フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 沖縄・ショアからのフライフィッシングフィッシングレポート:トップページ小鮒釣りし... »

大蔵海岸

Jul. 28, 2000 明石大橋と大蔵海岸のサヨリ釣り

今日は家族で釣りにでかけることになり、明石市は大蔵海岸へ足を運ぶことに。ここはファミリーで楽しめる足場のよいポイントで、ビギナーから上級者まで幅広い釣りが楽しめるポイント。
また、夜になると絶景で、釣り人よりもカップルのほうが多いほどの人気のある場所なのです。

のポイントのターゲット魚種として、夏~秋にかけてサビキ釣りで日中はアジ・イワシ等魚種豊富、また夜釣りでは、秋口からスズキ・太刀魚がよく釣れているようだ。

交通はJR明石駅より、バスがでていて(約10分)、徒歩では、約30分ほど。

午後2 時ごろに大蔵海岸に着き、まずは家族と遅めの昼ご飯を食べる。2~3日前からサヨリが上がっているとの情報を聞き、期待を込めて竿を出す用意をする。しかし、サヨリ釣りをしている人は1人もおらず、「本当に釣れていたのかな。」と思ってしまう程だった。サビキで、アジ・イワシ等を釣りに家族できている人はたくさんいるけれど、時間が早いせいか数は全然上がっていない様子だ。私はPM 4:30 頃からサビキ釣りを開始、最初は全然ダメだったけれど、10分もすると13cmぐらいのサバが上がり出した。それから約30分ぐらいはサバの入れ食い・・。釣るのは私の仕事、釣った魚を水汲みバケツに入れて砂を洗い落とし、クーラーに入れて行くのが子ども2人の仕事、それをさばいて料理するのが嫁の仕事となっている。

この日はアジ・イワシはそれほど回遊していなかったようだが、サバといっしょにサヨリがいるのが見えたので「よし釣れるぞ!」と思い早速サヨリ仕掛けを作り投入。

が、いっこうにサヨリは浮いてこない・・。サヨリの釣れるたなは1ヒロぐらい下なのだが見えている魚を釣るのは大変難しいものだと実感し「何とか釣らねば!」と考えたのがサビキ針にサシアミをつけて投入しようというもの。 すると1投目からすぐサヨリが掛かり「よしっ、これでサヨリの入れ食いか!」と期待したが、それがなかなか上手く行かない。あたりはあるけれど、サビキ針3号ではサヨリの小さな口にあわなかったようだ。

どうしてもサヨリを1匹でも多く釣ってやろうと思い、次に考えたのがアミカゴの下にサヨリ専用のハリをつけ、サシアミをつけての投入。すると、またサバとは違う引きがあった、サヨリが掛かった!これで今度こそサヨリの入れ食いと思ったところで、もう日も落ちてきて釣れなくなってくる。夕方の6時までねばったのですが、サバもサヨリもどこかへ行ってしまったので納竿とした。

本日の釣果 サバ45匹・アジ5匹・サヨリ4匹

大蔵海岸:イメージ1 大蔵海岸:イメージ2

ワンポイントアドバイス(サビキ釣りの仕掛け) ハリス0.6でハリの大きさ3号(今釣れる魚は型が小さいのでこれぐらいが適当)浮き釣り仕様でたなは1ヒロ~1ヒロ半。この時期づぼ釣りより飛ばし浮きの方がよく釣れ、秋口には逆にづぼ釣りの方がよく釣れます。

-DATA-

場所:
兵庫県明石市
交通:
JR明石駅よりバスで約10分、徒歩で約30分~40分
駐車場:
有料駐車場有。(最初の1時間は無料、以降30分ごとに100円)
車でくる人は、よく路上に駐車してとめていますが、駐車違反の取締りをしているので要注意!
トイレ:
有料駐車場の所に有

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る