キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年06月キャンプレポート:トップページ2002年08月 »

実谷オートキャンプ場

Jul.27-28, 2002 海水浴と組み合わせたキャンプ

今年の夏は暑い。梅雨が明けてからというもの、関東地方では毎日30度を越える日が続いている。夏休み最初のキャンプは、海水浴と組み合わせて計画することにした。

場所は千葉県御宿町の実谷キャンプ場。キャンプ場から海までは10分ばかりで泳ぎにいける距離。砂浜近くのキャンプ場だと日差しが強かったり、砂がテントに入り込んだりして大変な思いをしてしまうことがあるのだが、このキャンプ場は、海沿いの国道から少し山に入ったところにあるので、朝夕はかなり過ごしやすい。真夏のキャンプでは、ほんの少しでも標高が高い場所を選ぶのが、快適に過ごすポイントだと思っている。

我が家から千葉に行くには、都心を横断しなくてはならず、渋滞にはまってしまうと目も当てられない結果になってしまうので、前日の夜から出発することにした。首都高と京葉道路を経由して、千葉東金道路の野呂パーキングエリアで車中泊をする。アスファルトの熱気もなかなか冷めない熱帯夜だったが、都心の夜よりは少しだけ過ごしやすい。このPAで朝を迎えると、外房への海へのアクセスは実に簡単。そのまま、東金まで進み、九十九里への有料道路に乗り継げば、目の前に太平洋が広がってくる。

千葉県は県境のほとんどを海岸線に囲まれており、海水浴場の数もめちゃくちゃ多い。東京湾に面した内房は波が静かで家族向き、太平洋に面した外房はサーファー向きと、大まかに色分けすることができる。とにかく、たくさんの海水浴場があるので、自分のお気に入りの場所を捜すのが悩みの種になる。1日目に利用することにしたのは、成東町の大須賀海水浴場。ここは、いわゆる「海の家」がなく、食事のできる店とシャワーや着替えをする施設が分業されている。とても助かるのは、海岸にコンビニがあること。

たっぷり遊んでから、県道30号、国道128号を海沿いに南下。1時間ばかり移動すると、御宿の町に到着する。内陸部に向かって坂道を登り、看板を目印にさらに細い道へ入る。コンクリートで周囲を固めてある、細いトンネルを通り抜けると、キャンプ場に到着。このトンネル、千と千尋の神隠しにでてくるようなトンネルで、子供たちは大喜びだった。

キャンプ場は管理棟のある第一サイトと第二サイトに分かれている。第一サイトは管理棟とケビン、ランドリーなどがあり、オートキャンプをするには、少し山を登ったところにある第二サイトに入る。サイトは山を平らに開いた草地で、意外なほどぽっかりとしたスペースが広がっている。特に区画はない上、この日の利用は我が家だけだったので、好き勝手に設営することができた。

実谷オートキャンプ場:イメージ1 実谷オートキャンプ場:イメージ2

管理人のおじさんがとても世話好きの方で、あれこれと話をしてくれた。場内の施設は、いかにも手作りという感じで、このおじさんがこつこつと作り上げたものだろう。なかなか味のある雰囲気があった。場内中央に「山学校」という名前の屋根つきのスペースがあり、丸太のいすや机など、いろいろ遊べる場所になっている。山学校の横に階段があって、ここを上がると展望台になっている。晴れていればきれいな星空が広がりそう。

実谷オートキャンプ場:イメージ3 実谷オートキャンプ場:イメージ4 実谷オートキャンプ場:イメージ5 

子供たちは場内のブランコ(これも手作り)が気に入って、ずっと遊んでいた。トイレや炊事場も丸太組み(ログハウスではなく、あくまでも丸太小屋という雰囲気。)で、使いやすく整備されていて好感がもてた。高規格の立派なキャンプ場というわけではないが、おじさんのこだわりがあちこちに見られる、とても良い雰囲気の場所だった。

実谷オートキャンプ場:イメージ6 実谷オートキャンプ場:イメージ7 実谷オートキャンプ場:イメージ8

翌日は、御宿の海水浴場で遊ぶ。ここは、昔ながらの海水浴場だが、白砂を運び入れたりして、とてもきれいに整備されている。若者にも家族連れにも楽しめる雰囲気の海である。「月の砂漠を、はるばると」という歌のモデルになった場所で、砂浜にラクダの銅像があった。アラビアかどこかの外国をイメージしていると意外な感じがする。

