フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2001年01月フィッシングレポート:トップページ2001年03月 »

神川 白山橋付近

Feb.24, 2001 とっても寒い渓流釣り

神川 白山橋付近:イメージ1

2月16日の解禁から1週間が過ぎ、ようやく落ち着きを取り戻した神川だが、本格的に渓流に入ったのは今日が初めてである。菅平高原より流れ出る小川は、千曲川に合流するまでに約25kmほどあり、年間を通して水量豊かな川です。この時期、放流が盛んに行われますが、越冬した渓流魚は錆が残っており、放流魚と比べれば一目瞭然。入渓するに大変な場所ですが、出会える魚はとても綺麗な魚体です。

神川 白山橋付近:イメージ2 神川 白山橋付近:イメージ3

上信越自動車道、上田菅平ICより菅平高原を目指して進みます。上田菅平ICより5分程で上田市と真田町の境にある川久保橋に到着です。ここを流れる川が神川となりますが、目的の橋は8kmほど上流にあり入渓場所を間違えないように進みます。白山橋から見える神川は、雪代と雨の影響で水量が増えています。前日から続く雨の影響で濁りを予想していたが、予想していたほど濁りも少なく釣果にも影響なさそうです。さっそくレインウエアーを着込み仕掛けを用意します。ちょっと長めの6.1mの竿とフロロライン0.3号を使用した渓流針6号(バーブレス)を選択して流れが淀んでいる場所を狙っていきます。

神川 白山橋付近:イメージ4

気温2℃、水温5℃の環境では水の中がとても暖かく感じます。しかし、雨が降っている状況では雪が降っているより最悪で、ブルブル震えながら竿を握ります。最初に入渓した地点より、50mほど移動した場所で最初のアタリがやってきた。引き込まれるようなアタリではないが、軽く合せると久し振りの手ごたえに体に反応して、場荒れを防ぐ為に一気に魚を引き抜いた。錆が残るヤマメは雪の上に乗せると色合いがとても綺麗で、放流されたヤマメと比較にならないほど体高もある。サイズは20cmとまだまだだが、弱らないうちに元の場所に戻してあげた。

神川 白山橋付近:イメージ5

アタリも遠のき、ちょっとした滝の下までやってきた。大物も潜む場所だが、ここだけ入渓する人が多く、釣れるか良く分からない。今までヤマメ狙いで軽めの重りを使用していたが、イワナ狙いで4Bの重りに交換する。白泡周辺からゆっくり淵尻まで誘いを掛けながら粘っていると、目印が流れに逆らって動き出した。「イワナ?ヤマメ?」と思いながら早合せをすると、確かな手ごたえがある。ここは焦らず一気に引き抜くと、黒々としたイワナが顔を覗かせた。ヒレピンのイワナは体長が8寸ほどあり、「天然?居つき?」と考えながら、元の場所に帰してあげた。

神川 白山橋付近:イメージ6

上流に移動しながら、川の中に倒れた竹を見つけた。「イワナはここにいる!」と確信しながら餌を送り込むが、なかなかポイントまで送り込めない。やっとの思いで餌を送り込むと、手元に「ビクン」としたアタリが伝わってきた。奥に逃げ込まれないように、上流に竿を倒してゆっくり手繰り寄せると、予想していたイワナではなく、ヤマメが喰いついていた。てっきりイワナだと思っていたが、釣れたヤマメは魚体が薄い茶色に覆われ、雪と微妙にマッチしています。これだけを見ているとキャンパスに描かれたヤマメを想像しますが、実物はもっと綺麗です。

神川 白山橋付近:イメージ7

朝から降り続く雨もみぞれに変わり、川はうっすらと霧に覆われてきた。このまま上流に足を運びたいが、雨に打たれた体は寒さを我慢できず、早々に引き返す事にした。車に戻り、体を温めてから違う場所に出かけようと考えるが、明日の事もあるので、地元の釣具屋さんに寄って家路に向かった。

白山橋上流200mには発電用の放水口があり、放水口の下では釣りをしないようにしましょう。突然の放水で驚くことがありますが、水かさが増えたら急いで岸に上がり、放水が落ち着くまで休憩しましょう。

