xのティペットがプッツリ。アマゴは反転して消えてしまった。その後群れはどこかに消えてしまいここでロッドオフとした。近いうちになんとしてもリベンジしなければと気持ちを新たに家路についた。

-DATA-

場所:
岐阜県郡上郡八幡町有坂1238(郡上漁協)
交通:
東海北陸自動車道郡上八幡I.C下車後、左折して城南交差点よりR472沿い。
駐車場:
入川口近辺にあり。
トイレ:
なし。コンビニなど利用。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る