フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


米代川に初挑戦

Jun.14-15, 2002 本流のFly Fishing

日本の総釣り人口の中でも小数派のFly Fishingの中でも少数派の本流のFly Fishing。私は更にその中でも少数派のスペイキャストでの釣りを楽しんでいる。対象魚のサイズと川の規模が大きいため使用するタックルも渓流用の物と比べるとかなり大げさなものになる。私が主に使うロッドは13~15ftの長さのダブルハンドでライン番手は#8~10となる。今回釣行した米代川は、秋田県、青森県、岩手県の県境にある中岳を源とし、秋田県北部を流れ能代市で日本海に注いでいる。この米代川本流での対象魚はサクラマス、サイズは 50cmから大きい物では70cmを越える。漁期は12月1日~2月末日と6月1日~8月31日(2002年)。用意したロッドはスコットランド製の 15ft#10。初挑戦の米代川で、見た目、磯の底物用のロッドに見えるような太いこのロッドを弓なりに曲げてくれるサクラマスと出会える事が出来るだろうか?

続きを読む "米代川に初挑戦" »

桧木内川の山女魚。

May.02, 2002 小京都秋田角館の渓流

桧木内川の山女魚。:イメージ1

東北の小京都と言えば、秋田県角館町。風情有る家並みが今でも残っている。その角館町を縦断しているのが桧木内川である。春には、数キロにも及ぶ土手沿いの桜並木はこれまた有名。その素晴らしいフィールドで山女魚が釣れるのだ。それも、街中の本流で大きな山女魚がヒットするなんて驚きである。今回は、もう少し上流の美形山女魚をフライで狙うことにする。

続きを読む "桧木内川の山女魚。" »

晩秋の十和田湖

Oct.13, 2001 ヒメマス&サクラマスを狙う。

晩秋の十和田湖 :イメージ1

十和田湖は、周囲53km。最深部は、327mのカルデラ湖で、秋田県と青森県との県境に位置している湖である。その水色は神秘的な程クリアブルーで、四季折々の美しい風景が観光の中核となっている。秋田県側からは、東北自動車道小坂ICから十和田大館樹海ラインを抜けて発荷峠を下ると、約1時間足らずで湖畔の和井内地区に着く。青森県側の十和田湖町からは、日本で一番美しい渓流といわれている奥入瀬渓流がR102に沿って流れている。

続きを読む "晩秋の十和田湖" »

マタギ渓流釣行旅

Jun.08, 2001 阿仁マタギ渓流

マタギ渓流釣行旅 :イメージ1

マタギ伝説が、今に残る秋田県阿仁町。江戸時代には日本一の銅産出量を誇っていた町でもある。森吉山系の原生林から湧き出る渓流には、磨きぬかれたイワナとヤマメが生息している。青森からの帰り道、二年振りに秋田県内陸部の阿仁川水系に釣行した。東北自動車道十和田ICから、R103→R105鷹巣町を経て阿仁町に向う。阿仁町周辺には、山の神を信じて独特の手法で狩猟生活していた阿仁マタギが多く住んでいた。その名残が、近隣の民宿等に今も残っている。(マタギの生活を知る資料館等も有る。)

続きを読む "マタギ渓流釣行旅" »

ページのトップに戻る