フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 大安トラウトレイク釣行記フィッシングレポート:トップページ鬼無里村 西京付近 »

小柿渓谷のアマゴ(放流)釣り

Mar.20, 2001 小柿渓谷の川釣り

小柿渓谷のアマゴ(放流)釣り:イメージ1

今日はMMFTのメンバー3名とゲスト3名、計6名で小柿渓谷(三田)へアマゴ釣りに出かけました。ここは川の水もきれいで、川幅も広く流れも緩やかな所です。

このポイントは、餌釣り専用(アマゴ)・フライ専用(ニジマス、イワナ、ブラウン)・ルアー専用(ニジマス、イワナ、ブラウン)・ルアー、フライ専用(アマゴ)に別れており、初心者から上級者、またファミリーでも楽しめる、とっても環境のいい場所です。

朝7時に家を出て、メンバー(小社長さん・漁師さん)と料金所の出口付近で待ち合わせをして合流しました。車は漁師さんの車、カーナビを搭載しているので、私たちの方の車は「着いていくだけ!」と安心していました。しかし、車はとんでもない方向に、気が付いた時には丹波笹山の方まで足を伸ばしていました。(みなさん、カーナビも信用できませんぞ!)

やっとのおもいで現地に着いたのは10時頃でした。早速釣りの準備にかかりました。棚合せの目印をつけ、棚を合せようと川を見ると水深がかなり浅い、え、、、こんな所でほんとに釣れるのと思うぐらいの所でした。あたりを見合わしてもそんなに深い所がありません。浅い所は川遊びができるぐらいの所もありました。

まもなくおじさんがバケツを持ってきてアマゴを放流してくれました。アマゴの動きを見ていると、放した所にじっとして動こうとしません。魚が見えているのです。ますます釣れる気がしません。

私たち6名共あたりがなく、気が付くと口数少なくみんな真剣になっていました。「なんで放流のアマゴがこんなに釣れないの。」って思っていたのだと思います。そして先頭を気って釣り上げたのは、当MMFTの会長小社長さんでした。さすが会長です。そしてまもなく漁師さんも釣り上げました。私だけがなかなか釣れません。私もアマゴ釣りは何度か経験しています。1回に20匹~30匹(放流ですが)は釣り上げていたので、今回はかなりあせりました。やっとのおもいで1匹釣り上げたのが約1時間後、ほっとしました。

あ、それから言い忘れていましたが今回は私の嫁と子どもも連れて来ていました。それが失敗でした。私が1匹釣ったら嫁のほうが「竿貸して。」って言って、私の持っていた竿を取られてしまいました。おまけに子どもの子守り、その上嫁の奪い取られた竿に、アマゴの餌付けとこきつかわれました。私でもなかなか釣れないのに、「嫁にアマゴが釣れるか。そのうちあきるだろう」と心の中で思って安心していたのですが、竿を貸してまもなく大きなあたりが!左の写真の一番上のアマゴを釣ったのでした。それも素人はおそろしい、そのアマゴを大胆に抜き上げたのです。

小柿渓谷のアマゴ(放流)釣り:イメージ2

レギュラーサイズは写真でもわかるように、下の4匹がレギュラーサイズです。嫁が釣ったのがどれぐらい大きいかよくわかるでしょう。それからです。「1匹だけだったら、まぐれやって思われるからもう1匹釣る。」と言って、嫁は私に竿を返してくれません。結局私はほとんど釣りができず、ストレスだけたまって終わってしまいました。 納竿は午後5時、今回の参加者全員で釣り上げたのは右の写真です。

今回の釣りは放流釣りといえども、ほんと難しかったです。嫁・子どもの世話をして、釣りがあまりできませんでしたが、釣りの名人というのはどこでもいるものです。嫁が釣り上げたアマゴを見たのをきっかけに、名人とも話しをして、いろいろと教わりました。

教わった中での、今回の釣りの反省点ですが、名人とのタックルの差を紹介します。
1) ハリスの太さが違う。
2) 針の大きさが違う。
3) アマゴのいるポイントをよく知っている。
等々いろいろと教えて頂き大変勉強になりました。今度行く時は、まず道具から選定のし直しです。
でも、久しぶりに家族でゆっくり川遊びができました。次行く時は嫁と子どもには内緒で行きます。

★ワンポイントアドバイス★
タックルは、渓流竿4.5m・負荷は、川の流れに合わして選定が必要。
仕掛け:ハリス0.4号~0.6号・アマゴ針3号~6号(アマゴの大きさにより変更する必要があります。)

-DATA-

場所:
兵庫県明石市小柿渓谷(三田・清流の羽束川)
連絡先(申し込み)TEL(0795)69-0693
解禁 11月1日~5月上旬
駐車場:
釣り場のすぐ前にあります。
トイレ:
あり
時間:
AM6:00~PM17:00
料金:
大人1日券3500円 女性・子ども1日券2500円
役立ち情報:
食いが悪い時は、海釣りと同じくイクラを撒くと効果的

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る