フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 松原湖 立花屋前 NO.1フィッシングレポート:トップページ高槻芥川渓流のルアー&フライ »

松原湖 立花屋前 NO.2

Jan.28, 2001 天気に恵まれた松原湖だが・・・

朝4時30分。昨日の出来事が忘れられない為、今日は夜明けから松原湖に出かけることにする。昨日まで降り続いた雪も夜のうちに止み、綺麗な星空が見えていた。昨日の雪かきで家の前には前日より大きな雪の山が出来上がったが、今日は晴れそうなので帰ってきてからの雪かきは心配なさそうである。これだけ雪が積れば簡単に「かまくら」が出来そうだが、握っても固まらない雪なので早々に諦め松原湖に出発にする。

松原湖 立花屋前 NO.2:イメージ1

雪道を安全に走るには高速道路を使って目的地にたどり着くのが一番良い選択だが高速道路は依然通行止めが続いていた。周辺の峠、有料道路を完全にストップしてしまい大型トラックの姿も消えていた。昨日と同じ道のりで国道152、254、141号線経由で松原湖を目指して進んでいく。しかし雪が多い過ぎる為、すれ違う車はほとんどいない。チェーンでデコボコになった雪道を南下していくが、雪が多い場所になればなるほど、除雪車がフル稼働しており、快適に松原湖まで到着することができた。

松原湖 立花屋前 NO.2:イメージ2

昨日と同じように立花屋の駐車場に停めるが、国道をいっしょにきた車はすべて通り過ぎた。たぶん今日行われる氷上トライアスロンの関係者かスキー場の人達だと思われる。坂道を下り駐車スペースを確保しよう辺りを確認するが、1台のワゴン車が入口に停めてあり中には入れません。何処かに停めたいと思うが従業員の軽トラックもスタックしており、いっしょになって軽トラックの脱出を試みます。しかし軽トラックの脱出はできず、ワゴン車の後ろに車を停めて日釣り券を求めて立花屋に向かいます。

松原湖 立花屋前 NO.2:イメージ3

立花屋で駐車場の話しをすると「車のキーを差しといてくれれば勝手に移動しときます」と言われ、また駐車場に戻っていきます。車で踏み固めた雪の上を歩いていると前から猫がやってきます。さらにその後を追って人も歩いてきます。その時、猫は驚いて山の斜面に穴を掘りながら奥に逃げ込んでしまいました。逃げ込んだ方向を覗いていると前から来た人も驚いて穴を覗き込んでます。「猫は雪が嫌いじゃないのかな・・・?」と考えながら車に戻り、キーを挿して昨日のポイント目指して歩いていきます。

松原湖 立花屋前 NO.2:イメージ4

氷上の上にある雪がだいぶ解け、60cmほどあった雪も40cmほどの積雪になっており、水が溜まった氷の上を歩くたびに冷たい思いをします。昨日釣っていた穴は完全にふさがり厚さは3cmほどです。気合をいれて足で蹴りあげると簡単に氷が割れ準備完了です。立花屋で入手した針1号ハリス0.2号の細仕掛けで昨日と同じように仕掛けを作り、ラビットをちょん掛けして水の中に沈めます。水深は昨日と同じだが、感度が良い別の竿に変更して微妙なアタリを取っていきます。底に着いてから軽く誘ってしばらく待つ釣り方で、約10分程ほど過ぎた頃に待望の1匹目が顔を出しました。サイズは5cmmに満たないが「今日はいけるかな?」と思い、急いで仕掛けを水の中に戻すがアタリがありません。

松原湖 立花屋前 NO.2:イメージ5

ポツポツとワカサギが上がるが氷上トライアスロンが始ったようで、花火の音とヘリが上空で旋廻している為、静かな湖面がいっそう静かになってきました。7時 30分から初めて10時までに4匹しか釣れておらず、八ヶ岳から吹き降ろす突風がひどくなってきました。ここで一旦休憩を取り立花屋で遅い朝食を取ります。窓の外には同じように始めた人達が突風に我慢をしながら竿を煽っているが、まったく釣れないようで、店を出るときには姿が見えませんでした。

松原湖 立花屋前 NO.2:イメージ6

店を出てから1時間が過ぎワカサギの姿を見る事が出来なかった。どうして釣れなかったのか原因は不明だが2日間でワカサギ4匹とは悲しい週末になり、天ぷらの道具を用意していったのに無駄になってしまった。

-DATA-

場所:
長野県南佐久郡小海町 松原湖
交通:
上信越自動車道 佐久ICより国道141号線を清里に向かって走り松原湖入口の信号より1.5km
駐車場:
立花屋駐車場、松原湖町営駐車場
トイレ:
湖畔に3箇所。
利用施設:
リゾートイン立花屋
電話:0267-93-2201
備考:食事、釣具、貸しテント、アイスドリル、宿泊施設などが揃っています。
問合せ:
観光案内所
電話:0267-93-2005
1日券:
500円

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る