キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 秋川・サマーランド付近デイキャンプキャンプレポート:トップページPICA富士吉田 »

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

Nov.18-19, 2000 場内に清流流れるキャンプ場 紅葉も美しい!

11月も下旬となると、そろそろキャンプシーズンも終わりに近づく。日中は晴れて暖かくなっても、夜中のテント泊はちょっとつらくなってくる季節である。しかし、シーズンオフのゆったりしたキャンプも捨てがたいし、まさに紅葉狩りのシーズンでもある。夜中の冷え込みは大量の毛布持参と、電源サイトの利用で対応することにして、秋のキャンプを満喫することにした。

今回利用したのは、埼玉県名栗村の「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」である。名栗村は東京都青梅市と境を接する山間の村である。青梅市内を抜けて山道に入ると、さすがに紅葉が美しい。天候にも恵まれ、真っ青な空との対比がなおさら紅葉を引き立てている。この季節にしか味わえない風景である。しかし、キャンプ場から望む紅葉が、また格別であった。ケニーズ・ファミリー・ビレッジは名栗川、という清流に接しているので、真夏はたっぷり川遊びができる。しかし、道路をはさんだ白雲山というお寺の山の紅葉が、目を見張るばかりに美しい。この紅葉を見るだけでも、おすすめのキャンプ場である。

料金は1サイト4000円だが、電源付きサイトだと6000円。そのほかに入場料として大人600円、子供300円がかかってしまうので、ちょっと高めの料金設定。夏休みなどには1000円UPしてしまうのは痛い!名栗川の対岸には、テントサイトより安い料金のコテージがあるが、まったく人気もなく草ぼうぼうで、近づくこともできなかった。

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ:イメージ1 ケニーズ・ファミリー・ビレッジ:イメージ2 ケニーズ・ファミリー・ビレッジ:イメージ3

キャンプ場の施設的には申し分なく、温水シャワーも無料で利用できる。(湯冷めするのが明らかなので、今回は利用せず)とても素晴らしかったのは、遊具の豊富さ。バレーボールやバスケットのゴール、バドミントンのラケットなども自由に使える遊び場がある。小屋の中には卓球台が設置されていて、これも自由に使うことができる。

非常に快適だったのは、サイトの地面。テントのスペース部分には細かく砕いた小さい砂利が敷き詰められている。砂利というとテント泊には不適のようなイメージだったが、これくらい細かいと気にならない。草地サイトのように、夜露で靴がびしょぬれになってしまうこともない。砂利の下は普通の土なので、ペグを刺すのに不自由も無かった。

場内は川に向かってひな壇状になっており、川に近づくにしたがって、料金も安くなる。川に面した河原サイトにはロープで区画があったが、今回はパス。さすがに河原の石だと、体が痛くなりそう。ここから上流にはダムは無いはずなので、安心して利用できるはずである。

場内は我が家以外に1台のキャンピングカーがいるだけ。これがシーズンオフのキャンプ場の良さであろう。川に近いキャンプ場の場合、地形上どうしてもサイトの面積がせまくなってしまうことが多い。このキャンプ場も区画どおりに利用するとなると、ちょっと窮屈な感じがしてしまうが、空いていれば少しでも面積の広い場所を自由に使うことができる。予約に苦労することもなく、当日の天候によって急にでかけることも可能だ。これだけなら、文句無しだが、問題は「寒さ」対策である。

今回持参したのは、山のような毛布。シュラフは3シーズン用のレクタングラータイプのものしか持っていないので、普段使っている毛布をそのまま持っていった。レクタングラーの場合、長方形な分足先が冷えてしまうので、毛布類で隙間を埋めてやると、かなり暖かくなる。しかし、これだけでは、とても快適にはすごせないので、AC電源付きのサイトを利用するつもりで、セラミックヒーターを持っていった。AC電源で稼動し、何より換気が不要というのがポイント。テントの中でも安心してつけておくことができる。それでも、地面からの冷え込みが予想以上で、シュラフの下に敷く毛布などもあれば、完璧だったかもしれない。

翌日も素晴らしい天候に恵まれ、サイトのベンチから、紅葉をながめながらコーヒーでお目覚め。子供達が起きだしてからは、遊具コーナーで片っ端から遊ぶのに付き合い、のんびりお昼過ぎまで過ごす。本来チェックアウトは10時なのだが、今回は「気にせずごゆっくり」、ということだったので、お言葉に甘えさせてもらった。とにかく、シーズンオフの特典をたっぷりと使わせてもらった2日間だった。

-DATA-

場所:
埼玉県入間郡名栗村上名栗3196
電話:
0429-79-0300
アクセス:
関越道鶴ヶ島インターから1時間
中央道八王子インターから青梅経由1時間半
料金:
フリーサイト3000円、芝サイト4000円、電源付きサイト6000円、バンガロー4000円、ティピー8000円、ログハウス12000円
GW、夏休み期間は1000円UP 
場内施設:
屋根付き炊事場、水洗トイレ、温水シャワー(無料)、きれいな名栗川、レンタルカヌー、遊具広場

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る