キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2001年04月キャンプレポート:トップページ2001年06月 »

キャンベルヒルズ

May.19-20, 2001 東京都にある唯一の村「檜原村」

来年度から公立の学校でも、すべての土曜日が休みになる。しかし、今年の第1・第3(最悪な巡り合わせのときは、第5土曜日という月もある。)は、じっと我慢だ。子供の学校が終わって、家に帰ってくるのが1時近く。それから大急ぎで宿題を終わらせ(この辺が小心者の親子)、おにぎりを作って車に乗り込む。1泊1.5日のキャンプに出発である。

今回利用したのは、自宅から1時間ばかりで到着できる「キャンベルヒル オートキャンプ場」東京都にある唯一の村「檜原村」にあるオートキャンプ場だ。五日市街道を西に向かい、五日市の駅を過ぎると、ぐっと山が近くなってくる。檜原村には鉄道が通っていないので、この道路が重要な交通機関となる。途中で桧原街道と名を変え、秋川に沿ってカーブを繰り返しながら道が伸びていく。

キャンプ場は秋川をはさんだ山の斜面にある。ちょっと入り口がわかりづらく行き過ぎてしまったが、よく見たらとても大きな看板がちゃんとあった。受付を済ませ、サイトを選ぶ。このキャンプ場、ゴールデンウィークの前半に利用しようと電話をかけたのだが、すべて満員ということだった。しかし、通常の土曜日なら前日の電話でOKである。とにかくこの日の利用者は、我が家をいれて3軒しかなく、気に入った場所を選ぶことができた。

キャンベルヒルズ:イメージ1

このキャンプ場の場合、サイト選びはかなり重要である。サイトは山の斜面に3段ほどに分けて作られているのだが、炊事場は一番下に位置しているので、上段のサイトを選んでしまうと、水を汲むにも歯を磨くにも、かなり大変な思いをすることになる。トイレにいたっては、もっと麓に近いロッジの中にしかないので、緊急時にはさらにあせってしまう。ただし、山の中腹からのながめは素晴らしく、その点は平坦地のキャンプ場では味わえないロケーションといえる。

私たちが選んだのは、炊事場のすぐ上にあるサイト。こういう山間のキャンプ場の場合、「広さ」という点では、なかなか確保するのが難しいのだが、この場所は十分な広さがあった。どのサイトにも一応の区画があるようだが、広さがまちまちなので早めに来て気に入ったサイトを選べると良い。このサイトには、なぜかこいのぼりが立っている。今までいろいろなキャンプをして来たが、頭上をこいのぼりが泳いでいるサイトは初めてだ。子供たちは大喜びで、鯉のしっぽをつかまえようとしていた。

キャンベルヒルズ:イメージ2 キャンベルヒルズ:イメージ3

施設的には、全体的にきれいで清潔。トイレとシャワーはふもとのロッジの中にある。サイトからちょっと多いのだが、とてもきれいで使いやすい。特にシャワーは更衣室も十分なスペースがあるので助かった。別料金無しで使えるのもありがたい。炊事場には洗剤やスポンジもちゃんと用意されていて、いたれりつくせり。ふもとのロッジはログ組みのきれいな建物で、大人は5000円で利用できるとのこと。(利用は料金の合計が3万円以上から)かなり大きな建物だったので、グループで利用すると良さそうだった。

きれいな青空が広がり、うぐいすが一日中鳴きつづけるのどかさ。気温もぐんぐん上がり、汗をかくほどだったので、キャンプ場下を流れる秋川で遊ぶことにした。かなり上流に位置するので、水はとてもきれい。小魚が群れをなして泳いでいる。水量はくるぶしほどしかないのだが、とても冷たい。河原の石に腰をおろして、足先だけ川に入れてぼんやりしていると、つくづくキャンプにぴったりのシーズンになったと感じる。対岸がすぐ道路なのがイマイチだが。

<キャンプ場の○と×>

・炊事場もトイレもきれい。シャワーも使いやすかったです。
・山の斜面のロケーション。天気が良くて眺めも良かった。
・ふもとには秋川が流れています。夏はいっぱい遊べそう。
×
・トイレと炊事場がサイトからちょっと遠い。夜中の山の上り下りは、小さい子には無理かな?

しゃくなげ湖第2キャンプ場

May.04-05, 2001 ゴールデンウィーク後半にでかけた!

ゴールデンウィークは、どこへでかけても大勢の人。しかし、意外と空いているのがこの時期のスキー場。まあ、雪はべちょべちょ、日焼けはする、と最悪のコンディションなので、あまりお勧めできる状態ではないのが残念だが、この数年ゴールデンウィークにそのシーズンのスキー納めをするのが、我が家の通例になっている。5月ともなれば、立派なキャンプシーズン。車の中にはキャンプ道具も積みっぱなし。ということで、スキーの前後にキャンプ場での宿泊を組み合わせるのも、この時期の恒例になっていた。

でかけたスキー場は、群馬県「玉原スキー場」。ゲレンデ下のリフト券売り場では、まったく雪がなく、1本目のリフトは完全な連絡用。もう1本だけ動いているリフトを使って滑ったのだが、さすがに重い雪でとても滑りにくい。人出はそれほどでもなく、連休中の遊び場としては、やはりスキー場は穴場かもしれない。好天に恵まれたのは良いが、雪はさらに悪コンディションに。暑くてすぐにトレーナーをぬいでしまった。4時半にスキー場を出発し、六日町インターそばの巨大なジャスコで買い物をすませて、何とか7時にキャンプ場に到着した。

