フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 明石海峡とハマチ釣りフィッシングレポート:トップページ川原湯温泉渓流釣り場 »

浜名湖フィッシングリゾート

Nov.18, 2000 最新!管理釣り場誕生

今回は、11月3日にオープンしたばかりの新しい管理釣り場を紹介します。ここは、浜名湖から海に流れ出している部分の雄踏町と言われる町にあります。浜名湖はうなぎ養殖でも有名ですが、ここは養鰻場の一角にあります。東西90m、南北75m、総面積6700㎡(約2000坪)の人造湖として紹介されています。現在ここに放流されている魚は、レインボウトラウト、ブラウントラウト、イワナでありますが、徐々に魚種も増えていくそうです。水源は井戸水で3本の井戸から冷鉱泉を人造湖に導き、魚を広く回遊させる工夫がなされています。もともと、ここの魚は、塩分濃度0.3%、カルシウム、ナトリウム冷鉱泉をもとに育てられているため、コンディションが良く、ヒレピンの魚が多いのが特徴です。また、女性用アングラーにもやさしい設計で、施設が整備されており、更衣室、トイレも清潔であった。気になるここの放流量だが、常時2トンが回遊しているといった状況です。通常、持ちかえりに制限があり、制限に達したらリリースするといったケースが多く、しばらくすると魚がスレて釣りにくくなるのがほとんどであるが、ここには基本的に制限がない。そういった、スレっからし魚によって釣れなくなるのをここのオーナーは気にしており、アングラーにはここで存分に楽しんでもらいたいという意欲が伝わってきた。

11月3日に浜名湖に新しい管理池(湖)がオープンしたとの情報を聞き、早速友人と3人で11月18日に行ってみることにした。前日まで、東海地方は100mmを超す雨が降っていたが当日はなんとか晴天になった。しかし、ゴーゴーと唸りを上げて風が吹いている。愛知県でこの強風では、浜名湖はもっとすごいだろうなと思いながらも一路車を走らせる。出発はAM6時半。途中、休憩しながらもとりあえず、浜名湖にあるロイヤルホテルを目指して走り、看板に従って現地にAM8時半頃到着した。ここは、想像以上に風が強く、ほとんど台風のようであった。すぐに、管理棟に入り、池の状況をチェックしながら釣りの準備を始めた。

浜名湖フィッシングリゾート:イメージ1

三者三様の釣りスタイルで釣り開始。友人は、一人がダブルハンドの#3。もう一人が#6のシングルハンド。私は風が強いので#8にしようかと考えたが皆の中間をとっていつもの#5ロッドを選択した。風の影響で水はかなり濁っていたのでリーダーは1号を60cm、ティペットは0.8号を1m繋ぎ、フライはオリジナルカディスピューパ#12のオリーブで開始した。ところが、最初のポイントは右からの風が強く、隣のルアーマンが気になるので思うようにキャストできない。そこで、人の少ない風下に入り、風と真っ向勝負することを決意した。丁度、そのポイントの横で、友人がファーストヒットしていた。上がった魚はブラウントラウト。幸先のいいスタートだが、私にはアタリがない。友人は次々にヒットを重ねていった。しかし、ついに私にも待望のアタリ。インジケーターがスーッと沈んだのを確認してしっかりフッキング。25cmクラスのレインボウだ。横を見てみるとまたしても友人のロッドが曲がっている。フライは何かと聞いてみると、フラッシュバックニンフ(ロングテール)#12とのこと。私のフライは地味なので、そこで釣果に差が出ていたようだ。濁っている状況では、ハデなフライがいいようである。そこで、すぐにカラーをラメ入りのビーズヘッドカディスピューパに変更。すると、結果はすぐに出た。インジケータが風に逆らって水中に消えた。合わせるとグングンとロッドが曲がる。強い引きを見せたのは34cmのブラウントラウトであった。

浜名湖フィッシングリゾート:イメージ2

その後は、絶好調。小型ながら連続ヒットがしばらく続く。そして、この日一番のアタリでロッドがバット部から曲がる。明らかに50cmオーバー。しかし、惜しくもラインブレイク。次も大きいがこちらは43cmのレインボウトラウトであった。隣の友人は型のいいレインボウをキャッチ。強風下でこれだけ釣れるのは魚影が濃いのと魚のコンディションがいい証拠である。丁度正午になったところで、昼食。ここのご主人から試食としてうなぎの白焼きをご馳走になり、これがまた絶品。これを目的にここを訪れてもいいくらいであった。さて、午後の部だが、さらに風が強まり、何度も後ろに飛ばされながらもヒットは続いたが、大物が出なくなった。ここで、フライをオリジナルモンタナ#6に変更し、大物だけを狙う。しかし、アタリはなく、やはり、フライを戻そうとしたところ、グーンと力強く竿先が曲がった。まるで、ドラム缶が引っ掛かったようである。ロッドを立てて耐えていたが、インジケータを止めていた1号リーダーからプッツリと切れ、全て持っていってしまった。残念無念!その後は小型ばかりを数匹ヒットさせ、合計30匹になったところで、ロッドオフとした。ここはまだオープンしたばかりで全ての施設が新しく、気持ち良く釣りができた。大物も多数いるので、皆さんも是非一度ここを訪れてみてください。

-DATA-

場所:
<静岡県 浜名 郡雄踏町 山崎 4198-36/dd>
電話:
053-592-7351
時間:
6:00~17:00まで(シーズンによって変更あり)
料金:
1日券4000円、半日券3000円(午後1時~)
アクセス:
東名高速道路浜松西インターチェンジ下車後、右折して、ロイヤルホテル方面へ。車で20分。
駐車場:
150台有り。
トイレ:
あり。
ちょっとした売店(カップラーメンなど)もあります。いずれは、軽食もはじまる予定。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る