フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 遠山川本流釣行記フィッシングレポート:トップページ管理池「戸神の池」 »

秘境!?椿山ダム

Sep. 6, 2000 濁りが消えれば、チャンス到来!

秘境!?椿山ダム:イメージ1

残暑が少し緩み始めた気配に、ムクムクと“釣りたい病”が疼き出す。しかしながら、めぼしいフィールドは減水がひどく、どこへ行ってイイものやら…。同行者の衣斐君と相談のうえ、「和歌山なら、水不足も大丈夫だろう…」との見解から、以前においしい思いをした『椿山ダム』へ向かう事に。直前情報も無いままながら、前回の思いこみのみで想像を膨らませ、夜中の阪和自動車道をひた走る。大阪市内からだと、約2時間半。山上のリザーバーであるにもかかわらず、舗装の効いた道中は楽だ。現地の初湯川サイトに到着したのが、午前3時過ぎ。朝マズメまでの僅かな時間、しばし車中で仮眠を取る事にした。

秘境!?椿山ダム:イメージ2

寝覚めたのは、午前5時。早速、準備に取り掛かり、急いでポイントへ。水量は、8月に訪れた時よりも、若干減っている程度だった。が、クリアなはずの水の色が、乳白色に濁っている。多少の不安を感じながらも、高所から水中に目をやると、見える見えるバスの姿が。中に、40cmはありそうなバスを発見。空かさずノーシンカーのワームを、濁り水に落とし込んだ。「スーッ」と、バスが着水点へと泳ぎ出すのが見えたが、反応は無い。しばらくアクションを加えていると、ラインが走り出した。合わせてみると、先ほどのバスよりも一回り小さい、30cm強のサイズ。それでも、ファーストキャストのヒットに、本日爆釣の予感…?その後すぐに、釣友にも25cmほどのバスが釣れるが、どうも前回ほどの活性が感じられない。小移動を繰り返して攻めるも、バイトがあっても乗って来ない展開が続いた。ようやく、衣斐君が2尾目を追加したが、サイズは20cmほど。やはり、濁りの影響があるのか、実績ポイントも散々だ。

秘境!?椿山ダム:イメージ3

仕方なく、大幅移動を決意し、日高川の上流部を目指す。ところが、崩落のため通行止めになっており、泣く泣く中流部へ降りてみる事にした。ここは、前回でも芳しい結果が得られず、期待薄ながらもウェーディングで攻める。一応、実績のあった岩盤エリアでヒット。川バス特有のトルクフルなファイトにてこずって、バラしてしまったのは40cmアップ。続く30cmは、見事ランディングに成功。ここは、これにて打ち止め。“近畿のリザーバーマップ(名光通信社刊)” を見て、初めての猪谷川サイトへ挑む。このポイントは、川筋を下る距離が長く、アプローチに時間がかかるが、それに見合う結果を得られないまま、昼食休憩を取る事にした。

ダムサイトの近くには、『みやまの里』という施設があり、レストランや温泉のある『愛徳荘』でランチタイム。メニューも豊富で、アユの釜飯やアマゴの刺身など、ならではの料理がテンコ盛り。通なアングラーには、オススメの食事処だ。丼を頬張りながら、午後からの作戦会議をするが、果てさて困った。これから攻めるポイントが無い。協議の結果、夕マズメに備えて、生ビールを飲んで昼寝をする事に落ち着く。狙うは、朝一に入ったポイント、初湯川に再度チャレンジだ。残暑がぶり返した感ある中、クーラーをガンガンに効かせてのまどろみは、あっという間に夕方を迎えさせた。

ダムサイトから走り、常盤橋の手前を左に折れてしばらく行くと、路肩に車3台ほどが止めれるスペースがある。ここからポイントまでは、少々険しいジグザグに降りる道があって、アプローチはし易い場所。それだけに、バスへのプレッシャーもありそうなものだが、そこは秘境の椿山ダム。まだまだ、フレッシュな反応をみせてくれる。条件さえ良ければ、トップウォーターでも通用する。今回も、衣斐君のポッパーに35cm級がヒットしたが、敢え無くバラシ。しかし、可能性は充分過ぎるほど感じさせる。

秘境!?椿山ダム:イメージ4

結果的に、日が落ちる間際まで頑張って、2人で6尾を追加するに留まった。サイズは、いずれも30cm前後で、当初の目標であった40cmアップは皆無(バラシのみ)。残念ながら、前回釣行時を上回る成果は得られなかったが、やはり濁りによるダメージが相当あったようだ。しかし、この濁りが回復すれば、きっとイイ釣果が期待できるはず。アングラーが少なく、立入禁止場所が広い事も手伝って、バスの魚影はすこぶる濃い。ランカーへの期待度は薄いものの、前回には47cmの実績もあり、未だ見ぬ大物もひそんでいるだろう。何より、このダムのバスたちは、サイズの割に引きが強く、30cm前後でも充分楽しめる。数釣りの夢が叶う、貴重なフィールド『椿山ダム』に、貴方も一度訪れてみてはいかがかな…?

交通手段はマイカー利用で、阪和自動車道“吉備 IC”金屋方面へ向かい、国道424号線を龍神方面へ。後は一本道で、途中に看板もあり。夜間開いているコンビニがほとんど無いので、インターを降りてすぐ目に入る、ローソンで買い物を済ませておく事。また、フィールドでは最低限ニーブーツを用意した方がイイ。ウェーダーがあれば川筋での立ち込みが出来るので、狙えるポイントが広がってGOOD!トイレは、『みやまの里』のほか、ダムサイトから初湯川へと向かう途中、パーキング&公衆トイレがある。最後に、立入禁止場所での釣りは厳禁。ボートの使用も禁止されているので、くれぐれも注意して欲しい。

-DATA-

場所:
和歌山県日高郡美山村 椿山ダム
交通:
阪和自動車道“吉備IC”金屋方面へ向かい、国道424号線を龍神方面へ。後は一本道で、途中に看板もあり。
トイレ:
『みやまの里』、公衆トイレあり。
買い物:
インターを降りてすぐ目に入る、ローソン。
用意:
最低限ニーブーツ、ウェーダーはあるとポイントが広がってGOOD!
注意:
立入禁止場所での釣りは厳禁。
ボートの使用も禁止。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る