キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2003年11月キャンプレポート:トップページ2004年08月 »

秩父彩の国キャンプ村

Jun.26-27, 2004 手作り感覚いっぱいの、林間サイト

ゴールデンウィークも終わり、そろそろ観光シーズンも幕を開けようとする5月末。初めてのキャンプ場に出かけることにした。東京の西のはずれにある我が家から、ちょっとだけ足を伸ばした秩父方面。オートキャンプ場はたくさんあるのだが、その中でも少しでもサイトの広そうな場所を選ぶことにした。

秩父彩の国キャンプ村:イメージ1

今回でかけたのは、秩父市の浦山ダムの上流にある、「彩の国キャンプ場」。どのガイドブックを見ても、必ず管理棟の写真が載っている。実際、キャンプ場に入って、まず目につくのはやはり管理棟。今までいろいろなキャンプ場を利用したが、その中でも、これほど印象に残る管理棟もめずらしい。外観は銀色に見えるが、これは空き缶が埋め込まれているため。とにかく巨大な建物全面を覆い尽くす空き缶には圧倒される。建物の中は、ごく普通の(窓が少ないため、若干薄暗く感じられるが)施設で、不自由なく利用できそうだった。

秩父彩の国キャンプ村:イメージ2

受付をすませて、サイトに向かう。区画はあるのだが、場所によってかなり趣が違うので、早めにチェックインして、お気に入りの場所を選べると良い。川に近いサイトから、林間の静かなサイトまで、様々なタイプがあった。私達が選んだのは、水道施設の隣のサイト。利用者が少ない時期だったので、ほぼ貸し切りで利用でき、ちょっと高級な炊事場付きサイトのようだった。サイトの広さも十分で、車の横にテントとスクリーンテントを設営することができた。サイトの広さや形状も様々なので、これもお好みでどうぞ。

秩父彩の国キャンプ村:イメージ3 秩父彩の国キャンプ村:イメージ4

シーズンイン直前の時期だったので、まだ利用者も少なく、きれいな星空の下、たき火をしたり、先シーズンの残りの花火をしたりして、のんびりと楽しむことができた。直火は禁止のようだが、サイトごとにホイールが置いてあるので、そこに薪を入れて利用することができる。秩父の市街地からそう遠く離れたわけではないのに、夜になるとうっそうとした森の中にいるような錯覚に陥る。この時期ならではの雰囲気かもしれない。

秩父彩の国キャンプ村:イメージ5

翌日もかなり良い天気になった。明るくなった場内を歩いてみると、あちこちに手作りの暖かみのある施設が散在している。子ども達が気に入ったのは、長いロープのブランコ。今回は勇気が無くて入らなかったが、川を望める五右衛門風呂や、鯉がたくさんの池など、トップシーズンには家族連れでにぎやかになりそう。

秩父彩の国キャンプ村:イメージ6

しばらく場内の川で遊ぶことにする。対岸には、公営のます釣り施設があるが、まだ営業シーズン前だったので、思う存分川遊びをすることができた。川岸はやや荒れた感じで、何本かの倒木を乗り越えながら川を下っていった。5月終わりというのに、まだ花をつけている桜が倒れていて、不思議な記念写真を撮影。魚を追いかけたり、岩の上に横になったりして遊ぶうちに、あっという間にチェックアウトの時間になってしまった。

キャンプ場を出発してから、秩父の市街地で遊ぶことにした。ひとまず、道の駅に車を停め、近くの観光情報を集めてみる。ちょうど、芝桜のシーズンで、あちこちにポスターも貼られていた。そういえば、周囲の人の動きもあわただしい。キャンプ場とは違って、すでに観光シーズンまっただ中という雰囲気だった。

秩父彩の国キャンプ村:イメージ7

周辺ではかなり有名な「芝桜」だったらしいが、まったく事前の情報を仕入れていなかったので、駅前の観光施設をもらったパンフレットを見ながら歩き始めた。小高い山の上の公園の斜面いっぱいに芝桜が咲いていて、この季節ならではの美しいピンクのじゅうたんを見ることができた。昔、家の庭の片隅に植えたことのある芝桜なのだが、日当たりの悪い庭ではまったく花が咲かず、栽培を断念したことがある。やはり、この鮮やかな色合いは、青空の下でもっとも引き立つようだ。

芝桜に限らず、秩父周辺には、観光スポットがたくさんある。川遊びのできる場所も多いし、長瀞まで足を伸ばせばラインくだりまで楽しめる。沿道には、たくさんの果樹園の看板があり、味覚狩りも期待できる。キャンプ場を足場に、周辺施設でもたっぷり遊ぶには、秩父地区はお勧めの場所である。

-DATA-

場所:
埼玉県秩父市浦山字広川原3236-10
交通:
関越自動車道花園インターより国道140号~県道73号経由で浦山方面へ
駐車場:
サイト内にあり
トイレ:
場内にあり
料金:
入村料:大人500円、子供300円
サイト料:4,000円
場内施設:
トイレ・炊事場・コインシャワー・五右衛門風呂・小動物園・釣堀
付近の観光地:
秩父周辺での川遊び、果物狩りなど

ページのトップに戻る