-DATA-

場所:
長野県小県郡真田町 神川 白山橋付近
交通:
上信越自動車道 上田菅平ICより国道144号線を菅平方面に10km
駐車場:
無し
トイレ:
無し
携帯電話:
通話可能
日釣り券:
1050円

朝霧池 釣行記

Feb.10, 2001 大型トラウトの楽園

今回は、ここ何年か訪れていなかった三河高原の牧場の中にある景色のいい「朝霧池」を紹介します。ここは、愛知県でも古くからあるルアーフライ専用の管理池です。管理池と言っても普通の管理池と違い、雄大な自然の中にある総合アウトドア施設の中に設定されていて、釣りだけでなくアウトドアレジャーが十分満喫できる場所でもある。もちろん、キャンプなどもOK。池の周りは牧場になっていて、釣りをしていると、すぐ近くまで牛が来ていることもあり、驚かされる時がある。さて、釣りの方だが、この池はクロウト好みの池であり、そんじょそこらの池と同じように考えて釣りに来ると、ほとんどの人がボウズになる可能性がある。というのは、ここは、山を切り開き開拓された池なので、水底には無数の切り株が沈んでいる。よって、普通にルースングをしていると、すぐに根掛かりになってしまうのである。また、周りには松林があり、バックを気にしないと木を釣ってしまうことも多い。何かと、トラブルが多く発生しやすいところなのだ。こんなことを書くとどうしてこんな場所を紹介するのか?と言われてしまいそうだが、実はここのトラウトは極めて大型が多く、天然に近いまたは、完全に野生化したネイティブトラウトが釣れるのです。

朝霧池 釣行記:イメージ1

アベレージは40cmくらいだが、70cm80cmクラスも数多く棲息しているのである。釣れるトラウトはレインボウ、ホウライ、イワナ、ブラウン、アマゴなどだが、イワナの60cmオーバー、ブラウンの60cmオーバーが高確率でヒットするからたまらない。みんな、これが目当てでここに通うのである。私も一時期ここに通った時があったが、当時は腕が悪く1日1匹釣れるか釣れないかという状態だったので、それ以後ここに来ていなかったのだが、今回は腕試しのつもりで釣行した。この池には、桟橋が5本と堰堤が1箇所。インレット、アウトレットがそれぞれ1箇所ずつあり、手前から堰堤にかけて徐々に深くなっている。しかし、大型魚は回遊していて1時間に1回ペースで各ポイントにチャンスが回ってくる。しかし、イワナ、ブラウンは定着性がり、私の経験から言うと岸(桟橋)から約10mくらい沖の障害物についていることが多いようだ。そこで、大型レインボウを狙うならタナは約1ヒロに設定したルースニングで遠投し、風に任せて自然に流すのがお薦め。また、イワナ、ブラウンを狙うなら根ががり覚悟で、タナをベタ底付近(1.5ヒロくらい)にして手前をじっくり探るのがお薦めである。

朝霧池 釣行記:イメージ2

この渓流が解禁したばかりの季節にここを訪れた理由は、腕ためしだけでなく、もう一つ別の理由があった。それは、皆渓流に出かけて人がすくないだろうという事と年を越したヒレピンのトラウトがさぞ腹を空かせているだろうと考えたからである。朝も8時からオープンと普通よりかなり遅めが出発を楽にしてくれていい。当日は、友人と二人での釣行となった。当日のタックルは、ロッドがアルトモアSセミダブルハンドの#5にDTフローティングライン#5。リーダーが1 号、ティペットが0.8号の全長1ヒロに設定。フライは白のオリジナルマラブー#8。アウトリガースタイルで開始した。まずは、活性が高い中層を泳ぐトラウトが狙いだ。

