キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 米原キャンプ場キャンプレポート:トップページパリンガ湖キャンプ場 »

直方オートキャンプ場

Dec.18-19, 2000 2月の3連休を利用して、トレーラーハウスを利用!

直方オートキャンプ場:イメージ1

年も押し迫った12月下旬、日本一周バイク旅行中の僕は九州中部から本州上陸を目指してバイクを走らせていた。本当は宿に泊まりたいところだが旅も残すところ後僅か、悲しいかな資金は底をつき始めていて、財布の中はカラッポに近い状態だった。もうキャンプをするしかないのだが、オフシーズンのため開いているキャンプ場がほとんどない。悪条件の中で福岡県のキャンプ場を虱潰しに調べた結果、ようやく一件のキャンプ場を探し当てることができた。通年オープンの無料キャンプ場という僕の条件にピッタリ当てはまったのが、福岡県直方市にある「直方オートキャンプ場」だった。

町中というシチュエーションのため自然環境はあまり期待できそうにないが、便利な場所にあるというのが嬉しい。恐らく地元の人達が週末や夏休みなどにファミリーで気軽にアウトドアを楽しむためにつくられたキャンプ場なのだろう。川沿いの県道を走り目的地を目指す。英彦山川と遠賀川の合流地点近くの河原にようやく目指すキャンプ場を発見した。市街地などの河原で良く見かけるタイプの公園で、野球グランドのように地面はきれいに整備されている。これまで宿泊してきた山中や湖畔のキャンプ場と違う雰囲気に少々戸惑いながら、ゆっくりと土手を下って行く。

河原がジョギングコースになっているのか、トレーニングウエアの人達が次々に通り過ぎ、犬を散歩させている人達も目立つ、直方市民の憩いの場という感じである。早速テントを張り始めるが、市街地の河原に造られているためサイトを隠す木々や柵がなく周囲から丸見え、信号待ちのトラック運転手が退屈そうな視線を投げてくる。自分の行動を誰かに見られているようで何だか落ち着かないが、夜になれば気にならなくなるだろう。トイレに入ると簡易式だがトイレットペーパーも完備されているし、掃除も行き届いるので気持ちが良かった。管理が行き届いている証拠だろう。しかし、残念ながら炊事場というものはなく、水道はコンクリートの地面からニョキリと出ているだけ。水飛沫が跳ね上がり足元が濡れやすいが「無料だからな、まあ仕方がないか」と笑って許そう。

サイトの造りは「オートキャンプ」とうたっているだけに、区画ごとにキチンと細かく区分されていた。場内をループ状に車道が延びていて数メートルおきに、道の左右に駐車ペースが設けられている。これなら「困った、どこにテントを張ったらいいのか分からない」と嘆くキャンプ初心者は安心できるかもしれない。地面もフラットに整備されている上に芝が生えられているのでペグが刺さりやすく、テント設営は実にスムーズだった。もちろん町中なので夜の食料調達も問題なし。夕方は少し気になった車の排気音や騒音も、夜10時を過ぎる頃にはラジオの音が響くくらい静かになっていた。

大自然でキャンプという醍醐味には欠けるが、日帰りでバーベキューパーティを楽しんだり、家族みんなで休日にちょっと出かけて気軽にアウトドアムードを楽しみたい、という人達には最適なキャンプ場だろう。

-DATA-

場所:
福岡県直方市殿町地先
アクセス:
九州自動車道路から国道200号で直方市内へ入り、日の出橋を渡ったところを左折して約2km
問合せ:
直方市役所建築都市課
電話:
0949-25-2200
予約:
使用日の1ヶ月前の1日から受付。電話予約可
料金:
無料
オープン:
通年
設備:
水道、簡易トイレ、外灯。直火と車の芝生乗り入れは禁止されている
近くの見所:
平尾台、千仏鍾乳洞

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る