キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2001年03月キャンプレポート:トップページ2001年05月 »

オートキャンプ場ニュー勝浦温泉

Apr.28-29, 2001 オートキャンプ場ニュー勝浦温泉

我が家の場合、キャンプにでかけた夜は、あまり風呂やシャワーを利用することがない。夜は夕飯を食べてのんびりしていると、すぐに辺りは暗くなってしまうし、そうなるとわざわざシャワーを浴びに行く元気がなくなってしまう。特に普段の土日は、ほとんど1泊の行程なので、まったく気にせずそのまま寝てしまうのが常だった。

しかし、今回利用したキャンプ場は、なんといっても「温泉」という名前つきである。しかも、送られてきたパンフレットには、「千葉県下で初の温泉つきキャンプ場」とまで書かれている。私のキャンプのメインフィールドは千葉県なのだが、そう言われてみれば、お風呂やジャグジーはあっても、温泉つきのキャンプ場はなかったと思う。もともと山の少ない千葉では、温泉そのものがほとんど無いのだが.....。

朝5時に起きて出発。特に渋滞もなく、千葉に到着。ルート的には外房から勝浦に行き、内房から帰路につくのが順当だが、帰りの渋滞を見越して、内房周りで1周することにした。千葉を出て最初に寄ったのは富津岬。東京湾に横向きに突き出した細長い岬である。岬の根元は潮干狩りが有名で、到着した頃には駐車場も満車で、道路に車があふれていた。岬の先端に展望台と駐車場があり、ここの砂浜で少し遊ぶ。潮干狩り場ではないのだが、大勢の人が海に入っているので、ためしに砂浜を掘ってみると、結構かんたんに貝が掘れる。ついつい夢中になって遊んでしまった。本当は持ち帰ってはいけないのだろうが、少しだけ今日の夕食用にもらっていく。

オートキャンプ場ニュー勝浦温泉:イメージ1 オートキャンプ場ニュー勝浦温泉:イメージ2

国道127号をドライブしながら館山へ寄り、夕食の買い物を済ませると、もう4時。千葉をぐるっと周る形で勝浦のキャンプ場に到着。キャンプ場としては1998年にオープンしたばかりの新設キャンプ場なのだが、もともと古くからあった温泉に付随してつくられたらしく、設備自体は昔風。サイトはロープで一応区切ってあるものの、それほど管理的には感じない。利用したサイトはかなり不定形だったが、テント2つとパラタープまで設営できた。道路をはさんで「タンポポサイト」と「花菖蒲サイト」の2つに分かれている。「タンポポ」の方が収容数は多いが、なんとなく雑然とした感じ。キャンプファイヤーができそうなスペースがあって、そこには薪が山のようにつまれていて、自由に使うことができるのがありがたい。今回利用したのは「花菖蒲」の方。こちらは20サイト位のこぢんまりした感じだが、トイレや炊事場は「タンポポ」より立派だった。

設営を終わらせて、いよいよ温泉へ。この温泉、昔ながらの建物で、なかなか味わいのある雰囲気である。入り口の、いかにも「温泉」という感じのおばあさんに料金を払い中へ。キャンプ場宿泊者は半額で利用できる。風呂場が古びているのは良いとして、とにかくせまい。ゴールデンウィーク中の混み具合なので、ゆっくり洗う場所もない。温泉といえばこぎれいな施設しか利用したことがない子供たちは、黒っぽいお湯からは、早く上がりたかった様子。しかし、体の方は正直なもので、これだけ文句を言っても、お湯につかって暖まるというのは、本当にさっぱりできる。子供達も、入り口のおばあさんにもらった「ほしいも」をかじりながら、上機嫌でサイトに戻っていった。

オートキャンプ場ニュー勝浦温泉:イメージ3

温泉から上がって、夕食の準備を始める。炊事場はきれいではないが、なぜかたくさん洗剤が用意されている。水は温泉混じりの、やや褐色のもの。飲用には差し支え無し、と注意書きがされていたが、少しにおいが気になるかも。富津で取ってきた「あさり」を食するが、砂が多めだったことを除けば、まあまあの味。

オートキャンプ場ニュー勝浦温泉:イメージ4

施設は完璧とはいえないが、自然を生かした良い雰囲気のキャンプ場である。田んぼを見下ろす位置にあり、久々に一晩中カエルの鳴き声を聞くことができた。幼稚園児の次女にごみすてをたのむと、しばらく帰ってこない。様子を見に行くと、管理棟のおばさんと話しこんでいた。裏の山ではうぐいすが鳴きつづけ、ぽっかりと世の中の流れから取り残されたような風景だった。

<キャンプ場の○と×>

・料金を含め、無料の洗濯機、薪など、とても良心的。アジの干物を全員にプレゼントしてくれます。
・自然たっぷり。目の前の田んぼでは、ちょうど田植えをしていました。
・サイトの土が適度にやわらかく、寝心地の良さはなかなかなもの。
・炊事場、トイレまでの通路にはじゃりが敷かれていて、夜露でくつが濡れてしまうこともありません。
・温泉つき、は伊達じゃない。
×
・炊事場の数が不足気味。特にタンポポサイトは大変そう。

-DATA-

場所:
千葉県勝浦市松野1126-2
電話:
0470-77-1777
アクセス:
館山自動車道市原ICから、国道297号経由
料金:
4000円(GW中は5000円)
場内施設:
炊事場、水洗トイレ、売店、洗濯機、乾燥機、勝浦温泉(旅館)隣接