しかし、何の反応もなく1時間がすぎた。この間、友人のルースニングには2匹の良型トラウトがヒットしていた。友人は、タナが1ヒロ弱でティペットが0.6号。フライはオリーブのニンフだった。それを聞いて私もルースニングに変更。フライは黒のユスリカピューパ#14。ティペットは同じく0.6号に落とした。沖に遠投し、風に任せて自然にラインを手繰り、丁度手前8mくらいにさしかかってきたところでインジケーターがスーっと沈んだ。すかさず合わせると、グルングルンと首を振る大型独特の引きがロッドに伝わってきた。待望のヒットである。しかもでかい。慎重にロッドを立て、強い引きに耐えているとそれは、水面に顔を出した。何といきなりブラウンの50cmオーバーである。ランディングネットを準備し、取り込みのタイミングをはかろうとした矢先、それは急に最後の抵抗で反転し、水底に一気に突っ込んでいった。その時、ふっとロッドが軽くなってしまった。痛恨のラインブレイクである。フライが口の奥に掛かっていたようで、おそらく鋭い歯に擦れたのだろう。残念である。これをきっかけにしばらくアタリが遠のいてしまった。

朝霧池 釣行記:イメージ3

友人は、この間、さらに1匹をキャッチしすでにその差は3匹。完敗状態である。友人曰く、「腕の差だよ」とキツイ一言が胸に刺さる。厳しい寒さの中(気温マイナス2℃)周りがほとんど釣れていない状態で3匹は確かにすごい。今日はボウズかなと少しあきらめてきた頃は、丁度10時を過ぎたところだ。気分転換に隣の桟橋に移動してみた。ところが、これが良かったのか、いきなり待望の1匹目がヒット。型は35cmくらいだが、元気よくロッドを曲げてくれた。苦労の後のうれしい1匹は無事ランディング。どうやら、自分のポイントに回遊してきたのか、この後、次々にアタリが連発。ほどなく、2匹目もヒットした。今度は 40cmオーバーの良型。強烈なパワーでダブルハンドが満月になる。ネットに納めると43cmのりっぱなレインボウだった。だんだん調子がでてきたところで、ティペットを0.8号に戻し、フライを#12のブラックピューパレイクバージョンに変更すると、さらにアタリが出始め、3匹目もインジケータを一気に水中に引き込むアタリでヒットした。ついに友人に追いつく釣果。ヒレピンに40cmオーバーである。この後、友人も1匹追加し、後1匹釣ったら帰ろうかと約束した直後、私のロッドがまたしても満月になった。丸々と太ったネイティブレインボウである。

約束して、すぐに釣れてしまったのでその後もうちょったしたら帰ろうと変更したのが、不運のはじまりであった。キャストした直後にライントラブル。なかなか、ラインがほどけなかったので、結局最初から作りなおし、リーダーティペットともに新品に変更し、フライも新品に変更した直後のキャスト。オーバーヘッドから前方へ振り落としたその時、バキっと嫌な音を立てて2番目の継ぎ目からロッド前方に飛んでいった。ラインブレイクならぬ、ロッドブレイクである。どうやら、キャストしている間に継ぎ目が緩み、吹っ飛んだようだ。昨年の12月末に購入したばかりのロッドが無残な姿に…。やはり、決めた約束を守っていればこんなことにはならずに済んだかもと失意の中のロッドオフとなった。しかし、久々にヒットしたトラウトはやはり、私の期待を裏切らないすばらしいものばかりで、ロッドの修理が完了したころにもう一度訪れてみたい。

-DATA-

場所:
愛知県東加茂郡下山村三河高原ロッジ朝霧荘
電話:
0564-86-3530
交通:
名古屋から国道155号→153号→豊田市→香嵐渓→国道420号→朝霧荘。
駐車場:
有り。
トイレ:
トイレあり。

◆ちょっとした食堂などあり。総合アウトドア施設あり。三河高原牧場の中にあり牛が近くで見られる。
◆バーブレスフック、サングラス、帽子などを使用してください。
◆一般男性1日3200円。女性・中学生以下2500円。
◆営業時間AM8時~PM6時(10/1~6/30まで)

立岩湖 シナノユキマス

Feb.03, 2001 長野県で5箇所しか放流されていない魚

シナノユキマスは1975年に旧チェコスロバキアから卵の輸入をして、長野県水産試験場で世界で初めて養殖技術を確立した魚である。サケ科の魚で英名は「white fish」と呼ばれるらしいが、資料が少なく、よく分からない。主にプランクトン動物を捕食しているようで、餌、仕掛け、釣り方も、決まったスタイルは無い。3年で40cmほどに成長するシナノユキマスは、白身の魚で癖が無く、大物を狙って集まる場所にもなっている。

