フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« ヤマメも染まる新緑の横瀬川フィッシングレポート:トップページ兵庫県加古川でのフライフィッシング »

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング(春の巻)

Apr.28, 2001 春のシャローでブルーギルが入れ食い

青野ダムではブラックバス以上にブルーギルがよく釣れるのですが、おそらく一年 中でブルーギルが一番良く釣れるのが4月下旬から5月にかけてだと思います。昨年も このシーズンに半日で50匹超という爆釣を経験しましたし、そのブルーギルがいずれ も20cm前後というデカギルなのですから、釣り味のほうも抜群です。去年の経験から すると、このシーズンのブルーギル釣りのコツは、良型のブルーギルが集まっている ポイントを探しながら次々と移動していくことです。一ヶ所に落ち着いていては釣れ る数もサイズも伸び悩みますが、ひとたびブルーギルの群れを見つけると、少なくと も20匹、うまくいけば50匹を越える連続ヒットが楽しめます。さて今年も同じような パターンが通用するでしょうか。

午後4時頃に釣り場に到着しました。南風が結構強く吹いています。釣り場はダム 湖の上流部分で、浅い場所が広がっています。いつもは7番タックルを使うところ、 今回はブルーギルの引き味を楽しむために、5番9フィートロッドにフローティングラ イン(ウェイトフォワード)、4XのリーダーにMSCからスタートしました。(ホント は浮くフライで水面を釣るのが楽しいのですが、風が吹いている時はMSCを沈めて引 っ張ってくるのがよろしいようです。)

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング(春の巻):イメージ1

島の周辺です。昨年はこの場所で45cmを越えるバスも出たのですが、この日はルアー マンが散々叩いた後のようで、数匹のブルーギルが出ただけでした。少しずつ岸沿い に移動していき、沢山のルアーマンの間を次々とチェックしていきます。でも超小型 のブルーギルの反応しかありません。そこで少し入りにくい釣り場を求めて移動して いきますと、やっぱり誰も居ない場所が見つかりました。フライフィッシングで釣る には後方の障害物が邪魔になる場所だったので、まずは岸と平行にキャストして数匹 のブルーギルを散発的ながらキャッチ。でも後が続きません。得意のタワーキャスト (バックキャストを高く上げることで、後方の障害物を回避する方法です)を駆使し て沖合を探ることにしました。すると案の定、20cm前後のブルーギルの入れ食いが始 まりました。

減水したときの光景を思い出しながら湖底の様子をイメージします。沖合へ向けて 、湖底はなだらかなカケアガリになっているはずです。その沖に立ち木が沈んでいる のが今でも見えるのですが、その手前の直径約5mのエリアにMSCをキャストすると、 沈んでいく途中でラインが引っ張られることもありますし、その後のスローなリトリ ーブでガツンというバイトもあります。立っている場所から15mくらいの距離がある ため、フッキングしてから取り込むまで、ブルーギルのファイトを存分に味わうこと が出来ます。ガツーン、ギューン、ググググッという感じですね。ワンキャスト・ワ ンヒットがしばらく続き、少し食いが悪くなってきた頃には20匹のブルーギルを釣っ ていました。

魚の反応が悪くなったら、すかさず見切って次のポイントを探ることがコツです。 少し移動してみると、今度も良いポイントがポッカリと空いているのを見つけました 。早速入ってみると・・・・・ やっぱり居ました。この場所も立ち木が沈んでいる のですが、その脇や沖側で、連続してブルーギルが食ってきました。サイズも20cm前 後あります。この頃には吹いていた風もほとんど止み、いよいよ水面での釣りの開始 です。

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング(春の巻):イメージ2

続きするウレタンフォームをフックに固定して、両脇にラバーレッグを取り付けたテ レストリアルフライ(仲間内ではフォーム・アントと読んでいます)がお奨めです。 フォーム・アントでの釣りは、キャストした時の着水音ですぐに反応する場合と、そ こから少しリトリーブしてポッピング音で誘う場合です。いずれもフライを数秒~10 秒間ほど止めることが重要ですね。ブルーギルというのはフライを見に来てから、少 し間を置いてフライを吸い込むことが多いです。この日もそんな感じでワンキャスト ・ワンヒットが続きました。ポイントの沖側では30cmのバスも一匹出ました。バス の30cmとブルーギルの20cmは同じくらいの力でファイトしてくれますね。

ということで、午後4時から7時までの3時間で、バスが1匹(30cm)、ブルーギル が42匹(ほとんどが15cm超)という爆釣でした。この時期のフライフィッシングを一 度経験されますと、きっと病みつきになると思います。なおウェーディングの際には 急な深みにだけは十分ご注意下さい。それとブルーギルもバスもフライを飲み込んで しまうしまうことが多いので、フォーセップやラジオペンチは必携です。また青野ダ ムを訪れる際には、絶対にゴミを放置せず、持ち帰るようにして下さいね。

-DATA-

名前:
兵庫県三田市北部にある青野ダム湖(千丈寺湖)
交通:
車の場合は中国自動車道・神戸三田インターから約15分
駐車場:
湖岸に幾つかある公設の駐車場(無料)を利用
トイレ:
公園に幾つかある公設のトイレを利用

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る