キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« オートキャンプ場グランパスキャンプレポート:トップページ松山市野外活動センター »

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場

Aug.12, 2001

2001年の夏休み、四国へのキャンプ旅行を計画した。自動車で本州から四国へ渡るルートは3つ。学生時代に乗った宇高連絡船も忘れがたいが、それにしても便利になったものだ。フェリーの予約も必要なく、出航時間を気にすることもない。自分のペースでのんびり四国へ渡れるのはとても助かる。

今回は、まだ利用したことのないしまなみ海道を利用して四国入りすることにした。途中2箇所高速道路が未通の部分があるのだが、その分?3つのルートで一番料金が安い。自転車や徒歩で渡ることが可能なのも、この橋だけ。

前日までは紀伊半島にいる予定だったので、一気に橋を渡るのではなく、尾道周辺のキャンプ場に1泊することにした。尾道はしまなみ海道の本州側の入り口で、大林作品の舞台となったことでとても有名な町。

山陽自動車道での長い移動のあと、尾道に到着したのは、午後になってしまった。あまりに暑いので、夕方にチェックインするよう、夕方までゆっくり尾道で遊ぶことにした。尾道では、まずラーメンを食べることにして、まずガイドブックを立ち読み。おいしく食べられて良かった。そのあと、少しだけ文学の道を歩く。志賀直哉は何を書いたのかさえ忘れてしまったが、旧居だけは見学にいった。坂道がたくさんあるとは知っていたが、これほど細いとは。他人の軒先をかすめるように歩きながら、お寺を3つくらい見る。寺の中を通り抜けるように見学コースがあり、意外におもしろく散歩することができた。

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場:イメージ1

尾道市街から北に向かうと、道も上り坂になり、だんだん山がせまってくる。その山のふもとのあたりに「びんご運動公園」が広がっている。公園には立派な陸上競技場や体育館・プールもあるが、キャンプ場はさらに上にあがった山の上に広がっている。

管理棟に入ってチェックインをしようとしたら、今まで見たこともない機械を発見。空いているサイトが写真で表示され、自分で好きな場所を指定してボタンをおすとチケットが出てくるシステム。「おお、すごい!」と思ったら、調子が悪いらしく写真が写らない。親切な管理人さんが勧めてくれた眺めの良いサイトを選んでチェックインした。

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場:イメージ2

キャンプ場に入ってくる途中、公園の中に今まで見たことのないようなアスレチックや芝滑りがあるのを見かけていたので、30分ばかりで設営をすませたあとさっそく遊びに行く。たくさんの遊具があり、子供たちは大喜び。特に巨大な芝滑りがあり、めちゃくちゃ恐くておもしろい。

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場:イメージ3

人工芝の上を100mほどの高さからプラスチックのそりで滑り降りる。最上段から下を見ると、それだけで日の丸飛行隊の気分。(使うのはスキーではなくそりだけど)実際に滑ってみると、ものすごいスピード感。摩擦熱がそりを通り抜けてお尻に伝わってくる。ちょっとバランスをくずすとあっという間に横転し、そのまま坂の底まで転がり落ちてしまう。擦りむいたり焼けどしたりしながらも、おもしろくて子供と一緒に何回もすべって遊んだ。正直言って、こんな危険な遊びを自由にできる場所は貴重かもしれない。

たっぷり遊んで暗くなってからサイトに戻る。キャンプ場に向かう道路にゲートがあり、チェックインの時にもらったカードを入れないと中に入れないシステムになっている。サイトを通り抜ける風が涼しく、山の上という場所の良さを感じる。

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場:イメージ4

サイトも広く隣との間に上手に植栽してあるので、区画サイトなのに圧迫感はまったく感じない。電源・水道もついた高規格キャンプ場だが、あまり多くのキャンプ場ガイドに載っていないせいか、地元の利用者が多く落ち着いた雰囲気だった。

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場:イメージ5

施設的には素晴らしく、水道には専用の照明までついている。電源付キャンプ場なので、炊飯器から冷蔵庫・扇風機まで活用。シャワーやトイレもきれいだが、毎回管理棟にはいらなくてはならないのがちょっと面倒だった。かなり奥までサイトが広がっているので、そちらにテントを設営した場合、かなり遠くまで歩いてこないとならない。地面は砂だが、深い部分はやや固めで、細身のペグを曲げてしまった。

入り口がゲート式なのはすでに書いたが、夜中は暴走族のバイクの音がかなりうるさかったので、外部の人間が入って来れないという点ではとても安心できる。

広島県立びんご運動公園オートキャンプ場:イメージ6

翌日は素晴らしい天気。キャンプ場から少しあがった所に展望台があり、尾道市内やしまなみ海道の橋までよく見える。四国へ渡る前泊地として選んだのだが、尾道観光とあわせて十分楽しめた。料金がトップシーズンということで、普段より1000円高い6000円となっていたのだけが誤算。

<キャンプ場の○と×>

・とにかく運動公園の遊具がすごい。特に芝滑りは一見の価値あり。
・とてもやさしい管理人さん。子ども達は柏餅をいただきました。
・サイトからの眺めが素晴らしい。
×
・管理棟から遠いサイトだと、シャワーや洗濯等はやや不便。 

-DATA-

場所:
広島県尾道市栗原町
最寄IC:
山陽自動車道尾道ICから15分
料金:
夏休み中は6000円 その他の期間は5000円
施設:
サイトごとに炊事場・電源、水洗トイレ、有料シャワールーム、管理棟にミニ売店
電話:
0848-48-0394

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る