フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« やま里フィッシングレポート:トップページMATAURA RIVER(その弐) »

MATAURA RIVER(その壱)

Mar. 12, 2001 おそるべし!ブラウン天国 マタウラ

MATAURA RIVER(その壱):イメージ1

2月半ばから始めたニュージーランド南島の釣り歩きの旅。ここまで散々な結果で各地を転々としてきた。そしてやってきたのが「世界のブラウントラウトの首都」という謳い文句のゴア。まずはこの町の名物である巨大ブラウントラウトを写真に収める。釣り人ならずとも写真を撮りたくなるでかさだ。ここから南に羊肉の加工工場があるマタウラを目指す。ここに旅の途中出会ったロンがいるのだ。彼はアメリカ・モンタナ州でプロフィッシングガイドとして半年働き、アメリカが禁漁中の半年NZで釣りをするという正真正銘の釣りバカだ。年はなんと63歳!ここまで連戦連敗の私は何か情報を得ようと、たった一度会っただけの彼の家を訪ねた。ロンは一度きりしか会っていない私を暖かく迎えてくれる。お茶を飲みながら、マタウラでの釣りに関しての情報を貰う。まず、今年は異常渇水で水位が異常に低い事、しかし魚のサイズ、状態などは非常に良くて先日も一人で20匹も釣れたという。しかも全てドライ。30分も話したところで、「釣りに行こう!」ということになった。

マタウラ川にはいくつものポイントがある。国道1号線が川の西側を、東側にもローカルな道が川に沿う様にあるので、このどちらからでも簡単に川に入れる。アクセスポイントは非常に簡単に分かるようになっている。この時は、マタウラの町にあるたった一本の橋を渡り、川の東からアクセスした。橋から約 5kmのところにある「651」のポスト近くから川を覗く。

MATAURA RIVER(その壱):イメージ2

興奮しつつ川を見ていると、静まりかえった水面にライズリングが広がる。まずはここに入ることになった。川に降りてみると、やはり所々でライズしている。しかし、それでもライズは少なくなっており、ここ最近は午後1時~3時の間で多くライズしていたという。すでに時間が遅かった。ライズは多くないし、非常にゆっくりとした流れでライズしているので難しい。まずは浅い瀬をニンフで釣ることになった。ロンがお手本として釣り方を見せる。4lbラインにインジケーター、その下60cmくらいにビーズヘッドのニンフ、サイズは16くらいだろう。手前から順に流す。マタウラ川はおせじにも水質が良いとはいえないためここではサイトフィッシングが出来ない。数回流していきなりヒット!すごい。大きさは50cmくらいだろう。それでも、ロンの5番ロッドは大きくしなる。

MATAURA RIVER(その壱):イメージ3

あまりにあっけなく釣れ、驚いていると次は私の番。半信半疑で私は瀬を上へ。ロンは横へと攻める。小さ目のビーズヘッドニンフ(14くらい)にドロッパーで #16のヘアーズイアーを付けてみる。すると、10分も経たないでヒット!6番ロッドをしっかりと曲げ楽しませてくれる。上がってきたのは、50cm、 2.5lbのもちろんブラウンだ。「一体なんなんだここは・・・」と思いながらも久々に魚らしい魚が釣れ、うれしくて仕方がない。私がランディングしている間にもロンは同サイズをまた釣る。そして、私がまた瀬に投げ込むとすぐに釣れる。本当にいるところにはいるのだ。

MATAURA RIVER(その壱):イメージ4

ニンフで釣ったので今度はドライでやってみることにする。流れは非常に緩いのでフライを良く見られてしまう。魚は対岸の切り立ったところギリギリでライズする上、深くなるのであまり近くまで行けないので、距離もそこそこある。さらにほとんどは定位しているのではなく、回遊しながらライズしているので迅速、正確、静かなキャストが要求される。非常にシビアだ。それでもロンはライズをいくつか取る。私はというと・・・運良く一匹かかるがバラしてしまった。
 一旦、家に戻り夕食を食べてからイブニングに行く。ライズは多くはないが、辺りが真っ暗になってからエルクヘアでフラッタリングすると、「ガボッ!」っと出る。一度アタリを外しても2度、3度と追ってくる姿はブラウンという事を忘れさせる。イブニングはサイズアップして3.5lbだった。ロンは暗くなってからは釣りをしない主義で座って私が釣り終わるのを待っていた。

とにかく、初日でなぜゴアが「ブラウントラウトの町」といわれるかを知るには十分だった。ここには、腐るほどブラウンがいるのだ。ただ、サイズは3lbと小さ目だが、たまにシートラウト(約7lb)も混ざり、ドキドキさせてくれるのだ。この時はまだ知らなかったがマタウラ川の凄さはこんなものではなかった。続く・・・

-DATA-

場所:
ニュージーランド 南島 サウスランド地方 ゴア
交通:
ゴアより国道1号線を南へ15km
駐車場:
なし(駐車スペースはあるが、全て公的な駐車場ではないので邪魔にならない様に止める)
トイレ:
なし

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る