キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« オートリゾート滝野キャンプレポート:トップページ道立宗谷ふれあい公園キャンプ場 »

とままえ夕陽が丘オートキャンプ場

Aug.13, 2002 海水浴場隣接の高規格キャンプ場

「北海道で海水浴をしよう!」今回の北海道旅行では、そんな目標をもって旅を続けていた。地図を広げてみると、北海道の海水浴場というのは、意外に少ないものだ。以前は千葉に住んでいたので、海岸沿いに移動していけばいくらでも海水浴場が見つけられたのだが、そういうわけにもいかないようだ。しかし、捜しているうちに、目的にぴったりの場所を見つけることができた。留萌の北、苫前町にある、ホワイトビーチとすぐ隣にある「とままえ夕陽が丘オートキャンプ場」である。

前日は道央自動車道滝川SAで車中泊をしていた。目がさめると、あいにくの雨。キャンプ場にチェックインする前に、海で泳ぐつもりだったのでとても残念。何より寒い。

とままえ夕陽が丘オートキャンプ場:イメージ1

滝川で高速を降り、国道275号から233号へと乗り継ぎ、留萌方面へ向かう。日本海に出て、そのまま海岸沿いの国道232号を北上し、目的地の苫前に入ると、巨大な風車がにょきにょきと立っているのが目に入る。風力発電の風車である。数本並んで立っているので、その威容はかなり遠くからでも目にすることができる。移動しながら近づいていくと、予想以上の大きさに驚かされる。この辺り、夜になるとかなり風が強くなるので、日本有数の風力発電地帯なのだそうだ。

キャンプ場は、苫前の中心から少し離れた海岸沿いにある。チェックインすると、管理人のおじいさんがサイトまで車を誘導してくれた。今回利用したのは、フリーサイト。「フリー」とはいっても、駐車スペースも、隣との区切りもはっきり決められている。フリーサイトの方は、区画辺りの面積はかなり広そうなのだが、ちょっと縦長の形をしており、満サイトの状態だと多少圧迫感があるかもしれない。料金の高い個別サイトには水道と電源があり、とても広々しているので、状況によってはこちらを利用するのが良いかもしれない。

とままえ夕陽が丘オートキャンプ場:イメージ3 とままえ夕陽が丘オートキャンプ場:イメージ2

フリーサイトの方は、料金のシステムが少し変わっていて、テント・タープ、それぞれ1張り1,000円ということだ。今回の利用では、テントを張らなかったので、パラタープの分の1,000円でキャンプすることができた。値段の安い北海道のキャンプ場の中でも、この値段で利用できる場所はなかなかあるものではない。

ちょっと困ってしまったのが、ごみの持ち帰り制度。チェックインの時に聞かされていたので、今回はできるだけごみのでないような食事を考えて対応した。しかし、長旅の途中で立ち寄るような場合、ごみの処理をしてもらえないと困ってしまう。

とままえ夕陽が丘オートキャンプ場:イメージ4

管理棟にシャワーもあるが、少し歩くと「とままえ温泉ふわっと」という名前の、きれいな温泉が隣接している。「キャンパーズロード」という名前の通路を歩くと、5分ほどで到着。宿泊施設も隣接した、とても立派な温泉だった。北海道を旅行していると、このような日帰りの温泉施設が安い料金で利用できるのでありがたい。(ちなみに料金は大人500円・小人250円)

さて、海水浴である。幸いなことに、翌日は晴れ、青空まで広がってくれた。キャンプ場から歩いていける場所の「ホワイトビーチ」に出かけていった。波打ち際は普通の砂だが、ちょっと離れた場所に白砂が隔離されたように広がっている。波打ち際は普通の砂なので、海で遊んでいる間はいつもと変わらないが、少し海から離れて見ると、ちょうど白いビーチが広がっているかのように見えておもしろい。シャワーやトイレなどもきれいで、子供用のトイレまであってびっくりした。太陽に当たると、汗をかくほどの暑さになったので、「さあ、泳ぐぞ」と勇んで入ってみると、水がむちゃくちゃ冷たい。ビーチには、水着を着た海水浴客もいることはいるのだが、よく見ると沖に設置された浮島でねっころがっているか、波打ち際で遊んでいる人がほとんど。今年は特別気温が上がらなかった、ということだが、北海道の夏を実感させられた。

<キャンプ場の○と×>

・ビーチ隣接はうれしい!
・安い料金で利用できます。
・立派な温泉で疲れがとれました。
×
・夜には風が強くなることもあり。

-DATA-

場所:
北海道苫前郡苫前町字栄浜67番地1
交通:
留萌市内から国道232号で北へ1時間ほど
駐車場:
キャンプ場内にあり
トイレ:
水洗できれい
料金:
オートサイトB 一張り1,000円
周辺施設:
ホワイト・ビーチ、とままえ温泉ふわっと、B&Gプール、夕陽丘ウインドファーム(風力発電施設)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る