フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 鹿嶋漁港 北堤防「鹿島港魚釣公園」その2フィッシングレポート:トップページWAIKOKOPU STREAM »

WAIHUA STREAM

Oct. 13, 2000 で、でかい!

WAIHUA STREAM:イメージ1

10月1日の解禁から2週間がたとうとしているのに非常に雨が多い。しかし、今日は朝からいい天気だ。前日も雨が降っていたので大きい川は濁っているのだろうと思い、どの川にしようか朝起きてからずっと迷っていた。しかし、WAIHUA STREAMは先日30分ほど釣っただけで上流の様子が知りたい!今日はここを行けるところまで釣り上ろう!それに小さい川だから濁りも少ないだろうと都合のいい予測。10時過ぎ、いつもの道具を積み込みムルパラ方面へ。

WAIHUA STREAM:イメージ2

WHAKATANEから30号線を通りROTORUA方面へ、途中MACDONALDO RDを経由しムルパラへのメイン道路GARATEA RDを南下する。MATAHINAダムを眺め、本流のRANGITAIKI RIVERをまたぐ橋を通過しさらに南下し、WAIOHAUの看板から約4kmのところでWAIHUA STREAMをまたぐ橋がある。WHAKATANEから約1時間。途中、本流のRANGITAIKIを覗いたが、やはり濁りが入っている。「WAIHUA は大丈夫だろうか?だめなら、MANGAMAKOだな」と思いつつ、WAIHUAに着いた。全く濁ってない!わくわくしながら近くの牧場のゲートを開け、車を止めさせてもらう。でも、ここで慌てない。慌てるとロクなことが無い。それに、慌てずとも誰も来ることはない^^; ロッド折った経験からそう思うようにした。まずは、腹ごしらえ。通り過ぎてく車のドライバーが手を振っていく「Good Luck!」とでも言っているのだろうか・・・とりあえず、笑顔で手を振っておく(^^)/~~~

WAIHUA STREAM:イメージ3

早めの昼食をとった後、KILWELL INNOVATION #6 8.6ft(4pc)を持って川へ入る。水はきれいだ。500mくらい歩くといいプールがあるから、橋周辺は無視して先へすすむ。初めて(3日くらい前)来たときはここに2匹、50cmくらいレインボーがいた。今回も期待したけど、見当たらない。まあ先は長い、焦らず行こう! その後、まあまあのポイントが続き魚を探しながら上がって行く。でも、いない。見当つけて投げてみるけど反応なし。一向に魚の気配がない。気がつくと両側が切り立ってきた。しかも、ここから大きいプールが連続してる。「ここからが本番!」と慎重に各プールを見ながら上がるがいない・・・「今日は駄目か?まあ、状況調査ってことでもいいか。また今度来よう」と思っていると、4m手前のプールで何か動いた! でも、でかすぎる。「藻か?」しばらくじっと観察してみると間違いなくレインボーだ。しかも、でっかい!多分、60cm以上10lbはある。さらに観察すると、魚は左右50cmくらいを守備範囲にしてニンフを一生懸命追っている。左へ右へ忙しく動いている。「これは簡単だ」一応、小さいインジケーター(白)にストレートリーダー6lb、8ft、ビーズヘッド・ヘアー&コパー #12、20cm下にドロッパーとしてヘアーズイアー#16をつけトライ。距離は6m。水深50cm。2~3投するが食ってこない。「見破られたのかなあ」しかし、次にいい位置に入ってフライが流れると、魚がフライを食うのが見えた!!しっかりと合わせ魚は一気に上流へ向かって走る!走る!!ドラグが鳴り、ラインを出す。これは、長期戦になりそうだと感じたので、自分も上流へ移動したら、竿が、サオが、さおがああああ!枝に引っ掛かった(T_T) その瞬間、パニックになる「あ~~これはどうしたらいいんだよ~」と思ったら、ラインのテンションが無くなった。バレた・・・(T_T) しばらく引っかかった枝を見つめる。魚は、間違いなく今までで一番大きかった。ラインを見ると、ヘアーズイアーが無くなっていた。

WAIHUA STREAM:イメージ4

気落ちしながらも、上流へ。しかし、そこから上流が予想以上に険しい。水深は深くなり、両側が岩で切り立っているから大変だ。岩にしがみつきながら進む。いよいよ、足場が無いぞと思ったが、そこで引き返すわけにはいかない!なにせ、岩の向こうには今までで一番いいプールが見えている。なんとか、岩をつたい近くまで出る。プールをよく観察すると、3m手前にさっきの魚に負けないくらい大きいのが2匹もいる!「がんばった甲斐があったよ~」何投かしてみるけどかなり深いところにいる。リーダー6lbを12ftとり、ビーズヘッド・ヘアー&コパーを#10に、ドロッパーもストーンフライ#14に変えてみる。枝が邪魔でなげづらい。何投かでいい位置に。これも、魚がフライを食う瞬間が見えた。すかさず合わせる。その瞬間、魚がもがく。ごつごつといい感触。「やっと釣れたか・・・」と安堵した次にはラインのテンションが消えた。今度は合わせが弱かった(T_T) しばらく釣っては見たものの、魚はさらに深く流れのきついところに逃げてしまった。残念(>_<) 更に、さっきまで晴れていたのに、雨がぽつり、ぽつりと来たので、仕方なく川を下る。

WAIHUA STREAM:イメージ5

この日は非常に悔しかった。今までで一番大きい魚を目の前にし、しかもしっかりと掛けておいて自分の状況判断が甘かったために枝に引っかけるなんてニアミスを起こしたことがなんとも悔やまれる。このあと、ホストファーザー、釣り友達に話しまくったのは言うまでもない。しかし、次ぎこそは!

-DATA-

場所:
ニュージーランド ムルパラ
交通:
WHAKATANEから30号線を通りROTORUA方面>MACDONALDO RD>GARATEA RDを南下MATAHINAダム>RANGITAIKI RIVERをまたぐ橋を通過しさらに南下。橋から6kmほどでWAIOHAUの看板から約4kmの橋。
駐車場:
なし
トイレ:
なし

何も無いです(笑)車上荒らしに注意!

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る