立岩湖 シナノユキマス:イメージ1

国道152、254、141号線経由で立岩湖を目指して進みます。小海町に入ってから、北相木村、南相木村の標識が国道沿いに立っているので、標識に従って左折し、最初の目的地の南相木村役場を目指します。南相木村役場の500m手前に小さな釣具屋さん「こだいら」があり、初めて立岩湖に出かける方はここで準備を済ませましょう。店に入り「立岩湖でシナノユキマスを釣りたい」と言えば、ヒマメス用の仕掛け、撒き餌を用意してくれます。餌、仕掛け、日釣り券で3500円ほどになると思いますが、釣果もこの時点で確定すると思われます。店を出てから、役場の前を通り過ぎ、道なりに10分ほど進めば立岩湖(立岩荘)が見えてきます。

立岩湖 シナノユキマス:イメージ2

立岩荘の駐車場で準備を済ませ、水の中に落ちないように人の足跡を辿ってポイントを目指します。年によってポイントが変化するらしいが、今年は堰堤近くの水深10m前後が良い感じです。氷の厚さは50cmほどあり、鉄の棒で大きな穴を開ける人もおりますが、アイスドリルでも充分対応できますので釣れそうな場所に穴を開けます。

立岩湖 シナノユキマス:イメージ3

「こだいら」で仕入れてきたヒメマス用の仕掛けとコマセのカゴを取り付け、ゆっくり水の中に沈めていきます。底に重りが着いてからラインを張り、竿にアタリが出るのを待ちます。ヒメマス用のハリスは0.8号と太目のハリスを使っていますが、大物が掛かってハリスが切れるのを防ぐ為に太くしているので、小物を釣る場合にはワカサギ用でも充分です。アジ、ヒメマス、ワカサギなど、針が20本もある仕掛けを使っている人もいるので自分に合った仕掛けを見つけます。餌も鯉の撒き餌、オキアミ、サシ、赤虫など、釣れにくい魚なので種類も豊富です。今日は鯉のコマセとヒメマス用のサビキを使い、サシとラビットを針にチョン掛けして誘いを掛けてみる。

立岩湖 シナノユキマス:イメージ4

氷上の気温は-15℃。七輪陶芸で活躍した七輪を持ち込み、冷えた体を温めながら竿を動かし続けます。コマセの効果で魚が集まってきたのか、約15分後に待望のアタリがあり、ワカサギ用の竿は上下に勢いよく動いています。ワカサギ用の穂先が柔らかい竿のしなりを見ているのは面白いが、仕掛けが絡まるのを恐れて静かにリールを巻き上げます。水面から顔を出したシナノユキマスは、唇が弱い魚で、氷を取り除く網で慎重にすくい上げます。最初の1匹目は18cmほどのサイズで、最初の1匹が釣れれば2匹目も期待ができます。

立岩湖 シナノユキマス:イメージ5

日が昇り、氷上には地元の常連さんで賑やかな会話が始った。「今日はどう?」「まだダメだよ・・・」と聞こえてくるが、回遊してくる大型のシナノユキマスを待っているらしい。最初の1匹目を手にしてから3時間が過ぎ、周りを見ても釣れない様子です。「先週来た時には2時間で40匹も釣れたのに・・・」と、思い出し、仕掛けを変えたり、餌を交換しても反応がありません。気が付けば日が落ちており、1人残された氷上で本日終了となった。

シナノユキマスは、釣り人を選ぶようで簡単には釣れません。自分のスタイルが見つかれば、きっと釣果も伸びると思います。

-DATA-

場所:
長野県南佐久郡南相木村 立岩湖
交通:
上信越自動車道 佐久ICより国道141号線を小海町に向かって走り、南相木村の標識より、南相木村役場を経由して約10km
駐車場:
約10台(冬季)
トイレ:
立岩荘の駐車場に1つ
問合せ:
立岩湖交流センター立岩荘
電話:0267-78-2750
宿泊施設:
立岩湖交流センター立岩荘
住所:長野県南相木村5567
電話:0267-78-2750
料金:5000円~10000円
URL :http://www1.ocn.ne.jp/~bluelake/index.html
日釣り券:
1570円

高槻芥川渓流のルアー&フライ

Dec.09, 2001, Feb.02, 2002 ビギナーにもやさしい?!

