ダイビングレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 詫間町飛谷東ダイビングレポート:トップページ伊江島~釣り場 »

柏島 後浜

Oct.2, 2000 柏島の看板スポットでスノーケリング!

柏島 後浜:イメージ1

柏島は6年前僕が学生の頃、友人達とポンコツ車で広島からやっとの事で訪れた思い出の場所だ。今回は実に2年ぶりに訪れる事になった。瀬戸内海しか潜った事のない僕らは、この柏島で透き通った青い海・カラフルな多種多様な魚・何処までも続く大規模なテーブル珊瑚の群生を見て人生で一番の感動と言っていいぐらい感動した。しかし、それから柏島はずいぶんと変わった。潜水区域の縮小、観光客のゴミ問題等・・・。そんな柏島でスノーケリングをする事になった。

柏島は面積が1平方キロメートルに満たない程の小さな島。高知市から約180kmの遠い道のりを経てやっと来れる場所だ。しかし、休日は釣り客やダイバーでとても賑わっている。黒潮が柏島の近くを流れる時は透明度が50mを超える時があり、比較的透明度の高い海域だ。

柏島 後浜:イメージ2

柏島へ行くには、関西方面からだと明石大橋か瀬戸大橋を経由して行く事になる。明石大橋だと淡路島を渡り、徳島自動車道を経て高知自動車道へ入る。瀬戸大橋だと高松自動車道を経て同じく高知自動車道へ入る。高知自動車道の終点、伊野ICで下りる。(伊野ICから先は只今工事中)国道56号線に入り、中村方面に。須崎市、窪川町を経て中村市から宿毛市へ。宿毛市で土佐清水市方面・国道321号線に入り、南下。サニー(321)ロードの県道43号線との二ツ石の交差点で右折。後は道なりに柏島目指して進む。途中10kmぐらいは細い山道になっているので、対向車や脱輪に気をつけて進もう。(只今、トンネル工事中である。これができたら、柏島へのアクセスが早くなるだろう。)

柏島 後浜:イメージ3

途中、一切休憩所に寄ろう。そこから見える、足摺宇和海国立公園の景色は素晴らしい。すぐ目の前に見えるのが柏島だ。島の北側の後浜と言う浜の沖には何個かのブイが入り、ダイビングボートが係船してある。そこが、柏島の看板スポット「後浜」だ!

柏島 後浜:イメージ4

一切休憩所を後にして山道を進み、新柏島大橋を渡るとそこが柏島だ。橋を渡ってすぐ左側に無料キャンプがある。その斜め向かいにトイレと有料シャワー(100円・5分)、無料駐車場もある。ここに車を止めて散歩がてら歩いていっても良いだろう。

柏島 後浜:イメージ5

さらに進むと左手に柏島中学校が見える。聞く所によると今年で廃校らしい。次は右手に柏島漁協が見える。漁協前で左手に登る道があるので、そっちに行く。左手に小学校を見ながら進むと、防波堤に突き当たる。突き当たりを左に行くとちょっとしたスペースがあり、ここに車を止めた。防波堤沿いは狭いので気をつけよう。ここに先客がいたら、少し戻った道の脇に駐車させてもらおう。

柏島 後浜:イメージ6

到着して、海を眺めると最高のベタ凪!沖にはダイビングボートが二杯浮いている。ウエットスーツに着替え、三点セット(マスク・スノーケル・フィン)とカメラを持って、横のさびた手すりのあるスロープを降りていく。滑らない様に気をつけて!転石に気をつけ、波打ち際へ。そしてエントリー。

柏島 後浜:イメージ7

ここ「後浜」は幅約500mの転石の浜で、スクーバダイビングではボートエントリーがメインだが、幅約700m以上の大規模なテーブル珊瑚の群生が広がる水深3~10mの浅い所はスノーケリングで充分楽しむ事ができる。その美しさに思わず息を飲むに違いない。僕もその一人だ。そういう「後浜」は柏島の看板スポットだ!

柏島 後浜:イメージ8

エントリーしてすぐに『ツノダシ』が僕を迎えてくれた。天気が悪く、透明度も少し悪いけど、さすが柏島の看板スポット。テーブル珊瑚の群生はまだまだ健在だ!少し折れた珊瑚が目立つが・・・。でも、カラフルなスズメダイやキンギョハナダイ、チョウチョウウオ、ゴンベ、ブダイ等多種多様な魚が群れている。やっぱりここはいい!!

ここでタンクを背負って潜ると、砂地にはネジリンボウ、ヤシャハゼ、ホタテツノハゼを始め、沢山のハゼやヒラメが、中層ではカマス、カンパチやイサキ等の回遊魚がキビナゴの群れを目がけて大群でやってくるのが見れます。又、西側にはブロックを積み上げた魚礁があり、シマアジやコロダイ等が群れています。特大のオオモンイザリウオもいます。

柏島 後浜:イメージ9

ここは潮の流れがあるので流されない様に気をつけたい。沖はダイビングボートが航行するので、沖には行かない様にしよう。間違っても、潜って珊瑚を折ったりしない様に!!

-DATA-

場所:
高知県 幡多郡 大月町 柏島
車:
高松市から5時間30分
松山市から4時間30分
高知市から4時間
鉄道:
JR土讃線経由で土佐くろしお鉄道宿毛駅下車。
高知西南交通バスで柏島方面へ約1時間10分
フェリー:
*宿毛・佐伯フェリー
片島港から車で1時間
・宿毛営業所 0880-65-8165
・佐伯営業所 0972-22-7345

*高知シーライン(足摺-甲浦-大阪)
足摺港から車で1時間
・予約センター 0120-29-3230
・大阪南港営業所 06-6616-4102
・甲浦営業所 08872-9-2206
・足摺営業所 08808-2-3557
・東京案内所 03-3506-7769
駐車場:
路上駐車かキャンプ場の無料駐車場
トイレ:
港近くとキャンプ場に有り。
シャワー:
キャンプ場に有り(100円:5分)
食事:
食堂有り。
民宿:
有り。
買い物:
商店有り(日用品、雑貨、酒、お菓子等)
自動販売機:
有り。
携帯電話:
Docomoは通話可能
公衆電話:
有り。
問合せ:
大月町役場 総務政策課 0880-73-1111

柏島 後浜:map

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る