キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« ヤマメの里キャンプレポート:トップページ秋川・サマーランド付近デイキャンプ »

白猪谷キャンプ場

Nov. 4, 2000 白猪谷渓谷で紅葉狩り、渓谷散策とデイキャンプ

11月の3連休。「紅葉を見に行こうよう!」などとくだらない駄洒落をぽろっともらし、家族3人で出かけることになった。どこに行こうか?ここはお父さん!いいとこ知ってるよ!「白猪谷」。家内が「どこそれ?」そこは知る人ぞ知る?渓流釣りのメッカ。寒風山トンネル開通前にしんどい思いをして行った記憶がよみがえった。あのすばらしい渓谷美。今なら2時間で到着出来る。連休の中日11月4日。白猪谷にむけて出発!渓谷を遡行してデイキャンプをすることにした!

白猪谷は高知県本川村。四国最高峰石鎚山系の麓の村。愛車ジムニーシエラを駆り、高速道路を利用する。高松西-いよ西条まで高速道路上1時間ちょっと。いよ西条で降りて、国道11号とぶつかる。左折して100m程度にある標識に従い、2股分岐の左に入る。分岐から10分程度で石鎚山方面国道194号線の案内に従い左折。寒風山トンネルまで約30㎞。ひたすら直進する。道中、8㎞ほどで「チロルの森」を左に見る。11月4日の時点でチロルの森周辺、そのあと通過する「笹ヶ峰」登山口への分岐地点で工事中であった。それ以外は問題ない。よく整備された道を直進する。山の谷間を縫うように走る。両側に美しく化粧した山並みが我々を迎えてくれた。日差しがその輝きを増す。「うわーっ、すごい綺麗!」家内から歓喜の声があがる。お父さん冥利に尽きる。「もっと綺麗なこと行くんで!」車は寒風山トンネルを抜けて行く・・・。

トンネルを抜けて5分ほど走ると村の情報を収集できる「道の駅」がある。ここには「木の香温泉」という温泉(宿泊も可)がある。トイレに行って、再出発。まだ直進。道の駅から10分くらい行くと、白猪谷方面への標識あり。交差点手前左側に「本川村遊漁者センター」があります。そこを目印に右折(県道40 号)です。その道も一本道。長沢ダムというダム湖の湖畔を走ります。行くこと20分、白猪谷キャンプ場に到着です。(同じ白猪谷にバンガローもあります。白猪谷ってことで同じ場所と思われるかもしれませんが場所は離れています。注意です。小さいですが標識があるので見落とさないように。)

素晴らしき渓谷の入り口。川を覆うように左右から赤や黄色の木々が重なり合って岩の白と川のエメラルドグリーンが調和する世界。視線を奥から上に上げると、彩られた山と真っ青な空が広がります。川の両側から遡行でき透き通った川にはアメゴの姿も確認できます。昼食を前に家内と子供と沢歩きです。歩道も実に良く整備されています。途中には休憩できるテーブルとイスも用意されています。(屋根付き)釣り好きの私は家族そっちのけでアメゴを追い回してました。禁漁期間中で竿も持ってなく釣ることもできませんが悠々と泳ぐ姿を見ているだけでなぜか幸せな気分になりました。小一時間ほど散策してキャンプ場に戻り食事です。

キャンプ場は道路沿いにありテントは10張り程度のキャパシティです。トイレはくみ取りですが非常に綺麗です。炊事場は常に水道が利用できる状態で流し台があり、水栓は3口あります。釜場も6ヶ所ほどありました。ここはなんと無料で予約も必要ありません。本当に穴場でいいところです。逆に何も無さすぎて夜は怖いくらいでしょう。大勢で長い夜を過ごすには最高です。標高は5~600mくらいだったと思います。釣りのベースキャンプに使うにはこれ以上ないです。ただ、食材を購入できるのは分岐地点の遊漁者センターが最後となります。ビールも同様です。ビールを買っていなかった私はキャンプ場からずーっと車を走らせ30分後にようやくビールを買うことが出来ました。場所は「よさこい茶屋」。値段は350mlが350 円でした・・。瓶が森林道との合流点よさこい峠まで行ったのです・・・。

白猪谷キャンプ場:イメージ1

往復1時間も費やし350円のビールを2本買ってキャンプ場へ。待ちに待った昼食です。スノーピークのニーマルに火を入れ肉うどんを作りました。秋風に吹かれ、家族の笑い声に囲まれ、まさに「いとおかし」でした。本当にこの本川村には見所がいっぱいあります。後ろ髪を引かれながら行きの道を帰ります。帰り道、白猪谷から2分くらいでしょうか?道沿いに大きな瀧があります。「大瀧」と書いて「おおたび」と読みます。立派な瀧です。冬には凍結するらしく、その氷瀑はものすごい迫力だそうです。その他、ハイカーには手頃に登れる山がたくさんあり、心をくすぐられりはずです。道の駅で温泉に入ろうとしましたが人が多く断念しました。入浴料大人500円、子供300円でした。。。

それから、通行止めだった瓶が森林道も全面開通になってました。工事は継続して行われているようですので通行止め等の情報は道の駅で。瓶が森林道は行きの道で寒風山トンネルを出てすぐを左に鋭角に曲がり「一ノ谷やかた」と言う温泉宿泊施設前を通り、ずっと登ります。旧寒風山トンネルがあるので手前を左折すると、そこからが瓶が森林道です。全長約26㎞。私が行ったときは雲がかかっていましたが晴れればとんでもなく美しいだろうことは想像するに容易です。以前は未舗装の部分もあり、パンクをしたという話しも聞きましたが現在では全線アスファルト舗装されており普通車で問題なく走ることが出来ます。また、この道は私がビールを買いに行った「よさこい茶屋」のあるよさこい峠に繋がっています。そうです、国道194号-瓶が森林道-よさこい峠(県道40号)-白猪谷-国道194号と環状ルートになってます。これはお勧めルートです。今度は、おおたびの氷瀑を見に行こうと思います・・・。いろんなアウトドアの楽しみ方が出来るところ、本当にお勧めのところです。渓流釣りですが一年中出来る場所が出来たそうです。場所は確認できませんでした。。。一度行ってみたいと思います。

今回冷や冷やしたのがガソリンでした。県道40号に入ると全然ありません。11号線上で入れておくといいでしょう。194号に入ると遊漁者センターを越えて300m先にようやくスタンドがあります。気を付けましょう・・・。

-DATA-

場所:
高知県土佐郡本川村白猪谷
交通:
高松-西条間高速利用(1時間)、国道11号から194号へ(20分)、194号から県道40号へ入る。(40分)
料金:
無料
駐車場:
キャンプ場駐車場に15台程度可能。
トイレ:
くみ取りだが綺麗
温泉:
木の香温泉・一ノ谷やかた
食材:
アメゴ・キジ等購入可能(本川村遊漁者センター:遊漁券・釣り情報もここで)
参照:
本川村HP:http://www.hongawa.org/index.html

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る