フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 秘境!?椿山ダムフィッシングレポート:トップページ有終の美「大田切川釣行記」 »

管理池「戸神の池」

Sep.9, 2000 大物に出会える場所!

最近必ず週末は雨。なかなかいい天気で釣りができない。しかし、雨でも釣り場に行かなければ具合が悪くなる私は、とりあえず近場の段戸川を目指して朝4: 30に自宅を出発。雨が止んでいるのでこれなら大丈夫だなと思ったのも束の間、川を見てガックリ。カフェオレ色である。そこで、少しでも透明感のある上流をめざして車を走らせる。段戸湖の下流200mくらいのところは濁ってはいるもの何とか釣りができる状態なので入渓する。時刻は6:00。ロッドはCFFライトスタッフ#2に#2ライン。リーダ-0.8号、ティペット0.6号、全長18フィートのロング太仕掛け。フライはオリジナルピーコックパラシュート #10。ポイントは岸際の流れが緩い石の影。ピンポイントキャストが決まり、フライがゆっくり流れると同時にライズ。17cmの小型イワナである。幸先よく釣れたのでさらに上流をめざし、同じようなポイントで2匹目がヒット。これは16cmのイワナ。さあ、これからという時に上流側に釣り人発見。下流に移動するも人だらけ。時間はまだ7時。このままでは帰れないので思案した結果、私のホームグランドでここからすぐ近くにある今年できたばかりの「戸神の池」に行ってみる事にした。

ここは、9月1日に再オープンしたばかりで、池のそうじ、取水工事、ポイント作成などオーナーが釣り人のためになるような事を次々に実行してくれる環境のいい管理池である。そのためにリピーターも多い。しかも、この暑い時期でも2桁釣果が期待できるのが魅力である。池は写真の通りひょうたん型で足場もよく、景色もバツグン。酸素用の水車があり池全体に時計まわりの流れがある。水中には今回の工事で導水パイプが5本入り、池の全体にまんべんなく魚がいる。地形状、フライはロングキャストができる場所が限られてしまうが、そこは腕のみせどころだろう。現地に7時半頃到着し、オーナーに話を伺うと前日は二人のカップルが合計70匹もヒットさせ、その内女性が20匹以上ヒットさせたと言っていた。この時期にこの釣果は凄すぎる。そこで、早速準備にかかった。

管理池「戸神の池」:イメージ1

当日のタックルはシマノフリーストーンXT#5に#5ライン。リーダー、ティペットは0.6号通しで1ヒロというアウトリガースタイルで開始。これはラインの動きでアタリを取る方法である。ポイントは水車が回って出来ている強い流れの中心。大型のレインボウがジャンプしながら何かを食べている様子なので、フライは#10黒のオリジナルストリーマーをセットして第1投。上流にキャストし、流れにドラッグフリーで自然に流していくとラインが一気に走り、ロッドにまでゴンという振動が伝わる。ヒットである。心地よい感触であがってきたのは43cmのレインボウであった。

管理池「戸神の池」:イメージ2

第一投目からグッドサイズがヒットし、その後も順調にヒットが続く。サイズ平均は30cm。再オープンしてからは幻のイトウも放流され、60cmクラスがいるという。確かに目の前を悠々と泳ぐ姿が目撃できた。しかし、私のフライは全く無視。手ごわい。時間にして8時半頃、猛烈な勢いでラインが水底に突き刺さり、ロッドがしなる。大物であることは確かだが、姿を見る前にラインブレイク。残念。もしかしたらイトウか?気をとり直し、ラインを0.8号に太くするとアタリはパッタリと無くなった。かなりスレたようだ。気温も上がり汗ばむ陽気となったため、リーダーを0.6号、ティペットを0.4号にしてキャストするといきなり入れ食いモードに突入。1投1匹ペースでアタリが出るようになった。やはりラインを見破っていたようだ。この時のフライはMSCスペシャル #11のオリーブ。連続10匹ヒットしたところで水底にグイグイ引っ張る独特の引きがロッドに伝わる。これはレインボウではない。ティペットが細いので慎重に寄せると久しぶりのブラウントラウト32cmであった。しかし、フライが喉の奥に飲まれており瀕死状態。これはキープすることにした。

その後、2匹くらい釣るとアタリが止まるようになり、フライローテーションが激しくなってきた。魚も賢く、スレるのが早い。ここで必殺のオリジナルビーズヘッドWETフライを試すことに。するとこれが大当たり。またしても入れ食いである。ただし、型が小さい。フライを#8にサイズアップすると空振りが増えたが小物は掛からなくなった。時間は丁度9時。この頃から大物のアタリが出だした。ゆっくりとした感じで一見するとアタリか流れか判らない。しかし、ヒットするとロッドがバット部分から曲がりあっという間にティペットを切っていく。アウトリガースタイルの釣りは合わせがどうしても強くなってしまう。この釣りの場合、本来0.8号以上を使用するのだが、今日は魚のスレが激しいため、太くできない。ガマンの釣りが続いた。

管理池「戸神の池」:イメージ3

アウトリガースタイルを諦め、インジケーターを使用した釣りに変更。流れの脇にキャストし、ドラッグフリーで流すとインジケーターが流れに逆らって走る。すかさず合わせると33cmのホウライマス。ヒレピンでエメラルドグリーンに輝いていた。やさしくリリースし再度流れの脇にキャスト。時間は12時くらい。そろそろ帰ろうかと思っていた矢先にインジケーターが沈んだように見えた。軽くロッドを立ててみると強烈な引きが伝わる。水底に力強くグングンと首を振りながら引っ張る。大物である。しかしティペットが細く無理ができない。引いては緩めのシーソーゲームが5分以上続いただろうか?ようやく姿を現したのは体高のあるオスのブラウントラウト。私の持っているネットでは入らないサイズなので、慎重になだらかな岸際に寄せてハンドランディング。47cmの丸々太ったヒレピンであった。

結局朝8時頃から開始して12時頃までで、ブラウントラウト47cmを筆頭に2匹、レインボウ、ホウライマスが合計30匹、ラインブレイク多数で時間は短かったが大満足の結果であった。皆さんも一度訪れてみては如何でしょうか?必ず満足できると思います。

-DATA-

場所:
愛知県北設楽郡設楽町名倉 電話:05366-5-0077
アクセス:
名古屋からは国道153号線⇒国道257号線を茶臼山方面へ真直ぐ走っていくと看板あり。
駐車場:
有り。
トイレ:
簡易トイレ有り。

・売店はなし。予め、コンビニエンスストア等で購入して行ってください。。
・バーブレスフック、サングラス、帽子などを使用してください。
・ここのご主人はいい人で、マナーを大事にする人です。みなさんもマナー良く楽しい釣りをしてください。
・キープは8匹まで。ただし、35cm以上はリリース。
・一般男性1日4000円、午後券3000円、会員は1日3000円、午後券2000円。
・一般女性・中学生以下は1日3000円、午後券2000円。会員は1日2500円、午後券1500円です。※入会するには年会費3000円が必要ですが、入会したその日から会員価格です。1年有効。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る