キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« ファーンデイル・キャンプ場キャンプレポート:トップページ大野路ファミリーキャンプ場 »

成田ゆめ牧場オートキャンプ場

Jan.13-14, 2001 今年最初のキャンプ

千葉県下総町に「成田ゆめ牧場」という観光牧場がある。羊や牛とふれ合える場所なのだが、道路をはさんでオートキャンプ場が隣接している。首都圏からのアクセスもよく、トップシーズンにはかなり混みあう場所である。今年度最初のキャンプは、この「成田ゆめ牧場キャンプ場」を利用することにした。さすがに、キャンプ場はガラガラで、我が家のほかに飛び込みのキャンピングカーが1台あるだけ。4度目の利用なのだが、いつもの混みぐあいを考えるとうそのような状態である。

天気予報では、利用予定日の夜半から「雪!」となっている。しかし、今回は、テント泊ではなく、トレーラーハウスを利用する予定なので、ちょっとやそっとではキャンセルするつもりはない。普段テントでのキャンプに慣れていると、トレーラーハウスの料金はとても高く感じられるが、今回は季節料金ということで、一人2100円、という格安の料金で利用できる。21世紀、ということでこの料金らしい。(人数が多いと、結局かなりの金額になってしまうのだが)

キャンプ場を利用すると、「ゆめ牧場」の入場料も、かなり安くなる。普通に入ると、大人一人1200円なのだが、キャンプ場にチェックインした後だと、2日間で800円の割引券を購入することができる。1日400円なので、とても安い。このキャンプ場を利用するなら、ぜひ先にチェックインすることをお勧めする。

成田ゆめ牧場オートキャンプ場:イメージ1

キャンプ場に3時ごろに到着し、そのままゆめ牧場で遊ぶ。曇り空でかなりの冷え込みということもあり、土曜日だというのにガラガラ。羊や牛ともゆっくり遊ぶことができた。ここのアイス・ソフトクリームはとてもおいしいので、これもお勧め。牧場施設のほかに、アスレチックや釣堀、アーチェリーや変形自転車などもできる。一つ一つ料金がかかってしまうのが困り物だが、乳しぼりやあひるのレースなど無料のイベントもあるので、たっぷり楽しむことができた。

成田ゆめ牧場オートキャンプ場:イメージ3 成田ゆめ牧場オートキャンプ場:イメージ2

暗くなるまで遊んでから、キャンプ場へ戻る。トレーラーハウスは標準的な広さ。入り口右側がリビングとキッチンで、左側が4人分の2段ベッドになっている。キャンプをしている多くの人があこがれるのが、トレーラーハウスだと思うが、やはりこの大きさが問題になってしまうだろう。最低でもこの位の広さががないと意味がないし、かといってこれでは駐車場の確保でさえままならない。外観から覚悟していたものの、設備などはやや古め。とにかく寒かったので、まず暖房を入れようとしたが、エアコンしかない。スイッチを入れてもなかなか温まらないので、こんなこともあろうかと持ち込んでいたセラミックヒーターも併用することにした。炊飯器と電気ポットが備え付けられていたので、さっそくお湯をわかそうとしたが、電気ポットのコードが見当たらない。しかたなく、ガスでわかした。シャワーやトイレも使用できないとのこと。備え付けの大型冷蔵庫も使えず、代わりに小型の冷蔵庫が置かれていた。しかし、キッチンの蛇口からはきちんとお湯が出るので、これだけでも非常にありがたい。

家族そろって食事の準備をして、トランプで遊んだりのんびり過ごす。やっていること自体はいつもと変わらないはずなのに、キャンプでやるとなぜこんなに楽しいのだろう。あっという間に時間がたってしまった。

成田ゆめ牧場オートキャンプ場:イメージ4 成田ゆめ牧場オートキャンプ場:イメージ5

翌朝、目覚めてみると、天気予報はすっかりはずれ、青空が広がっている。ただし、冷え込みだけはものすごく、一面真っ白な霜におおわれている。「しまった」と思ってキッチンの蛇口をひねったが、案の定凍りついてしまって、一滴も水が出ない。トレーラーハウスの場合、配管は外にあるので、寒さには案外弱いようだ。しかたしかたなく、キャンプ場の方の水道を利用しに行ったが、こちらも蛇口からつららがたれるほど凍り付いている。ようやく、1個所水が出たので寒さをこらえながら顔を洗うことができた。家に閉じこもっていたら経験できない冬の味わいだった。

<キャンプ場の○と×>

・季節料金ながら、格安の利用料金。オートキャンプも、1台2100円です。
・ゆめ牧場が隣接。泊る場所と近いと、安心して遊べます。
・都心からも近い。途中の買い物も便利。
×
・正規の料金だと、ちょっと古く感じられるトレーラーハウス。

-DATA-

場所:
千葉県香取郡下総町名木730
電話:
0476-96-1001
アクセス:
東関東自動車道成田ICより20分
料金:
トレーラーハウス 一人2100円(2月28日までの特別料金) 
場内施設:
・トレーラーハウス内 冷蔵庫、ソファーベッド、ベッド、ガスコンロ、水道
・キャンプ場内
屋根付き炊事場、水洗トイレ、売店、温水シャワー、洗濯機、乾燥機

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る