<キャンプ場の○と×>

・草地の広いサイト。特に今回は貸しきり状態でした。ゆるやかに傾斜をつけてあって、水たまりができにくいようになっているそうです。
・場内あちこちに手作りの雰囲気。最近、高規格の場所を利用することが多かったので、とても新鮮でした。
・海水浴にぴったり。真夏にもそれほど暑くはならず、海へのアクセスも便利です。
×
・入り口道路がややせまい。「千と千尋のトンネル」子供たちは大喜びでしたが、大型のキャンピングカーだと、通れないかも。

-DATA-

場所:
千葉県夷隅郡御宿町実谷492-1
交通:
東京から京葉道路、千葉東金道路経由で外房へ。そこから県道30号、国道128号で1時間ほど。
駐車場:
キャンプ場内にあり
トイレ:
簡易水洗
料金:
1区画5,000円

山田大橋キャンプ場

Jun.08-09, 2002 東京都内、秋川沿いのキャンプ場

雨ばかりだった5月が終り、このまま梅雨に入ってしまうかと思っていたら、6月に入ってからというもの、毎日真夏のような暑さと日差しが続いた。いずれ梅雨に入ってしまうことは確実なので、晴れている間にたっぷりキャンプを楽しむことにした。

今回利用したのは、東京都あきる野市の「山田大橋キャンプ場」。私の自宅もあきる野市内にあるので、自宅から10分ほどで到着することができる場所である。しかし、こんなに近くにあるのに、このキャンプ場の存在を知ったのは、つい最近になってからだった。手元にある3種類ほどのキャンプ場ガイドにも掲載されておらず、それほど有名な場所ではないらしい。それにしても、自宅から近い、というのはありがたい。午前中のんびり準備をしたあと、近くのスーパーで食材を購入し、あっという間にキャンプ場に到着した。

山田大橋キャンプ場:イメージ1 山田大橋キャンプ場:イメージ2

キャンプ場は秋川の川岸の斜面に広がっている。秋川は、東京都の西の端から発し、拝島のあたりで多摩川に合流する。キャンプ場のあるあきる野市を横断して、昭島市の拝島のあたりで、多摩川に合流する。その秋川にかかる、山田大橋のあたりにキャンプ場がある。こんなに家のすぐそばにキャンプ場があるなんて、本当に意外な感じだ。

山田大橋キャンプ場:イメージ4 山田大橋キャンプ場:イメージ3

場内は斜面の上のほうから、ティピー・ログハウス・オートキャンプサイトの順に広がっている。斜面を開いて作った場所なので、オートサイトは5区画ほどで、こぢんまりしている。一つ一つのサイトの広さは、なかなかのもので、川沿いのキャンプ場としては、十分な広さがあった。地面は土だが、晴れの日は少しほこりっぽいかもしれない。電源が自由に利用できるのは、予想外で嬉しい驚きだった。

山田大橋キャンプ場:イメージ5 山田大橋キャンプ場:イメージ6

その他にも、キャンプにあると嬉しい!という設備や小物がたくさん置かれていた。炊事棟には洗剤類もしっかり置かれており、何より素晴らしいのは5台並んだ冷蔵庫。サイトごとに1台の冷蔵庫が使えるのだから助かる。いすやテーブルも積んであって自由に使うことができる。ちょっと人数が増えた場合にも便利そうだった。温水シャワーも無料で自由に使える。トイレも含めてとてもきれいで清潔な施設だった。なにしろガイドブックにも載っていなかった場所なので、事前の予備知識もまったくなく、一つ一つ施設を見つけるたびに、家族で大喜びしていた。

山田大橋キャンプ場:イメージ7 山田大橋キャンプ場:イメージ8

サイトの準備ができたら、さっそく川遊びにでかけることにした。サイトから続く階段と坂道を降りていくと、すぐに秋川に出る。上流では、東京都とは思えない美しい清流だが、さすがにこの辺りでは汚れも目立っている。それでも、水遊びができないほどではなく、真夏のような日差しの下で、のんびり遊ぶことができた。足首くらいの所まで流れに入っているだけで、ずいぶんと涼しくなるものだ。その分、上半身はしっかり日焼けしてしまった。

山田大橋キャンプ場:イメージ9 山田大橋キャンプ場:イメージ10

ちょっと困ったのは、夜のにぎやかさ。テントサイトの上にログハウスが2棟あるのだが、そこに入ったグループが夜中中騒いでいた。大きなログハウスなので利用するのはグループ、となると少々にぎやかになってしまうのはしかたないかもしれない。オートサイトはなにしろ5サイトしかないので、グループ連れに当たらなければ静かに過ごせるだろう。

子供たちはバドミントン(これも自由に借りて遊ぶことができる)がお気に入りで、出発のぎりぎりまで遊び続けていた。実はバドミントンをするほどの空間はないのだが、サイトとサイトの隙間を使って、周りに気を使いながら遊ぶのだ。

