キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« ケニーズ・ファミリー・ビレッジキャンプレポート:トップページ米原キャンプ場 »

PICA富士吉田

Nov.25-26, 2000 今シーズン最後のキャンプ!

PICA富士吉田:イメージ1

今シーズン最後のキャンプは、次女と2人での父子キャンプ。この季節でも営業していて、電源付きであることが最優先。ついでに紅葉も楽しめれば、ということで富士山周辺のキャンプ場から、PICA富士吉田を利用することにした。PICAというと、なんとなく外資系のイメージがある。その、イメージ通り入り口の看板からおしゃれな感じで、管理棟はスペイン風の造りになっている。オートサイト以外にトレーラーハウスやパオがたくさんあり、むしろこちらのほうがメインという雰囲気。料金は意外なほど安いが、これがオンシーズンになると2000円もUPする。

キャンプ場は河口湖の南側、富士吉田市にあるのだが、キャンプ場には直行せず山中湖近くの温泉で遊ぶ。国道138号をキャンプ場まで走ると、富士山周辺というのは日本でも有数の観光地だということを実感させられる。観光施設、レストラン、大きな遊園地から小さなテーマパークまで、何でもありである。その上、紅葉はきれいで富士山は日本一、とくれば文句の言いようが無い。キャンプ場をベースに遊び中心のスケジュールを立てるとすれば、行き先には迷ってしまう。その分、渋滞もものすごい。最寄の河口湖インターから寄り道せずに直行すれば、15分もあればキャンプ場に到着することができる。込んでいる国道をあまり利用せずにすむというのも、場所的には恵まれていると思う。

PICA富士吉田:イメージ2

キャンプ場に到着して、チェックインをする。若い従業員が多い様子だが、とてもしっかりした対応で安心した。ていねいな説明を聞きおわると、最後にカードをくれる。これは、PICAのスタンプカードで、2度目の利用から500円引きとなる。(トレーラーハウスなどは1000円引き)3度目、4度目とスタンプがたまると、そのたびに500円ずつ割引額も増えていく。「10個スタンプがたまると、○○円引き」という程度なら、近くのレンタルビデオ屋でもやっている程度のサービスだが、毎回割引率が上がる、というのは大変ありがたいシステム。
※スタンプカードの新規配布は停止中(2003年11月現在)

サイトに入って車を降りると、まず感じるのが木の香り。あたりを森林に囲まれているためか?土のサイトなのだろうが、すっかり落ち葉で覆われている。サイトは変形で、広さは十分あるものの、場所によっては使いにくいかもしれない。

PICA富士吉田:イメージ3 PICA富士吉田:イメージ4

結構時間に余裕があるつもりだったのだが、チェックインしたのが3時過ぎ。設営が終わるともう夕方になってしまう。次女はテントの中の準備を手伝い、あとは落ち葉で遊んでいた。夕食の後、場内を散歩すると。管理棟の奥に「ゲームコーナー」があった。卓球台は有料だが、ゲーム類はその場で無料で遊ばせてもらえる。(持ち出しは有料)子供連れにはとてもありがたい。もう一つありがたい施設が、風呂。宿泊者は無料で利用できる。

11月下旬のキャンプなので、毛布+セラミックヒーターで完全防備。しかし、10家族以上の利用者のうち、テントで泊まっているのはうちだけだった。テントの床には銀マット+寝袋を広げ、その上に眠るようにした。2人で泊まるので、小さいサブテントを利用した。小さいのであっという間にヒーターは効くのだが、このテント夏用なので密閉はできないことが判明。結局一晩中ほとんどヒーターをつけて眠ることになった。

翌朝は、子供と一緒に8時まで眠り、ゆっくりと朝食につきあってから撤収をはじめる。撤収がだいたい終わってから、キャンプ場内にある「サンタの郵便局」へ。あらかじめ申し込んでおくと、12月にサンタからの手紙が届くらしい。今回ついてこなかった長女が、サンタの存在をかなり疑い始めているので、どんな反応になるか楽しみ。

サイトに戻ってみると、もう11時過ぎ。チェックアウトをすませ、河口湖大橋経由で野猿公園へ。紅葉がきれいな山の上にサルやリスなどがいて、えさをやることもできる。前述の通り、これ以外にも遊びの施設はたくさんあるのだが、とにかく渋滞がものすごい。湖を横断している河口湖大橋は有料(片道200円)なのだが、これを使わずに湖を大回りしようとすると、大変な渋滞にまきこまれてしまう。2日続きの晴天、しかも行楽シーズン最後の週末、ということでしかたが無い。河口湖周辺にもたくさんのキャンプ場があるのだが、渋滞対策をしてからでかけないと大変そう。今回も2時には帰路についた。

<キャンプ場の○と×>

・きれいでおしゃれなイメージ。いかにも外資系?
・ゲームコーナーは良いです。このシーズン、暖房の効いた屋内施設は本当にありがたかった。
・電源付きサイトと無しのサイト、料金の差がごくわずか。
・富士五湖周辺には観光施設がもりだくさん。買い物も便利でした。
×
・トップシーズンもこの料金だったらいいのに!

-DATA-

場所:
山梨県富士吉田市上吉田立石4959-4
電話:
0555-20-4580
料金:
4700円(電源無しサイト)4900円(電源付きサイト)
トップシーズンはそれぞれ7500円、7700円
場内施設:
屋根付き炊事場、水洗トイレ、風呂、ゲームコーナー

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る