緑の休暇村 青根キャンプ場

Apr.14-15, 2001 今年初のテント泊に行ってきました。

最近のオートキャンプ場は、事前に予約が必要で、きちんと区画されているパター ンがほとんどである。私が利用する場所も、ほとんどがそういうタイプのもので、い つのまにかそれがあたりまえのように感じられていた。河原のバーベキューからス タートした頃には、わざわざ電話で予約していくなんて考えられなかったし、となり との間にロープや線が引っ張ってあるのも不自然に感じられたものだった。しかし、 ガイドブックなどに載っているキャンプ場の中では、フリーサイトの場所は圧倒的に 少なくなってしまった。

今回利用した「緑の休暇村 青根キャンプ場」は、最近ではめずらしい「予約不 要、フリーサイト」という場所。利用したのは、4月の第二土曜日。予定していた キャンプ場がいっぱいになっており、あわててこのキャンプ場に電話をかけたのだ が、オートキャンプは予約不要とのこと。不思議なもので、予約してキャンプにでか けるのがあたりまえのようになっていたので、予約がいらない、というのはかえって 不安なもの。早く到着しないと、もういっぱいになってしまうのではないかといらぬ 心配をしてしまう。

八王子インターから少しだけ高速に乗り、相模湖インターを降りる。インターから 30分ほどの近さなのだが、けっこうな山道なためなかなか気を使う。こういう山間 のキャンプ場では、サイトの広さなどは期待できないのが常。このキャンプ場も入り 口から川に向かって下っていく途中は、かなりせまそうな雰囲気だったが、オート キャンプ場のブロックは川沿いになかなかの広さでひろがっていた。チェックインし たのはお昼前だったが、場内はまだまだ余裕があった。このシーズンなら、余裕でサ イトを設営できる。

フリーサイトなので、自分の気に入った場所を選ぶことができる。すぐ川に降りら れる場所や炊事場の近くなどからうまっていたようだ。1m位の高さに切られた切株 のあるところでは、それをテーブルがわりに使えるよう、うまくサイトを設営してい る人もいた。次回は、あそこの場所を狙ってみよう。  しかし、できあがったサイトを見ると、いつもの区画サイトでの設営パターンと全 然変化がない。せっかくのフリーサイトなのに、すっかり区画サイトに慣れてしまっ たのだろうか......。

キャンプ場にくる途中で食材の買出しをする予定だったのだが、相模湖方面からの 道には、買い物ができそうな場所はまったくなかった。しかたなく、国道413号を 津久井市街地方面へ戻ることにした。走ってみると、こちらの道路のほうがずっと走 りやすく、途中で市街地を通るので買い物も便利。何より途中の津久井の山並みと、 そこに広がる家々がおりなす風景がとても美しく、すっかり気に入ってしまった。季 節柄こいのぼりを飾る家が多く、葉桜の中風にはためく姿は実にのどか。

キャンプ場に戻ると、かなり風が強くなっていた。サイト自体は草地なのだが、土 がむきだしの部分もあり、そこから目を開けられないほどの砂埃が舞う。テントの形 が変わってしまうほどの強風だったので、あわててペグを増やした。地面はやわらか いのだが、場所によって石にあたりペグが根元まで刺さらない場所もあった。
緑の休暇村 青根キャンプ場:イメージ1 緑の休暇村 青根キャンプ場:イメージ2 緑の休暇村 青根キャンプ場:イメージ3

施設は古びたものと新しいものが混在している。昔ながらのキャンプ場に、少しず つ増設してきた、という感じ。炊事場とレンタル用品の受付は味わいのある古さ。ト イレと遊び場が新しいのは助かった。しかし、川に沿って横長に広がっているので、 あまり奥の方にテントを立てるとトイレや水場までが、かなり遠くなってしまう。

緑の休暇村 青根キャンプ場:イメージ4

このキャンプ場での過ごし方は、何と言っても「川」が中心になるだろう。「清 流」というほどの美しさはないが、水遊びは十分楽しめそう。深緑色に水を湛える淵 があり、真夏にはにぎわうことだろう。釣りをしているキャンパーも多かったが、釣 り上げる姿は一度も見られなかった。
今回は、まだシーズン前ということもあってか、夕方には半数近くの人が撤収して しまった。さすがに、夜中はかなり冷え込んだが、今年初めてのテント泊をゆっくり 楽しむことができた。もう1週間早ければ、場内の桜も満開だったかな。

<キャンプ場の○と×>

・少し複雑な料金体系だが、総額は安い。 ・予約不要、フリーサイトの気楽さ。 ・その割に施設は整っている。 ・夏には川遊びを満喫できそう。
×
・場内に土の部分が多く、風が吹くとかなりほこりっぽい。
・フリーサイトのため、トップシーズンにはどんな状態になるのやら??
・川に沿って横長の場内のため、奥のほうに設営するとトイレや水場がかなり遠くなってしまう。

-DATA-

場所:
神奈川県津久井郡津久井町青根807
最寄IC:
中央高速相模湖ICから30分
八王子方面から国道413号経由で1時間強
電話:
042-787-1380(オートキャンプは予約不要)
料金:
駐車料金500円
清掃料金(日数分必要)大人300円子供200円
テント使用料1000円
1泊2日で500+1000+(300+300+200+200)×2で3500円
場内施設:
キャンプ場内
炊事場、水洗トイレ、売店
         休暇村内
シャワー、レストラン、売店、テニスコートなど

ページのトップに戻る