フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 黒目川でのはぜ釣りフィッシングレポート:トップページ淀川、城北ワンド »

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング

Aug. 10, 2000 兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング

最近はフライフィッシングでバスやブルーギルを釣る方が増えてきましたし、フライフィッシングそのものも随分ポピュラーになってきたと思います。バス釣りの仲間からよく質問を受けるのが「ルアーとフライでどちらがよく釣れますか?」というものなのですが、これについてはまさにケースバイケースでして、いつもフライが有利という訳ではありません。同じポイントを釣っていて、ルアー有利の時もありますし、釣り場の水深や魚の活性によっても変わるような気がします。このシーズン(真夏)、水深がそれほど無い釣り場で、魚のサイズを問わなければ、かなりフライが有利のような気がします。

さてこの日は朝7時前に釣り場に到着しました。天候は快晴。ルアー専門の仲間と二人で、同じポイントを釣ろうという企画です。果たしてルアーとフライでどちらが沢山釣れるでしょうか。ちなみに青野ダムは私のホームレイクでして、釣り場の様子はほぼ把握しています。真夏ということですので、真夏の定番である流れ込み(水温が比較的低いとされるため)に狙いを定め、青野ダムにある二つの流れ込みのうちの一方(青野川)からスタートすることにしました。夏場に入って青野ダムの水位はやや低下しており、普段の水位から約80センチの減水です。このために普段は水面下にあった地形が水面上に現れていました。岸辺では時折バスが小魚を追う姿も見られ、活性はかなり高いようです。水温は約27℃でした。私のフライフィッシングのタックルは7番9フィートロッドにフローティングライン(シューティングテーパー仕様)、3Xのリーダーに大型ストリーマーからスタートしました。なお二人ともチェストハイのウェダー着用で岸からのアプローチです。

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング:イメージ1

まず最初は岸沿いや水深が急に深くなる場所を集中的に探っていきますが、全く反応無し。仕方なく12番のフォーム・アント(フローティング。写真の上)へサイズダウン。これもダメ。そこで青野ダムでのお助けフライ、10番のMSC(ウエイト入り。写真の下)へと交換しました。このフライを岸沿いにキャストし、素早く引いてくると、15センチくらいの小バスが我先にと追ってきます。ストップ&ゴーのアクションではすぐに見切られてしまうのですが、素早く動かし続けることで反射食いを誘うことができ、サイズは15センチ弱と小さいものの2匹のバスをキャッチしました。その他に、MSCをじっくり沈めていて、 20センチ近いブルーギルをゲットです。ブルーギルも20センチともなりますと、7番のフライロッドが大きくしなります。20センチ以下ならバスよりもブルーギルのほうが引きが強くて楽しめますね。

この時点で時刻はすでに9時を回っており、ルアー専門の仲間は1バイトでバラシのみだそうです。シャロークランクを中心としたハードルアーでは分が悪いのでしょうか。流れ込みの釣り場は湖底がヘドロに覆われており、ウィードの茂りかたもイマイチで、しかも日が高く昇ってしまって浅瀬の魚達はとても神経質になっているような感じでした。その点、ウィード帯の魚は比較的やる気満々であることが多いようです。そこで流れ込みの釣り場を見切り、今度は本湖にあるシャロー&ウィード帯を攻めることにしました。

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング:イメージ2

場所を移動してすぐに15センチチョイのブルーギルがMSCに出ました。水深1メートルも無いような浅瀬ですが、近くにウィードが茂っており、そこに隠れていたようです。パターンを掴んでしまえばこっちのもので、ウィード帯をMSCやフォームアントで代わる代わる攻めていって、ブルーギルやバスをポツリポツリとキャッチできました。バスは岸近くでも沖合でも食ってくる感じで、サイズは20~25センチほど。これくらいになりますと引きも強くてそこそこ楽しめます。ここでも圧巻は20センチ前後のブルーギルでして、トップウォーター(フォームアントなど)に出る時は茶色い魚体を水面に躍らせてバイトしてきますし、フッキングした瞬間の「ギューン」というファイトはブルーギルならではです。この釣りを一度経験してしまうと「止められまへん」となるのも無理はないです。私の友人たちがこれですっかり「フライでブルーギル釣り」にハマってしまいましたから。実はフォームアントとMSCは青野ダムでのシークレットフライなのでありました。

兵庫県青野ダム湖でのフライフィッシング:イメージ3

さて終了予定時刻であった11時をまわり、ストップフィッシングとすることにしましたが、残念ながらこの時点で友人のルアーには全くバイトが無かったとのこと。徹底したハードルアー攻略が裏目に出たようです。ウィード帯を小さめのワームでコツコツと探れば、バスは釣れたと思います。ちなみに私のフライには、最終的にはバスが4匹(うち20センチ超は2匹のみ)、ブルーギルが6匹(ほとんどが15センチ超)がヒットしました。最盛期ならブルーギルの50匹釣りも可能な青野ダムです。ダム湖であるのにシャローが多い釣り場ですので、フライフィッシング入門にはもってこいだと思いますよ。なおウェーディングの際には急な深みにだけは十分ご注意下さい。それとお願いなのですが、青野ダムを訪れる際には、絶対にゴミを放置せず、持ち帰るようにして下さいね。

-DATA-

場所:
兵庫県三田市北部にある青野ダム湖(千丈寺湖)
交通:
車の場合は中国自動車道・神戸三田インターから約15分
駐車場:
湖岸に幾つかある公設の駐車場(無料)を利用
トイレ:
公園に幾つかある公設のトイレを利用

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る