フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 松尾池フィッシングレポート:トップページ松尾池  ~ リベンジ編~ »

三つ子石池

Apr.2, 1996 三つ子石池で大物を!

三つ子石池:イメージ1

今年の春は雨が多い。菜種梅雨とはいいますが、ほんまの梅雨より降っているんじゃないでしょうか。まったく。本日も天気予報では昼から雨。それでも釣りに出かけます。今日は公渕公園内の城池に。とその前に、復習の意味も含めて、松尾池にまず出向く。曇り空の下、他に釣り客はボートが一人。静かなもんだ。今日は前回より大物を狙うので、フライは大きめのマドラーを使ってみる。アメリカで買ってきたやつで、タイニングに手を出していない僕には貴重な一個だ。(誰か高松近郊でフライのいい店教えてください。)さて、第一投、ぐぐぐぐぐーっ。いきなりである。その後、1時間で3匹釣って波に乗った所で城池へ。スーパーエース、シアトルマドラーは頼もしい。

城池に着く。松尾池からはわずかに5分。堤に車を停めて。岩積の堤防を松尾池と同じ要領で攻める。しかし、ぴくともしない。結局、ずーっと流したがあたりはゼロ。缶コーヒーを飲んで思案する。まぁ、ええわい。ということで他のポイントを探して周回道路を行く。よさそうな位置で車を停めて、池に降りる。目の前を40cm級のバスがゆうゆうと泳いでいる。あれを釣らずして!ということでキャストするが、「しらー」という感じで相手にしてくれん。なんでや。小さいのが気になってつつきに来るが食いつくまでにはいかない。あきらめの早い僕は、城池を後にして周回道路を公渕池、三つ子石池の方に向かう。

そういえば、中学生たちが「三つ子石池で50cmつれたでー」と騒いでいたのを思い出す。むむむ、三つ子石池じゃー。と怪しいポイントに行ってみる。ん?こ、こ、これは!なんとウヨウヨ状態。全体に浅くなっている部分に魚影が密集している。興奮してきたが、ここで時計を見てがっくり。仕事の約束の時間が迫っている。とりあえずそっちに行って、後で来よう。逃げるわけじゃなし。ということで、Yさんと仕事の打ち合わせに。打ち合わせ後、Yさんに三つ子石池の話をしたら、「すぐ行こう」ということになった。Yさんは、ルアーの準備が既に万全であったのだ。いざ、例のポイントへ!我々はアクセルを強く踏んだのでした。

ところが、行ってみると、「うわじま運送」のトラックが例のポイントの脇に停まっている。「おや?」なんと運ちゃんが釣りに熱中しているではないか!すぐに駆けつける。「どーですか?」「入れ食いですわー!!」と手を休めず満面の笑顔だ。「トップでじゃんじゃんきますよ。30分で6匹かなー。」とても「おまえ配達せんでえんか?」とは言えない。ひきつった笑顔のまま、我々はその場を後にした。

僕以上に残念がるYさんを松尾池に連れて行くことにした。しかし、どしたんか釣れん。とはいえ、僕がフライで一匹。それを見ていたYさん。「ちょっと俺に貸せ。」とロッドを取り上げる。仕方がないのでYさんのルアーの仕掛けで探ってみる。ところがしばらくしてYさんがやってくる。「すまん。フライがどっか行ってしもた。」ええ!スーパーエースのシアトルマドラーですか!?Yさんには「いいですよ。」といいながらショックの隠せない僕でした。

で、家に帰る。外は大雨になってきた。「もう、うわじま運送もおらんやろなー」と思いはじめると車のキーに手が伸びる。この時点で夕方の4時半。モンベルのゴアのレインウェアを着込んで三つ子石池に向かう。さすがにうわじま運送のトラックは停まっていない。雨の中、ポイントに向かってキャスティング。3回目ぐらいで、あたりが!おおー、いい食いつきだー。と、あがってきたのは「ブルーギル」。その後、何度投げても、どっちに投げても「ブルーギル」。大きいフライを持ってきてないのであきらめることにした。あぁ、シアトルマドラーがあれば・・・。

-DATA-

場所:
香川県木田郡三木町田中
食事:
ぜひ、カフェナッツをご利用下さい。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る