高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ1

2001年12月、我々釣り仲間にとっては、冬の釣りの定番となった管理釣り場へ行ってまいりました。ここ芥川清・渓流魚釣り場は、我々にとっては初めてのフィールドでした。Gofieldでも以前紹介されておりますが大阪高槻から15分程度車で走れば、こんな綺麗な清流に出会えるとは意外でした。今回はマス釣り初挑戦の3人を連れ、計6人での釣行となりました。

釣り場に入るとまず漁協のおじさんが、「はい、ここで釣ってね。」と上流部の2区画を指定されました。過去他の釣り場で、釣り場所まで指定されたことがないので、少々呆気に取られていると、その後続々と現れたアングラーは下流部の方へ。6人グループと言うことで漁協の方々が気を使っていただいたみたいで、通常予約制で区切られる区画に我々を入れていただいたようです。5人以上の場合は事前に場所の予約が出来るとのこと。

高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ2 高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ3

釣果の方は、ビギナー組は1~3匹とかなり苦戦。が、経験者の方は、約20~30匹とかなり釣っておられました。原因は、ラインの太さやルアーアクションなどちょっとした事のようですが、釣果が全く変わってしまいました。ラインは2~3lb、2グラム前後の小型のスプーンが有効だったようです。経験者ながら小生の方はこの日は不調で3匹しか釣れず、ビギナーの指導に専念?しておりました。

高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ4

経験者組がたくさん釣ってくれたマスをその場で塩焼きにしていただきました。家で食べるのとはまた違い、自然の中で魚を頬張るのもまたオツです。家族連れでも十分楽しめます。ビギナー組も満喫して帰っていかれたようです。

高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ5

2002年2月、釣り仲間2人と2回目の釣行。彼らはルアーで、私は3ヶ月前から始めたフライでチャレンジすることに。フライは我流で始めたばかりなので、まだまだ完成度は低く、まともに竿を振るのはこれで3回目。ルースニングで始めると早速インジケーターにポコポコと反応が。アワセてみるがのらない。その後も何度も反応があるもののアワセがうまくいかない。その横でルアー組の方は、この日も絶好調。何度となくパシャパシャとマスが水面を割ってくる。何度もバスロッドに持ち替えようかと思ったが、いや、ここは初志貫徹フライを投げ続けた。

高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ6

ルアー組にも当たりが止まり出したころ、その時はやってきた。インジケーターでアタリを取るのを止めて、少しずつウエットフライをリトリーブしながらラインでアタリを取ることにした。ロッドに魚の感触が伝わる。パシッとあわせると20cm前後の美しいニジマスが飛んできた。この一匹の重み。なんと表現したらよいのでしょうか。めちゃくちゃ嬉しい。その後も連発。結局釣果としては8匹でしたが、朝からこの釣りができていればもっと釣果はあったでしょう。

高槻芥川渓流のルアー&フライ:イメージ7

この周辺の管理釣り場、三田の小柿渓谷、猪名川の北田原マス釣場と比較してもここはよく釣れると思います。ビギナースクール等の会場にもなっているので、フライを始められる方にはいい練習場所だと思います。これからは、フライ頑張るぞ。みなさんも始めてみては。

-DATA-

場所:
大阪市高槻市大字原2154-2
交通:
電車・バスの場合 JR高槻駅下車、西武高槻ショッピングセンター前より市バス(上ノ口行、原大橋行)15分br /> 上ノ口下車、組合事務所、釣り場まで徒歩5~10分
マイカーの場合br /> 高槻から府道枚方亀岡線(府道6号線)を亀岡方面へ、上の口交差点左折右手に組合事務所あり
駐車場:
1日1,000円
トイレ:
あり
釣り時間:
8:00~17:00
料金:
1日券のみ 大人3,000円、子供(中学生以下)2,000円
その他:
ニジマス毎日放流(元日、2日は休業)

ページのトップに戻る