キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場キャンプレポート:トップページイレブンオートキャンプ場 »

柏島キャンプ場

Oct. 1- 2, 2000 魚・珊瑚の宝庫柏島でキャンプ!

柏島キャンプ場:イメージ1

柏島、そこは高知県最南西端にあり面積が1平方キロメートルに満たない小さな島。高知市から約180kmの道のりだが、そこには釣り客やダイバーで休日はとても賑わっている島。柏島を含む大月町沿岸は、珊瑚の高被度ポイントや地形、大物回遊漁のポイントといった様に、最近注目を集める様になってきた。黒潮が接岸する時は、透明・透視度が50mを超える時があり、平均して高い透明度の海域と言える。水温も平年で最低17℃台で比較的暖かな海。約884種を超える魚類や89種を超える造礁性珊瑚、2mを超えるトゲトサカといった様に素晴らしい景観の海だ。

柏島キャンプ場:イメージ2

高松から高松自動車道、高知自動車道を経て高知県へ。伊野ICで下り、国道56号線に入る。国道56号線・中村街道をひたすら南下。土佐市、須崎市、中土佐町、窪川町、佐賀町、大方町、中村市を経て宿毛市で国道321号線に入る。国道321号線・サニー(321)ロードを土佐清水方面へ。県道43 号線との二ツ石の交差点で右折。後はひたすら柏島目指して進む。途中10kmぐらいは山道なので対向車には気をつけよう。関西方面からも、明石大橋か瀬戸大橋を経て高知自動車道を通り同様のコースで。

途中の一切休憩所からの足摺宇和海国立公園の景色は素晴らしい。眼下に柏島、その向こうに沖ノ島、晴れていたら九州も見えるらしい。しかし、高知市を16 時に出て、途中中村市のスーパーで食料を買い、一切休憩所に着いたのは20時。でも真っ暗な中、少しの街灯が光りが見える柏島も幻想的で綺麗だ。

柏島キャンプ場:イメージ3

四国本土から結ばれている「新柏島大橋」を渡ると柏島に到着!渡ってすぐ左手が「柏島キャンプ場」だ。さすがに日曜日の晩だけあってテントが2つあるだけだった。って言うか、明日は月曜日なのに2組って言うのもすごいか?・・・。

柏島キャンプ場:イメージ4

すぐに駐車サイトに車を乗り入れ、荷物を降ろしテントを張った。ご飯を炊き、適当に夕食を済ませ、アオリイカが釣れていると言う漁協の前の桟橋に釣りに向かった。桟橋ではおばちゃんが釣りをしていた。聞くと、なんでも今日は全然食わんらしい。おばちゃんは、生き餌でアオリイカを狙っていた。僕は餌木で狙った。が、全然当たりもない。するとおばちゃんが竿を曲げているではないか。40cm弱のアオリイカだ。釣れる時はめちゃくちゃ釣れるらしい。桟橋の周りを回って水中を覗き込むと小さいアオリイカがいた。夕方から釣り、夕食の一品にするのも悪くない!是非!ここは昼間もサビキ釣りをすると木っ端グレ、アジ、オヤビッチャ、たまにクマノミも釣れる。

釣りから戻り、テントの入ろうとすると黒い物体が・・・。「ゴキブリ」だ!!。周りをよく見ると、数匹いた。多分、キャンパーが落としていった食べ物のカスにでも寄ってきているのだろう。後、ここは蚊も多い。まぁ、まだ暖かいからしかたないか。

このキャンプ場は申込・受付はしていないので、サイト確保は先着順となる。テントは砂浜にも設営可能だ。混雑するシーズンは駐車サイトでもテント設営するが、スペース利用については、キャンプを楽しむ一人一人が気をつけたい!!

柏島キャンプ場:イメージ5

キャンプ場の目の前は透明度抜群の海があり、熱帯魚の泳ぐ姿がまじかに見る事ができる。ゴロタ石があり、カニやヤドカリなどがいて、磯遊びにはもってこい。しかし、漁船が航行する区域には近づかない様に注意したい。島の北側には、スノーケリングでも十分に楽しむ事ができる素晴しいテーブル珊瑚が広がる「後浜」がある。

柏島キャンプ場:イメージ6

ここ、柏島地区では年々急増する観光客(キャンパー、ダイバー、海水浴客)の出すゴミが凄くて、地区でのゴミ処理、清掃等の予算では対処できない金額にまでなってきたらしい。そこで「環境保全協力金」という名称の元に、ゴミ処理費、清掃費を捻出する為の協力金をお願いしている。トイレの入り口の壁にチップ箱があるので皆も協力しようではないか!!

さて翌日、朝起きると雨。なかなか止まない。昼頃雨が止んだので、急いでテントをたたみ、後浜にスノーケリングに行った。海から上がりシャワーを浴び急いで柏島を後にした。すると大月町を出た辺りでまた雨。しかも中村市からは渋滞・・・・・。高松まで長い道のりの始まりである・・・。

-DATA-

場所:
高知県 幡多郡 大月町 柏島
車:
高松市から5時間30分
松山市から4時間30分
高知市から4時間
鉄道:
JR土讃線経由で土佐くろしお鉄道宿毛駅下車。
高知西南交通バスで柏島方面へ約1時間10分
フェリー:
宿毛・佐伯フェリー:
片島港から車で1時間
・宿毛営業所 0880-65-8165
・佐伯営業所 0972-22-7345
高知シーライン(足摺-甲浦-大阪):
足摺港から車で1時間
・予約センター 0120-29-3230
・大阪南港営業所 06-6616-4102
・甲浦営業所 08872-9-2206
・足摺営業所 08808-2-3557
・東京案内所 03-3506-7769
料金:
無料
施設:
水洗トイレ、冷水シャワー
駐車場:
無料駐車場有り。
トイレ:
有り。
シャワー:
有料有り。(100円:5分)
食事:
食堂有り
買い物:
商店有り(日用品、雑貨、酒、お菓子等)
自動販売機:
有り。
携帯電話:
Docomoは通話可能
公衆電話:
有り。
問合せ:
大月町役場 総務政策課 0880-73-1111

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る