フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 淀川、城北ワンドフィッシングレポート:トップページ鹿嶋漁港 北堤防「鹿島港魚釣公園」 »

大阪南港に黒鯛を求めて。

Aug. 19, 2000 黒鯛パラダイス!?「九死に一生スペシャル編」

前打ち釣法発祥の地、愛知県に在住していながら県内ではなかなか黒鯛が釣れない。釣り人が多いのか腕が悪いのか原因はわかっているのだが、どうしても黒鯛が釣りたいということで、8月19日に県内でも屈指の釣り名人達に同行させてもらい、大阪南港にある新日鉄テトラへ向かった。最初、6名の予定であったメンバーが仕事の都合により1人消え、2人消え、結局4名とサラリーマンの寂しい釣行となった。当日は晴れ。名古屋から高速道路ひたすら南下し、約3時間ちょっとで丸高渡船に到着。1番船に乗り込むべく午前3時頃現地に到着したが、しばし仮眠を取っている間に周りはすでに人だかり。何とか一番船に乗れたが一番最後の乗船となった。

この新日鉄テトラは、黒鯛、スズキの魚影が濃い所として有名で、地元の人達はエビ蒔き釣りや夜釣りをする方が多い。しかし、我々は前打ち釣法にて黒鯛を釣ることに信念を持っているため、どこに行くにしてもこの前打ち竿を持って釣行する。エサは岩カニである。(テトラに付着したカラス貝もエサにする)当日は、満潮が午前8時頃だったので、満潮から下げ潮を釣る感じである。このポイントの時合は午前9時~11時と午後2時~16時くらいと思われる。この時合に如何に集中できるかが釣果のかぎとなる。当日のタックルはロッド(前打ち専用竿)5.3mに道糸2号、ハリス1.5号、カニバリ3号、ハリオモリB でスタート。前回の釣行時に、テトラの際を狙って良い思いをしたので、今回もテトラの際から狙う。

私が2回目に竿を振ったとき、隣の先輩に待望の1匹目がヒット。小型のキビレである。それを横目に3回目にエサを打ち込むと「ココン」とカニを咥えるアタリ。すかさず合わせて私にも待望のヒット。これまた小型のキビレながら今日のボウズはこれで無くなったと一安心。「この調子なら今日は2桁釣果、クーラー満タンでどうしよう」などと取らぬ狸の皮算用をしてしまった。これがいけなかったのかその後はアタリはあるもののハリ掛かりしない状態が続いた。しかし、周りのベテランは順調にヒットを重ねている様子。何度か休憩し、状況を聞くと午前中に大物にハリスを切られたとか45cmオーバーをとったとか景気のいい話ばかりである。結局、午前中の私の釣果は最初の1匹であった。

大阪南港に黒鯛を求めて。:イメージ1

午後の部は、足で稼ぐスタイルに変更し、人があまり入っていないテトラを中心に探ることにした。そこで、船着場から一番遠い通称「ヤグラ前」と言われるポイントまで遠征し、ひたすらカニをテトラの際に送り込んだ。すると午後2時を過ぎたトタン、風が吹き出し、テトラ際に波しぶきがかかるようになってきた。その時、海面に垂れている道糸が「ギューン」と沖に走り出した。軽く竿を立てるとグングンと竿が絞り込まれた。久しぶりのヒットである。強烈な引きに耐えて海面に顔を出させると真っ黒な顔が見えた。黒鯛である。慎重にタモ入れして無事ランディング。33cmであった。この大阪南港に釣行して初めての黒鯛。いつも、キビレしか釣れなかったため喜びも大きかった。その後、今までの不調が嘘のようにアタリが出だした。風も強くなったため、ハリオモリを3Bに変更し、風に向かって思いっきり振り込む。すると、風に逆らいながら道糸が一気に沖へ走り出す。こんなアタリで連続ヒットが続き、何とか目標の5匹を達成できた。

午後4時をまわったころ、遠くでカミナリの音が聞こえた。他の3人はまだテトラの上でがんばっていた。帰りの船の時間にはまだ2時間あり、アタリも多いので今釣りをやめるのは得策ではない。いつもの私なら平気で釣りを続けるのだが、5枚釣った達成感からか早々に竿を仕舞い、ひとりで船着場に向かった。すると、テトラで釣っている先輩達も私を見て次々に竿を仕舞いだした。船着場前に集合した時にはカミナリも静まり、もうちょっと釣りを続けていたらあと2匹は釣れたかなと思いながら、昼に食べ損なったソバを食べようとした瞬間、突然周りが明るくなり、大きな爆発音が背後でおきた。と同時に背後から凄まじい閃光というか光の束が我々4人の間を地を這うように駆け抜けた。落雷である。背後には他の釣り人がテトラの上にいて、その人のすぐ側に落ちたようだ。幸いケガ人もなく事無きを得たが、その釣り人の持っていたタモ網の柄が落雷の衝撃で破損した。

今まで何度か釣りの最中にカミナリが発生したことはあったが、こんなに近くで落雷にあったのは初めてであった。周りは高い建物もなく、テトラ帯が続いているような場所でしかも、すでに遠くへ去ったと思っていた時に発生したのである。帰りの車中でみんなの話題は全て「早々に竿をたたんでおいてよかったね」だった。皆さんもカミナリが鳴ったら、どんなに釣れていても竿をたたみましょう。

-DATA-

場所:
大阪府 堺市 築港八幡町 大阪南港新日鉄テトラ
交通:
名古屋からは東名阪自動車道⇒国道25号線⇒西名阪自動車道⇒関西国際空港方面から南港へ。(南港魚つり園方面へ)
大阪市住之江区南港(三宝出口北方面)丸高渡船から大阪南港新日鉄テトラ
駐車場:
丸高渡船の駐車場以外にはなし。
トイレ:
丸高渡船にはあるが、テトラ帯にはない。
渡船:
丸高渡船  06-6613-1075
注意:
売店も何もありません。新日鉄社有地には決して入らないでください。飲料水を十分持って渡ってください。足でテトラの切れ目を探れば必ず釣れます。今の時期なら。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る