フィッシングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


南畑堤ヘラブナ釣り

Oct.12, 2003 渓流禁漁中は・・

9月一杯で渓流が禁漁となった。岩手県に住んでいる事が一番の理由だが今年もいい釣りをさせてもらった。なおさら、10月に入ると淋しい気持ちで一杯だ。「ようし、池に氷が張るまではヘラブナ釣りだ。」そう思い、ヘラブナ釣り用の仕掛けをチェックし始めた。玄人好みのタックルではないが、一応総て揃っている。安物だがヘラ浮きも4本ある。今度の日曜日は晴れるだろうか?気が早いが、週末の天気をインターネットのサイトでチェックする。最近の天気予報は当てにならない。特に2003年、今年は大外ればっかしだ。別のサイトの天気図をモニターしながら、自ら予報士になってみる。「よし、崩れてくるのは来週の月曜日からだ。」そう結論付けると、あと不足している餌の悩みだけだ。芋グルテンとバラケマッハの組み合わせが最高なのでは・・・。これも簡単に結論を出し、いよいよ週末に備える。

続きを読む "南畑堤ヘラブナ釣り" »

米内川上流にて

Sep.27, 2003 淋しいが今年はこれで・・・

米内川上流にて:イメージ1

国道4号線を青森方面に北上、盛岡市街中心部「加賀野交差点」を右折する。この交差点は中津川という盛岡の町中を流れている有名な川に架かる橋を渡ってすぐの交差点なので判り易い。あとは中津川上流に沿って走って行く。10分ほど走ると米内川が左より注ぎ込む合流点がある。これを左にハンドルを切り、上流へと向かう。途中、「大志田駅」(盛岡~宮古)の看板が見えてくるのでこれを目印に右折し、馬場野踏切を越え、車を止めれる所を探せばすぐ入渓できる。そこには都市部から20分で行ける桃源郷が存在する。この河川は県漁協が管理していない。よって無料で渓流釣りが楽しめる河川である事は盛岡市民でも知る人は少ない。何故、知られていないか真意は定かではないが、PRを全くしていないからである。私はこの渓が好きで年に20回程度、釣行している。フィールドまで近いと言う事と無料で楽しめるという事が気に入ってる。岩手の渓の大半はそこにいるだけで幸せになれるのだが、2003年の締めくくりをこの米内川にしたのも一刻も早くお気に入りのフィールドに立ちたかった、と言うのが本音だ。

続きを読む "米内川上流にて" »

遠野山女魚物語。

May.15, 2002 遠野FF物語。

遠野山女魚物語。:イメージ1

岩手県遠野市は、遠野南部藩の城下町として内陸と太平洋沿岸部を結ぶ宿場町として栄えた。又、民俗学者である柳田国男の著書「遠野物語」の舞台となった民話の里としても知られている。そんな遠野の街中で、梅花藻の花が咲きヤマメがライズするのだから驚きである。現代で、この素晴らしい環境を維持していると言う事は驚異だ。流域の人々はもちろん、市民全体が川の流れに対して高い意識をもっている事が感じられた。

続きを読む "遠野山女魚物語。" »

ページのトップに戻る