フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« フライフィッシング専用釣り場 くろやフィッシングレポート:トップページHOROMANGA RIVER »

MOHAKA RIVER

Oct. 22, 2000 MOHAKA SUX! 世の中そんなに甘くない!

MOHAKA RIVER:イメージ1

僕は私用でニュージーランド北島の中心に位置するNZ最大の湖タウポへ釣り&キャンプで楽しもうと訪れていた。初日にひょんなことから、フィッシングガイドのイアンがラフトフィッシングに連れていってくれることになった!! (ラフトフィッシングは上流からゴムボートで下りながら釣りをすると言うもので、陸上からはアクセスが難しい(できない)ポイントを攻めると言うそれはそれは一生に一度は体験してみたいフィッシング。通常、一日のコースでNZ $600以上はするNZでは高価なアクティビティの一つ)  はっきり言って、夜はテントの中で一人ほくそえんでいた(^^) もう、うれしくてうれしくて…まさかラフトフィッシングを体験できるなんて夢にも思っていなかったし、しかもタダだ(これが信じられない!)それに、ラフトフィッシングなのだから楽園に間違いない!と決め付け寝る。

MOHAKA RIVER:イメージ2

イアンの家に朝7時半に行く。すでに準備万端と言う感じで、サーマルスーツを着ていかにもフィッシングガイドという服装をして待っていた。挨拶もそこそこに車にゴムボートを積み込み、彼の愛犬ポインターと共にいざ出発。目指すは「MOHAKA RIVER」だ。タウポから東へ伸びる国道5号線を走る。町から一時間くらいだろう。やっと、MOHAKA RIVERにかかる橋を渡りすぐのワイタラロードに左折し、約20分で左手に無人のキャンプ場がある。ここからスタートだ。また、車中では、NZの釣り、日本の釣り、今日行く川がどれだけすごいかという話しが絶えない。とりあえず、「MOHAKA RIVER」はすごいらしい。まず「坊主」はない。一人10以上は釣れる。サイズは5lb以上で10lbもたまに釣れる。なんて話しを聞き「いやもう、これは間違いなく楽園だ」と確信する。

MOHAKA RIVER:イメージ3

川に到着後、すぐにボートを膨らます。それを見て僕の期待も膨らむ。イアンが「準備はいいからその辺で釣ってみなよ」と。「いや~、タダで連れて来てもらってそれはなあ」と思いつつも準備して川へ(^^ゞ 何にも当たり無し。「まあ、始めだから…」そうこうしているうちに、ボートの準備が完了!いざ川へ!!

MOHAKA RIVER:イメージ4

ボートで川を下る。最高の開放感と期待感!!と浸っているうちに第一のポイントへ。意気揚々とボートから降り、イアンのアドバイスを聞き釣ってみる。ひざ上までウェーディングしてみると予想以上に流れがきつい。前に進むのが危険だ。いや、それ以上に困難なことが一つ。メンディングができない!!僕はこの時ミディアムシンキングしか持っていなかった(T_T) いままでは小さい川中心だったので、流れも緩やか距離もそんなに投げない状況だったのでこれで十分だった。困った… でも一生懸命トライ。すると、横でイアンがヒット!!流れ速さとの相乗効果で一気にバッキングラインまで引き出す!イアンのSAGE  RPL+ #5ロッドはグンと曲がる。その際イアンは「モハカ ロケット シップ」としきりに叫ぶ!スペースシャトルのようなダッシュ、これがモハカのトラウトランだとか。確かに強烈な引きだ。上がってきたのはアベレージサイズのきれいなレインボー体長は50cm、肉厚だ。

MOHAKA RIVER:イメージ5

「次は俺か・・・」と期待しながら川を下る。時折急流を通過し、ラフティング自体を楽しむ。しかし、いいポイントを攻めるものの釣れない。リーダーを長く取ってみたりいろいろ試すがだめだ。昼食時間になって釣れたのはイアンの一匹だけ。ここで、イアンも「おかしい…」と首をひねる。まあ、慌てずに昼食だ。なんと、昼食も準備していてくれていた。これではお金払ってガイドしてもらってるのと変わらない… 後でガイド料を請求されないか不安になる(笑)

MOHAKA RIVER:イメージ6

昼食後更に川を下る。なんでも、全部で7kmくらい下るとか。それはさて置き、一向に釣れずイアンも最初と同サイズを1匹と小さいのを2匹という、彼にしたら不本意な経過だろう。日も暮れ始めいよいよ「坊主」という言葉が僕の頭の中を回り出した。しかも、もうすぐそこで終了ポイントだとかいわれる始末 (T_T) で、最後の最後のポイントってことでトライ。イアンが僕を呼んで「ここの流れやってみな」と。そこは自分たちが立っている小さな岩のすぐ下だ。「ここで釣れたら苦労しないって」と思いながら一投。「うん?インジケーターが変?」と一応合わしてみると、ゴツゴツと魚の感触。「え、魚???そんな~心(ドラグ)の準備が!」と慌ててドラグを調整しようとした瞬間。テンションが無くなる…1秒後には川の真ん中で魚が跳ねる…絶句…最初で最後のアタリだった (T_T)

MOHAKA RIVER:イメージ7

言い訳だが、アタリが非常に分かりづらい。こんな当たり方をこの日一日していたとしたら、そうとうの数を逃していたことになる。その原因はライン!!!こういうところはシンキングラインではだめだ~フローティングライン買おうと心に決めた。それに、タダでたらふく釣ってやろうという汚い根性がいけなかったのだろうか?世の中そんなに甘くはなかった。また、連れていってくれないかなあ(懲りてない)

-DATA-

場所:
ニュージーランド タウポ
交通:
タウポ>国道5号線をネーピアに向け東へ>タウポから一時間くらいでMOHAKA RIVERにかかる橋を通過>橋からすぐのワイタラロードに左折>ワイタラロードを走ると左手にキャンプ場。
駐車場:
キャンプ場兼駐車場
トイレ:
なし

キャンプ場は無料。でも何もない。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る