今回利用したキャンプ場は、新潟県六日町の「しゃくなげ湖キャンプ場」。第1キャンプ場と第2キャンプ場の2つ合わせて、今回で3度目の利用となる。今回のパターンでは、スキー場へのアクセスの良さが第1条件となる。関越沿いのキャンプ場は、まだクローズしている場所も多く、またスキー場クローズ後のゲレンデを利用して営業している所も多く、これも当然この時期はクローズ中。そんな中で、この「しゃくなげ湖」キャンプ場は、関越道六日町ICから、30分強という便利さ。苗場や玉原などのスキー場と組み合わせて、何度も利用を重ねている。しかし、このキャンプ場自体も素晴らしく、我が家のお気に入りのキャンプ場の一つである。

しゃくなげ湖第2キャンプ場:イメージ1

まずはキャンプ場の設備。どの施設もきれいで、ゆったり作られている。炊事場など、とても高い屋根がついていて、開放感にもあふれている。さらに、周辺の遊び施設がなかなか素晴らしい。「しゃくなげ湖」とは三国川をせきとめたダム湖につけられた愛称らしいが、この湖周辺に釣りぼりや貸しボートなども点在している。ダムは夜にはライトアップされるので、それ自体もなかなかの見ものだった。

しゃくなげ湖第2キャンプ場:イメージ2

このキャンプ場は第1キャンプ場と第2キャンプ場に別れている。ダムの上にある第1キャンプ場では、各サイトごとに、炊事場と電源があり広さも第2キャンプ場より広い。隣接してテニスコートがあるのだが、ラケットもボールも無料で貸し出してくれる。ダムの下側にある第2キャンプ場は、炊事場・電源がない分利用料が1000円安い。どちらのサイトも利用したことがあるのだが、小さい子供連れには、第2キャンプ場のほうが楽しめるかもしれない。(ちなみに両キャンプ場間は車で5分強、と言ったところ。ずっと坂道なので、歩いて移動するのは無理!)

そう、この第2キャンプ場のポイントは、子供が安心して遊べる遊具広場が隣接している所。滑り台やシーソーなどの遊具が、すぐ隣にあるので、サイトから直接遊びにいける。車などの心配もないので、親はサイトでのんびり、子供はめいっぱい遊ぶ、ということも可能である。とにかく遊具の充実振りは素晴らしく、自転車やバスケットボール、竹馬や一輪車まで、自由に使うことができる。遊具広場の隣には、本格的な芝生のグラウンドがあり、サッカーもできる。(今回は芝生の養成中ということで、立ち入り禁止になっていた。)管理棟の明かりを頼りに、真っ暗になってからもたくさんの子供たちが遊んでいた。

ただ、サイト選びはよく考えないと。遊具広場に隣接したサイトだと、ずっと子供達の元気な声が聞こえつづけることになるし、遊び場に行く子供達は、平気で他人のサイトを横切っていくからだ。私達はかなり遅くチェックインしたので、管理人さんが不在で、空いているサイトに設営させてもらった。たまたまそこが、ちょっと奥まった場所だったので、にぎやかさはほとんど気にならなかったのだが、ゴールデンウィークなどの混みあう時期には重大な問題かもしれない。

しゃくなげ湖第2キャンプ場:イメージ3 しゃくなげ湖第2キャンプ場:イメージ4

夜にはかなり寒くなった。辺りが暗くなってから到着したのであまり気づかなかったのだが、キャンプ場周辺の山々には、まだまだたくさん雪が残っている。スキーもしたのだから、雪があるのはあたりまえなのだが、こんなに混み合ったキャンプ場から雪が見えるというのは、この時期のこの場所ならではのことである。標高が上の第1キャンプ場には、さらにたくさん雪が残っており、サイトのすぐそばにもとけ残った雪があった。

しゃくなげ湖第2キャンプ場:イメージ5

翌日は、キャンプ場から200Mほど離れたところにある露天風呂を利用した。料金は大人200円子供100円。それにしては、とても立派な風呂である。しかし、かなり開放感が高い。ちゃんと柵はあるのだが、上から見れば何もさえぎるものがない。斜面の下側にあるので、そこを上がる階段からは丸見えになってしまうのだ。さらにその上には展望台まであって、ちらほら人の姿も見える。少しでも隠そうと腰をかがめながらお湯につかるが、やはりちょっと落ち着かない。男女のしきりも穴だらけなので、女性の方はもっと大変かもしれない。ということで、この露天風呂の利用は夜がお勧め。幸い24時間いつでも入れるので、ライトアップされたダムをながめながら入れば絶景だったかもしれない。

<キャンプ場の○と×>

・炊事場もトイレもきれい。
・管理人さんがとても新設でした。不在の時間もおおかったけど、あの人なら許せてしまう...。
・第1キャンプ場のテニスコート、第2キャンプ場の遊具広場、どちらも無料でいろいろ遊べます。
×
・満サイトだと、場所によっては遊び場からの子供達の声が気になるかも。

-DATA-

場所:
新潟県南魚沼郡六日町舞台
最寄IC:
関越自動車道六日町ICから、30分ほど
電話:
0257-74-2200
料金:
4000円(第1キャンプ場は5000円)
場内施設:
炊事場、水洗トイレ、売店、露天風呂、遊具多数

ページのトップに戻る