山田大橋キャンプ場:イメージ11

チェックアウトの時間は、11時。しかし、シーズンオフの間は、ほとんどのキャンプ場がそうであるように、好きなだけいて結構、という雰囲気だった。のんびりと川で遊んだりして帰路につく。普段通り慣れた道を走り、あっという間に自宅に到着してしまった。都心から利用する場合も、インターからかなり近いので短時間で到着できるだろう。圏央道のあきる野インターができれば、さらに交通の便は良くなりそうだ。

<キャンプ場の○と×>

・冷蔵庫やテーブル・いすなど、無料で利用できるものがたくさん置いてあります。バドミントンもうれしい小物でした。
・川沿いのキャンプ場。階段を下りていけば川遊びができます。
・5,000円で電源やシャワー、冷蔵庫まで使えるので、意外とコストパフォーマンスの高いキャンプ場かも。
・なんといっても、都心からも近い場所。あきる野インターができれば、さらに便利になります。
・直火可のキャンプ場。積んである薪も、自由に使えました。
×
・ログハウスはグループ用。どうしても、うるさくなってしまうかも。

-DATA-

場所:
東京都あきる野市網代字西峰312
交通:
中央高速八王子インターから30分弱、圏央道日の出インターから15分
駐車場:
キャンプ場内に乗り入れ
トイレ:
キャンプ場内にあり

飯能河原

Jul.06, 2002 手ごろな日帰りバーベキュー河原

7月最初の週末。梅雨の合間の青空が広がった。しかし朝寝坊してしまったので、泊まりのキャンプに行く気分にはならず、日帰りででかけることにした。いつもなら、家の近くの秋川沿いの河原を利用するのだが、今回は少しだけ足を伸ばして、埼玉県の入間川の河原にでかけることにした。

秋川沿いのバーベキュー施設の場合、駐車料金や入場料を取られるので、けっこうな出費になってしまう場合もある。今回利用した、入間川沿いの飯能河原の場合、まったくの無料である。以前、都心に住んでいた時、3時間ほどもかけて通っていたお気に入りの場所だった。

飯能河原:イメージ1 飯能河原:イメージ2

7年ぶりに河原に下りてみると、なんとなく雰囲気が変わっているのに気づく。以前は、自然のままに近かった河原には、かなりじゃりが入れられて、それなりの駐車スペースになっていた。いくつかに分かれていた川も、一本にまとめられ、流れも変わっている。

飯能河原:イメージ3

川の水は「清流」というほどではないが、たくさんの子供たちが遊んでいる。中に入ってみると、大人のくるぶしからすねほどの深さしかない。流れもそれほど強くないので、安心して遊ぶことができそう。上流にボート池があるので、自然なダムの役割を果たしているのかもしれない。ただ、悪天候の場合、どのように状況が変化するかは不明。

飯能河原:イメージ4

流れをよく見ていると、足元を小さな魚が泳いでいるのを見つけた。何の道具もないので、手のひらで何回かすくってみると、2匹つかまえることができた。優越感にひたっていると、子供がバケツを振り回しているうちに、群れごとごっそりつかまえてしまった。

飯能河原:イメージ5

トイレは飯能市が管理している水洗の立派なものが川の両岸にある。河原でバーべキューしていて一番困ってしまうのがトイレなので、2箇所もあるととても嬉しい。

車を乗り入れられるのは、片方の川岸だけ。簡単な材木を積んだ橋を渡ると、対岸に移動できる。飯能の駅から歩く場合、もっと立派な赤い橋を渡って、対岸に直接下りることになる。

飯能の駅は池袋からの特急も停車するので、非常にアクセスが便利。学生のグループが大勢やってきていて、楽しそうにはしゃいでいる。河原のスペースが広いので、多少にぎやかでも気にならないので助かる。

実はこの場所、小学生の遠足地としてもよく利用される。それだけ安心して遊べる場所、ということが言えるのかもしれない。都心からのアクセスがよく、車が乗り入れられてトイレがあり、しかも無料、という場所はなかなかあるものではない。春には桜も咲くので、花見をしながら川遊びができるのも嬉しい。

-DATA-

場所:
埼玉県飯能市入間川河原
交通:
圏央道入間インターから30分ほど
電車・徒歩の場合、飯能駅から線路沿いにまっすぐ歩き、赤い橋を渡って河原に下りる
駐車場:
河原にあり
トイレ:
水洗2箇所
場内施設:
売店・食堂・ジュースの自販機など

ページのトップに戻る